• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【新一年生】一週間で子どもの実態を把握する

2019/3/28

新1年生も入学式から一週間たてば、緊張もほぐれてくる頃でしょう。子どもたちの様子を観察し、一人ひとりの実態を把握していきましょう。

1年生の子どもたち
1年生の子どもたち 写真/大庭正美

1週間後のゴール

3つの視点から子どもたちの実態を把握していきましょう!

3つの視点とは?

  1. どのような性格なのか
  2. どのようなことを得意・苦手としているのか
  3. 友達との接し方はどうなのか

入学式からの一週間、子どもたちは学校生活の土台となることをたくさん学びます。子どもたちは覚えることがいっぱいあります。先生も教えることがいっぱいあります。加えて、子どもたちは下校時刻が早いことでしょう。まだまだ子どもたちと接する時間は限られていますが、子どもたちの様子を観察することに加え、休み時間に子どもと話をしたり、一緒に遊んだりして子どもたちの関係を把握したいものです。

子どもたちの関係を把握したら、下の表のように3つの視点を表でまとめてみましょう。

子どもについてのメモ

このような表があれば、一目で子どもたちの様子がわかります。あらかじめ表を作っておき、気がついたときにメモをしていきましょう。表を見ると「空欄の部分」や「?」がある子がいます。つまり、あまり見ることができていない子が一目瞭然にわかります。次の日にその子とより関わろうとすればよいのです。

しかし、表のすべてを埋めようと焦る必要はありません。「こうじゃないのかな?」と思ったことは「?」と共に書くなど、長期的な目で見ていけばよいのです。

なぜ把握したほうがよい?

入学当初は、緊張感もあり、普段とは違った姿を見せていることが多いものです。しかし、1週間経つと、学校生活にも少しずつ慣れてきて、その子本来の部分が見えてきます。トラブルも起き始めるころかもしれません。そんなときは、子どもの実態に応じた指導を心がけましょう。

同じ幼稚園や保育園出身の子たちで固まってしまうこともあるかもしれません。輪の中に飛び込むことが平気な子もいれば、苦手な子もいます。そこで、一人になっている子がいないか、子どもの様子を観察し、もしいたときには輪の中に入れるようにしてあげましょう。

そのとき、その子の実態に応じた声かけや支援ができるようにしたいものです。

『小一教育技術』2017年4月号「学級経営」より

関連する記事

クラス記事一覧

一人一人の毎日をしっかり見取る! ベテラン教師6つの技

クラスで一番困っている子、苦しんでいる子は、毎日違います。その日、クラスで一番頑張っている子も、毎日違います。毎日、一人一人を見取る努力をし、できるだけ理解して…

2019/7/14

夏休み前の事前指導は「安全」「健康」「計画」で

いよいよ子供たちが楽しみにしている夏休みが始まります。長い夏休みをどのように過ごすかで、二学期のスタートがスムーズになるかどうかが決まります。
子供たちが夏休…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・一年生編

一学期後半に入るこの時期、一年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【CASE 1】学習中に勝手に水分補給をしている【CA…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・二年生編

一学期後半に入るこの時期、二年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【 CASE 1】外遊びが中止になり、子どもが落ち着か…

通信簿を見る子どものイラスト
1年生 はじめての通知表 子どもと保護者が喜び合えるものにしよう!

「通知表」に初めて出合う子供たち。保護者は、わが子が評価される楽しみと同時に、不安も感じています。「初めて」だからこそ、子供たちに対しても保護者に対しても、通知…

生徒指導
子どもの自立を促す生徒指導とは

一学期も終盤を迎え、学級のルールも浸透してきたころでしょうか。中には、うまくいっているところと、そうでないところもあるでしょう。そこで、子どもたちと一緒に、学級…

夏休み直前! 二学期ステップアップに向け「一学期の振り返り」を

ようやく、一学期が終わろうとしています。4月以来、走り続けた一学期。一定の成果と満足感はあるものの、何もかもうまくいったわけではないことでしょう。この機会に一学…

夏休み前のセルフチェック指導

一学期もいよいよ終盤にさしかかってきましたが、学級の様子はどうでしょうか。日々の指導には、教師の根気と見守る気持ちが必要です。細かいことでも見逃さず、「目配り」…

学級づくりで活躍 グループじゃんけん2選

新学期や席替えをした時など、新しいグループができたとき、グループで楽しめるじゃんけんゲームをしてみましょう。何を出すか話し合って一つに決めたり、相手の言うことを…

「泣く」「怒る」「騒ぐ」ネガティブな感情表現をする子どもへの対応とは

教師は、〝指導〞という観点で評価をしなければならない場面に出合うことがあります。例えば掃除のときに、「取り残したごみがあるよ」「ほうきなどがしっかりかけられてい…

もっと見る