心の病で休職を経験した教員が伝えたい「定時で帰るためにできる工夫」

特集
教師のメンタルヘルス対策:ストレスチェックからうつ病体験記まで

過労により「心の病」を患ってしまった公立小学校教師のリアルな体験談。休職を余儀なくされた松原教諭は、「定時に帰る」ことの重要性を強く訴えます。何をどうしたら定時に帰ることができるようになったか、長時間労働で苦しんでいる先生のために、具体的に教えてくれました。

執筆/東京都公立小学校・松原夢人

心の病で休職を経験した教員が伝えたい「定時で帰るためにできる工夫」
写真AC

教員生活10年以上が過ぎ、仕事は順調そのものだった松原教諭が侵された「心の病」。自ら進んでやっていたはずの「長時間労働」は、知らぬ間に教諭の心身を蝕んでいました。
【これらの記事も合わせてお読みください→仕事が大好きな教師がうつ病で休職し回復するまでの体験から学んだこと

「定時で帰らないと悪化する」と医師からの忠告

私は「心の病」となり2週間休んだ後、なんとか学校現場に復帰できました。しかし、病院の担当医からは「疲れないように働くこと。定時で帰らないと病状が悪化する恐れがある」という忠告をされてしまったのです。当然ながら、休日出勤も禁止です。教員になってから、出張以外でほとんど定時に帰ったことがなかった私にとって、大きな挑戦でした。担任をしている6年生の子供たちや保護者、周囲の先生、家族、そして何より自分のために仕事を続けるしか選択肢がありませんでした。振り返ってみれば、すぐに長期間の休職をするという道もあったかもしれませんが、当時は想像すらつきませんでした。

残業や休日出勤するメリットvs定時で帰るメリット

私は残業や休日出勤に何の疑問を感じることなく、教員として長年働いてきました。しかし、「心の病」によって制約を受けた時、残業や休日出勤するメリットは何なのか、もし定時に帰ったり休日にゆっくり休めたりしたらどんなメリットがあるのかを整理して考えみたくなったのです。

【残業や休日出勤をするメリット】

  • 終わっていない仕事を処理することができる
  • 周囲を気にすることになく働くことができる
  • 夜遅くに帰ってくる保護者と電話で話すことができる

【定時で帰るメリット】

  • 持続的に仕事ができる
  • 病気が悪化しない
  • 持病を抱えたままでも、なんとか仕事ができる
  • 病院へ行っても間に合う
  • 早い時間に寝ることができる
  • 睡眠のサイクルが乱れなくなる
  • 疲労を回復させ、翌日のパフォーマンスが上がる
  • 家族との時間(子供と入浴、一緒に夕食、遊びに出かけるなど)が増える
  • 夕食の時間が早くなり、太らなくなる
  • 友人と会える
  • 趣味の時間が増える
  • 外部の研修会やセミナーに参加できる
  • 仕事帰りに書店に寄れる
  • 読書の時間が確保できる
  • 整骨院に通える
  • 定時を守るためのタイムマネジメント力(時間管理能力)が上がる
  • 「時間を守る」という模範的な行動を子供に示すことができる
  • 労働生産性(1時間あたりで生み出す成果)が向上する
  • 会議時間が短くなる
  • 要点だけを話すようになる
  • 雑談が減る
  • 同僚が定時前に仕事の伝達をしてくれるようになる
  • 仕事の取捨選択ができるようになる(できない仕事を断れる)
  • 時間内に仕事を終わらせようと工夫するようになる

書き出してみて気付いたことには、定時で帰るメリットがたくさん思い浮かんでくるのです。そして残業するメリットを考えようとしても、なかなか挙げることができませんでした。

客観的な情報がほしかったので、本で調べることにしました。大型書店の端末やオンライン書店で「残業」というキーワードを検索してみると、「残業ゼロ」「時短」「仕事が速い」「残業削減」という題名の本がたくさん出てきます。実際に書店で本の内容を確認したり、購入して読んだりしましたが、「残業をすれば生産性が上がる」という主旨の本は1冊も見つけることができませんでした。どれも残業のデメリットを強調する内容のものばかりです。

当たり前に残業していた私でしたが、「病気になって残業ができなくなってしまった」という悲しみから、「定時で帰るのは、おかしいことではない。むしろ、推奨されるべきことなんだ」と意識を変えるきっかけとなったのです。

2週間の休職から復帰した直後は、自分が残業をしないことを正当化しようと必死だったところもあります。しかし、教員の長時間労働が大きな問題となり働き方改革が進められている現在では、間違っていなかったと捉えています。

整理整頓ができていないと時間が無駄になる

学校は紙媒体のものが非常に多いです。子供たちに配付する手紙、学習用のプリント、ワークテスト、民間企業から届くチラシなどが大量にあります。また、職員室の机上には校務分掌に関わる資料、保護者向けの手紙を作成するための資料、研修会で使用する資料などが次から次へと置かれて、山積みになっていきます。一つひとつその場で処理していかないと、どれから手を付けていいのか分からなくなったり、資料がなかなか見つからなくなったりしてしまいます。

文具メーカー「コクヨ」が2017年に実施したアンケート調査によれば、ビジネスマンが1年間に探し物をする累計時間は平均で約80時間(1日でおおよそ20分間)となっています。このことはビジネスマンだけなく、教員にも当てはまるでしょう。

つまり、モノをできるだけ減らし、整理整頓をきちんとして探し物をしなければ、教員も80時間を短縮することが可能になるのです。

ルールとしては、

・出勤時と退勤時に机をキレイに拭く
・机の中には頻繁に使用するモノだけを入れておく
・いらない資料はその場で捨てる
必要な資料はデジタル化(写真に撮る)する(下記参照)
・机上の資料を一切置かない状態で退勤する

以上を自分に課します。この方法は、私が若手の頃に確立したルールです。

私は小さい頃から整理整頓が苦手で、教員になってからも克服することができないままでした。やがて学級担任になり忙しい日々に追われ、教卓の上はプリントや手紙が散乱する状態になってしまいました。

そんなある日、保護者から「うちの子供がプリントをもらっていません。何かありましたか?」という連絡がきました。調べてみたところ、教卓の上に山積みになった紙の間から、今日中に子供たちに配付しなければならない手紙が見つかったのです。謝罪するとともに、どのように改善したらいいのか考えました。

その時ヒントになったのが、学年主任の口癖だった「机の上にモノがあると嫌だわ。捨てると気持ちがスッキリする!」という言葉でした。学年主任から助言をしていただいたり、行動を真似たりして、まずモノを捨てるところから始めました。少しずつ整理整頓も上達し、習慣化していくことができました。

心の病になってしまっても、整理整頓の習慣は変わらずにできていました。資料を探すために時間を使うこともありませんでしたし、定時に帰ることができる術になっていたと実感しています。

紙媒体はデジタル化しておく

教員を長く続けていると、紙媒体の教材や資料が増えていきます。例えば、4年生で担任していた時に作成した書類を「また自分が4年生を担任したら使おう」と大事に保存しておくようになります。その結果、捨てるタイミングが分からなくなる状況に陥ってしまうのです。

基本的に担当学年はランダムに変わるので、何年経ったら実際に使う場面が来るのか予測することができません。その間に新しい学習指導要領になったり、教科書の内容が変わったりして、全く使わなくなってしまうこともあります。また、経年劣化で紙がボロボロになってしまうことも考えられます。一番残念なのは、資料を大事にとっておいたのに、その存在をすっかり忘れてしまうことです。終わった後で思い出した時はショックです。言い方が悪いかもしれませんが、使うべき時に使わなければ、有効な資料であってもただのゴミ同然です。

それを防ぐためには、紙媒体を全てデジタル化することです。電子データで残しておけば、パソコンのファイル内を検索すれば、一瞬で資料を見つけることができます。検索結果によって、教材や資料の有無も判断できます。プリントアウトすればキレイな状態で使用することができるでしょう。私はこの「デジタル化をする方法」で定時に帰ることができるようになりました。

紙媒体をデジタル化する方法を3つご紹介します。

※個人情報に類するものはデジタル化しないように注意してください。

(1)カメラで写真を撮る

紙媒体の資料をデジタル化する最も簡単な方法は、カメラで写真を撮ることです。画像データとして保存しておけば、いつでも取り出すことができます。写真を撮った後は紙の資料を廃棄するだけなので、机上を簡単にキレイにすることができます。板書や児童の作品なども画像データとして残しておくことができるので、あらゆる単元で活用できます。

(2)高速スキャナでスキャンする

高速スキャナ
高速スキャナ

自宅で使用している
ScanSnap iX1500

紙媒体の資料が大量にあると、写真を撮るのに時間がかかってしまいます。また、カメラの性能によっては文字がボケてしまい読めないこともあります。

そこで、高速でスキャンができるスキャナーを使用することをおすすめします。1分間で両面30枚の紙をスキャン(カラー、グレー、白黒の選択可)する機能をもち、JPEG画像またはPDFに変換することができます。基本的にA4サイズまでなら、どんなサイズの用紙でも読み取れます。別売りの専用キャリアシートを使えば、A3のサイズも可能です。

例えば、教育計画をデータ化しておきスマホに保存しておけば、出張に行く際にわざわざ重い教育計画を持って行かなくても、学校の予定を確認することができるようになります。また、自費購入した教科書を裁断してバラしてから、スキャナーで読み取ってデジタル化をしておけば、授業で大型ディスプレイに投影したりカラー印刷したりするなど、授業で活用することもできます。(*)

【ご注意】授業の過程で使用することを目的とする限り、必要と認められた限度において教科書を複製利用することができます。授業以外で利用する場合には許諾申請が必要です。校内のサーバーに蓄積することは、授業の過程で使用することにあたりませんので、許諾申請が必要になります。教科書著作権協会HP 教科書利用のためのQ&Aより)
著作権法をよくご理解の上、十分注意してご使用願います。

(3)非接触スキャナーでスキャンする

非接触スキャナー

自宅で使用している
ScanSnap SV600

高速のスキャナーは素晴らしく高性能なものですが、綴じてあるものは読み取ることはできません。そこで、非接触スキャナーの出番です。一つひとつスキャンする作業は必要ですが、本を開いた状態のままスキャンすることができるのです。

綴じてある箇所は紙が丸まって文字が歪んだり、影で黒くなったりしてしまうと思いきや、それらを修正する機能が非接触スキャナーには備わっています。例えば、指導書を開いてスキャンしてデジタル化しておけば、通勤電車の中で教材研究をすることができます。

※スキャンした指導書等は個人使用のみとしてください。

子供を信用して任せられるところは任せる

「心の病」を抱えたまま仕事をするのは大変でした。プロとして給料をもらう以上は、当然ながらやるべきことをやらなければいけません。ましてや医師の忠告通り定時に帰るためには、早く仕事を終わらせなければならないのです。そこで、自分の学級経営を見直すことしました。

私はそのとき、持ち上がりの6年生を担任しており、どんな風に「新しい学級経営」をしていこうか、子供たちの様子を見ながら考えていました。

そんな日々の中、私が作業をしていると、子供たちから「先生、私たちでやるよ!」「いいから休んでて!」と言ってくれるようになりました。私が「任せていいの?」と質問すると、子供たちは「むしろ任せてもらった方が嬉しい!」「頼りにされている感じがする!」と言ってくれたのです。

そこで、学級経営の主軸として「子供たちができるところは全て子供たちに任せる」というものを思いつきました。朝や帰りの会、プリントの配付、給食、掃除、掲示などは子供たちに任せてみたのです。

賛否両論あると思いますが、私は空いた時間で宿題やテストの丸付けをしていました。そうしないと、帰る時間が遅くなり体調が悪くなってしまうからです。また、子供たちと約束したわけではないけれど、給食や掃除などの仕事を頑張ってくれる代わりに、私はできるだけ早く宿題やテストを返却することを目指しました。

最初は上手くいきませんでした。理由を考えてみると、これまで私が先に口を出したり行動したりしていたので、子供たちはそれに慣れてしまっているからではないかと思い当たりました。そこで私は、子供たちが気づいたり、自主的に動いてくれたりしたら、「褒め言葉」「感謝の言葉」を繰り返しシャワーのように伝えました。そして、子供が一生懸命にやって失敗したことは決して叱らずに、フォローの言葉を伝えました。いろいろと波はありましたが、少しずつ新しい学級が形成されていったのです。

子供を信じること、子供に任せることは、学級経営をする上で非常に大切なことであると思っています。もちろん子供が未熟なところが多々ありますから、教員が指導や支援をしていく必要があります。しかし、教員が代わりにやってしまっていたら、いつまで経っても子供一人でできるようになりません。そのことを、子供たちが私に教えてくれました。


私は6年生を卒業させた後、1年間の休職に入りました。教員の皆様、どうか私のように「心の病」にならないようにしてください。それを防ぐ方法として、「定時で帰ること」は非常に有効なものであると、私は身をもって確信しています。

松原夢人/1981年生まれ。東京都公立小学校。教員14年目。小学校主任教諭。研究分野:算数。地区教育研究会(算数部)研究授業3回。第93回全国算数・数学教育研究大会 「量と測定・図形」発表。都算研資料委員会9年間所属。平成27年度 東京都教育研究員 算数 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

働き方の知恵の記事一覧

雑誌最新号