• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

気になる子も安心できる入学式準備

2019/3/26

四月には、いよいよかわいい1年生が入学してきます。子どもたちも先生方もドキドキわくわく。ただ、先生方は、期待以上にいろいろな不安を抱えながら入学式を迎えることでしょう。とくに、特別な支援が必要だと思われる「気になる子」については……。

支援が必要な子どもに対して、正しい知識と子どもを見る目で、支援のセンスを磨いていきましょう。岡山県公立小学校教諭 南惠介先生に、お話をお伺いしました。問いに対する答えを自分で考えながら、読み進めてみてください。

Q1 入学式に向けて気をつけることは何ですか?

一年生歓迎会イメージ
写真/大庭正美

例えば、幼稚園や保育園からの引き継ぎの際、気になるお子さんはいませんでしたか?
・行事になかなか参加できなかった
・卒園式のときに落ち着かなかった
・コミュニケーションが取りづらい
・片づけができない

毎年クラスに数人は、行事や式典に参加するのが苦手なお子さんがいます。また、新しい場所に行くと落ち着かなくなるお子さんもいます。さて、そういうお子さんに対してどのような手立てを打つことができるでしょうか。

Point1 にっこり笑顔

初めての場所は誰でもドキドキするものですよね。支援が必要だと言われる子はなおさらです。入学式当日、ドキドキしているお子さんに対して、まずはにっこり笑顔で迎えましょう。それだけで安心して、緊張のために不適切な動きをすることが少なくなります。

Point2 一日の見通しをもたせる

登校してから式までの間に、礼法指導を行うことも多いと思いますが、そこで「入学式で何をするのか」を具体的に伝えておくとよいでしょう。例えば、次のようなイラストの入った予定表を子どもたちの前に提示することで、入学式の見通しが立ちます。

入学式の日のスケジュール
入学式の日のスケジュール イラスト/大橋明子

それでも、もっと大変な状況になるかもしれない。そう考えるならば、「気になる子」だけ別の日にリハーサルを行うと有効な場合があります。入学式の準備が整った式場で、場所や順序の確認を少しでもしておくと、随分違います。「できるようにする」ではなく、「経験させる」「慣れさせる」という感覚でよいでしょう。そして、「大丈夫だよ、きっとうまくいくよ」と勇気づけることも大切です。

Q2 最初の一週間で気をつけることは何ですか?

最初の一週間は一年生にとって新しいことばかり。失敗をできるだけ少なく、安心してスタートしたいものです。さて、あなたならどのようなことに気をつけますか?

Point1 ものや部屋の場所は図や写真で示す

どこに何を置くか、口で教えてもわかりにくい子がいます。もちろん、教えたからと言ってすぐにできるわけでもありませんが、どうしたらよいかがわかったら少しずつできるようになっていくものです。
そこで、ここでも図や写真を活用します。次の写真のように「一目でわかるようにしておく」ことは、いろいろな場面で役に立ちます。

ロッカーの使い方をわかりやすく
ロッカーの使い方をわかりやすく

Point2 何をするかをはっきりさせる

例えば、次の写真のように、することを「簡単に」示しておくだけでも、子どもたちは安心します。「チャイムが鳴ったら終わり」が、わかりづらい子もいます。「終わり」をはっきり示すことで、がんばれる子も多いものです。

毎日することを明文化することで安心
毎日することを明文化することで安心

Point3 体を動かす時間をつくる

体を動かしたくて、いらいらしている子はいませんか? そもそも入学したての1年生が、長い時間じっとしていられないということは、しっかり理解しておきましょう。動きが止まりにくい子なら、なおさらです。体を多く動かすことで、落ち着いてくる子どもは多いのです。授業中に「10秒ジャンプしよう」だけでも、子どもの落ち着き方が変わってきます。

『小一教育技術』2017年4月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『学校行事のアイディア』の記事一覧

卒業証書作成
小学校卒業までのカウントダウン~スケジュール管理とプロジェクト作成

卒業まで2か月あまりとなった1月。まさに今、卒業までの見通しをもち、タイムスケジュール管理を意識していくことが求められます。今から何を準備して、カウントダウンし…

記憶に残る「六送会&一迎会」を実践するには?成功ポイントを伝授

「六年生を送る会」や「一年生を迎える会」のために、教科の授業時数を減らしてまで練習をするのは、本末転倒。とはいえ、「働き方改革」を意識しながら、合理的に準備をす…

六送会&一迎会の段取り術とアイディア
六送会&一迎会の知恵袋!使える楽曲、呼びかけ台本、劇とプレゼントのアイディア

忙しい三学期は、効率的に行事の準備をしたいもの。そこで、「六年生を送る会」から「一年生を迎える会」までの行事準備を効率的に行う方法を紹介します。楽曲のプレイリス…

子供の家庭環境に配慮した「二分の一成人式」指導と演出

四年生の1、2月に行われることが多い「二分の一成人式」。さまざまな家庭環境に配慮しながら、すべての子供が10年間の自分の歩みを確認し、明日の成長につなげるための…

二年生の硬筆書き初め大会指導
プロが教える!低学年への硬筆指導とその効果

三学期のはじめに、中高学年が行う書き初め大会にあわせ、低学年では硬筆の書き初めを行っている学校もあります。姿勢を正し、きれいな字を書くよう心がけることは、日頃の…

女性担任のための卒業式袴レンタル 知っておきたいこと

子供たちの門出を祝う卒業式の服装として、袴を選ぶ女性の先生が年々増えています。袴を着るとき押さえておきたいポイント、またレンタル事情について、「晴れ着の丸昌」常…

2019/12/24

朝会で6年生が整列を指導
整列する力を育てるための「全校朝会」ちょっとした工夫とは?

学校行事というと、大きな行事を思い浮かべがちですが、全校朝会も学校行事の1つです。新たな週の生活を頑張るぞ、という区切りの場面というだけでなく、全校の子供や教師…

2019/12/11

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

もっと見る