小1国語「どうぞよろしく」指導アイデア

関連タグ

教材名:「どうぞよろしく」(光村図書 一年上)

指導事項:A ウ、エ
言語活動:A ウ、エ

執筆/東京都公立小学校主幹教諭・須田美和子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、東京都公立小学校校長・河村祐好

みんなとなかよし

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

自分について伝えたいことを話したり、相手の話を興味をもって聞いたりする力を身に付けます。

②言語活動とその特徴

本単元では、新しい友達をたくさんつくりたいという気持ちでいっぱいのこの時期の子どもたちに、「自分で名前カードを作り、それを交換しながら自己紹介し合う」という言語活動を設定します。

この時期の一年生にとって、言葉だけのやり取りで自己紹介し合うことは、まだ難しいことでしょう。そこで、名前カードを用いることで、友達と関わりやすくします。友達に渡す名前カードをつくることにより、文字を書く必然性が生まれ、意欲的に活動できます。また、学級や名前だけでなく、好きなものや好きなことの絵を描くことで、友達との話に広がりが生まれることも期待できます。

単元の展開(4時間扱い)

主な学習活動

(1時)

①たくさんの人と仲よくなりたいという思いをもち、「しょうかいたいむで みんなと なかよく なろう」という学習課題を設定する。

②どんなことを伝えたらみんなと仲よくなれるか話し合う。

(2時)

③「なかよし かあど」に、学級や名前を平仮名で書く。

④「なかよし かあど」に、好きなものや好きなことの絵を描く。
→アイデア1 主体的な学び

(3時)

⑤どんなことに気を付けて話したり聞いたりしたらよいか、話し合う。

⑥ペアの友達と練習する。

⑦自己紹介をし合って、「なかよし かあど」を友達と交換する。
→アイディア2 対話的な学び

(4時)

⑧ 学級の友達以外の人とも仲よくなりたいという思いをもち、伝えたいことを考えたり、「なかよし かあど」を作ったりする。
→アイディア3 深い学び

アイデア1 常に課題意識をもたせた活動を

主体的な学び

入学直後の、新しい友達をたくさんつくりたいという気持ちでいっぱいの子どもたちに、自己紹介はぴったりの活動です。「みんなと なかよく なる ためには」という目的を常に意識させながら活動させることが、主体的な学びにつながります。

みんなと仲よくなるためには、どんなことをお話ししたらよいでしょうか。

ぼくの名前を覚えてもらいたいです。「なかよし かあど」に名前を丁寧に書こうと思います。

名前だけじゃなくて、好きな食べ物も教えたいです。「なかよし かあど」に絵も描きたいです。

アイディア2 ペアで練習したり、友達のよさを見付ける

対話的な学び

どのように話したり聞いたりするとよいか学習したら、ペアで練習をしてみます。話すことが苦手で不安な気持ちをもっている子どもにも、安心感をもたせたいものです。

また、話し方や聞き方のポイントをわかりやすく提示し、友達の話し方や聞き方のよさについて、認め合う場面を設定します。友達からほめられて自信をもったり、友達のよさを自分に取り入れたりすることが期待できます。

お友達のお話の上手な所を見つけられるかな。見つけたら、教えてあげましょう!

【話し方の例】
わたし(ぼく)のなまえは、○○○です。すきなたべものは、○○です。よろしくおねがいします。

ぼくの名前は、ひらたけんです。好きな食べ物は、カレーライスです。好きな遊びは鬼ごっこです。よろしくお願いします。

好きな遊びも教えてくれて、けんくんのことがよくわかりました。私も好きな遊びのことを話しますね。

はなしかたの ぽいんと
•あいてを みて
•おおきな こえで
•ゆっくりと

ききかたの ぽいんと
•あいてを みて
•うなずいて
•だいじな ことを  かんがえて

「はなしかたの ぽいんと」「ききかたの ぽいんと」は常に掲示しておき、国語の学習以外でも意識させることが大切です。

アイデア3 学んだことを生かして、活動を広げる

深い学び

学級の友達と自己紹介をし合ったら、子どもたちは「もっといろいろな人と仲よくなりたい」という願いをもつことでしょう。

生活科など他教科とも関連させながら、隣の学級や、いつもお世話になっている六年生、学校の教職員など、相手を変えて活動できる場を設定します。相手や場面に応じて、話す内容を変えるなど、学んだことを活用しながら活動させることが大切です。

今度は、学校の先生や主事さんたちともお話ししてみたいです。

私の好きな食べ物をはなした後、主事さんにも、「好きな食べものは何ですか」と聞いてみようかな。

ぼくは、六年生のお兄さんに好きな遊びを教えてもらいたいな。お兄さんに渡す「なかよし かあど」をつくらなくちゃ!

私の好きな食べ物は、いちごです。せんせいの好きな食べ物は何ですか。

先生の好きな食べ物は、焼き肉です。

教えてくれて、ありがとうございました。

上手にお話できましたね。

先生方には、事前にねらいや活動内容を説明し、依頼しておきましょう。

イラスト/やひろきよみ 横井智美

『教育技術 小一小二』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号