小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ボール運動(ネット型)」の単元を扱います。

執筆/愛知県公立小学校教諭・西岡慎伍
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   愛知教育大学・鈴木一成

単元名

どこに落とす?どこにも落とさせない!「ドキドキバレー」

年間計画表 

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
ネット型の行い方を理解するとともに、チームによる攻撃と守備によって、簡易化されたゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
ルールを工夫したり、自己やチームの特徴に応じた作戦を選んだりするとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ネット型に積極的に取り組み、ルールを守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

ボール運動のネット型は、ルールや作戦を工夫したり、ネットで区切られたコートの中で集団対集団の攻防によって、仲間と力を合わせて得点を競い合ったりラリーを続けたりする楽しさや喜びを味わうことができる運動です。

ネット型を楽しく行うためには、型に応じたボール操作とボールを持たないときの動きを身に付けて、簡易化されたゲームをしたり、ルールや学習の場を工夫したりすることが大切です。

そのためには、自己やチームの課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、ルールを守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりできるようにします。

また、ルールやマナーを守り、仲間と力を合わせて競争する楽しさや喜びを味わうことができるようにすることが大切です。

1人1台端末を活用したアイデア

学習のねらいを押さえてICT端末を効果的に活用します。また、運動機会を確保することにも配慮することが大切です。

・ICT端末に学習資料として簡易化されたゲームの行い方、ゲームにつながる運動とチームの作戦につながる運動の行い方を入れておき、確認することができるようにします。プリントの配付やルール説明などの時間を短縮でき、運動機会を確保することができます。

・キャッチバレーやワンキャッチバレーでは、各1名がゲーム中の動きを撮影して、ふり返りの材料となるようにします。なお、チーム内での役割をローテーションして効率よく学習を進めます。

・撮影動画は、ICT端末のペン機能で手書きのラインやマークをつける方法を使って、空いている場所を見付けたり、チームの仲間の動きを修正したりすることができるようにします。例えば、守りがいない場所にマークをしたり、仲間の動く方向や場所を矢印で示したりします。また、作戦を選んだり考えを他者に伝えたりするときに、ゲーム中の場面を仲間と共有することができるようにします。

単元計画(例)

小6体育「ボール運動(ネット型)」指導アイデア 単元計画

授業の流れと指導のポイント

楽しむ(第1~3時)

めあて

簡易化されたゲームの行い方を理解し、みんなが楽しめるルールを工夫して、楽しく簡易化されたゲームを行う。

授業のポイント

第1~3時では、簡易化されたゲームの行い方を理解し、誰もが楽しくゲームに参加できるようにルールを工夫して、簡易化されたゲームを楽しむことができるようにします。

まず、「ゲームにつながる運動」では、「キャッチ&投げ上げ」や「げんこつキャッチ」「合掌キャッチ」を行い、ボールに恐怖心を抱いたり、場やルールが難しいために参加できなかったりしないようにします。

また、ペアで「2タッチ返球ゲーム」を行い、ボールをつなぐことができるようにします。

ボールをつなぐことができた時間や回数を競い合うなど、ゲーム化することで、チームでボールをつないだり、相手コートにボールを打ち返したりするなどのボール操作に十分に慣れることができるようにします。

次に、「キャッチバレー・ふり返り・キャッチバレー」の学習活動で、みんなが楽しめるルールを工夫して、ゲームを楽しむことができるようにします。

また、サーブは下から投げ入れることや、トスはワンモーションとするなどのルールを守ったり、活動中は体育館やコート周辺に危険な物がないかなど、安全に気を配ったりして学習を進めることができるようにします。

授業の流れ

(1)集合、あいさつ、健康観察、本時のねらいと目標の確認、場や用具の準備
(2)「ゲームにつながる運動」を行う
 ○キャッチ&投げ上げ(頭より上でキャッチ・頭より下でキャッチ)
 ○げんこつキャッチ
 ○合掌キャッチ
 ○2タッチ返球キャッチゲーム
(3)「キャッチバレー」を行う
 みんなが楽しめるルールを工夫したゲームを行う。
(4)「ふり返り」を行う
 みんなが楽しめるルールの確認と修正を考える。
(5)「キャッチバレー」を行う
 ふり返りを基にルールを工夫してゲームに取り組む。
(6)本時のふり返りと次への見通し、整理運動、場や用具の片付け、集合、健康観察、あいさつ

 


ゲームにつながる運動

●キャッチ&投げ上げ

「ボール運動(ネット型)」 イラスト
「ボール運動(ネット型)」 イラスト

資料1

キャッチ&投げ上げの行い方

①頭より上or頭より下で、キャッチと投げ上げを繰り返し、連続で行います。
②高さに変化をつけたり、真上にトスをしたりするなどして行います。
③慣れてきたら、徐々にキャッチの時間を短くしていきます。
④制限時間を決めて、ボールを落とさずに続いた回数に挑戦したり、仲間と回数を競い合ったりします。

 

【ワンポイントアドバイス】
キャッチをするコツは、ボールをよく見て勢いを抑制することです。
うまくキャッチできないときは、ボールを手のひらで止めたり当てたりしてボールの勢いを抑制し、足元にボールを落としてからキャッチします。

 


●げんこつキャッチor合掌キャッチ

「ボール運動(ネット型)」 イラスト

・げんこつキャッチ

「ボール運動(ネット型)」 イラスト

・合掌キャッチ

「ボール運動(ネット型)」 イラスト

資料2

げんこつキャッチと合掌キャッチの行い方

①最初は5m程度から始めて、少しずつ距離を離していきます。
②高さに変化をつけたり、バウンドをさせたりして、いろいろなパターン(ゴロ、ワンバウンド、ツーバウンドなど)で行います。
③慣れてきたらノーバウンドで行ったり、エンドラインからエンドラインまで距離を伸ばしたりしてみます。
④制限時間を決めて往復回数を競い合ったり、できるだけ離れた距離からの往復回数を挑戦したりします。(例:20秒間で何回往復できるかな)

 

【ワンポイントアドバイス】
・キャッチする仲間に向かって、投げるコツ。踏み出した足のつま先をキャッチする仲間に向けて、そっと投げてみよう。
・うまくキャッチできないときは、手を「げんこつ」にしておき、ボールが来たら、指を広げて大きな「パー」にします。ボールを手のひらに当てて、足元にボールを落としてからキャッチします。このタイミングで慣れてきたら、「げんこつ」から「パー」のタイミングでキャッチします。

 


●2タッチ返球ゲーム

「ボール運動(ネット型)」 イラスト
「ボール運動(ネット型)」 イラスト

資料3

2タッチ返球ゲームの行い方

①ネットを挟み、1:1で行います。
②ボールの方向に移動してキャッチします。そして、一度投げ上げたボールを弾いて相手コートに返球します。
③サイドラインはありません。
④慣れてきたら、キャッチの時間を短くして行います。
⑤制限時間を決めて、往復回数の記録の挑戦をしたり、隣のペアチームと往復回数を競い合ったりします。(例:20秒間で何回往復できるかな)

 

【ワンポイントアドバイス】
ボールの方向に体を向けて移動したり、送る方向に体を向けて返球したりするとラリーが続きやすくなります。

 


簡易化されたゲーム

キャッチバレー
ルールを工夫したゲームを行う。
ふり返り
みんなが楽しめるルールの確認と修正を考える。
キャッチバレー
ふり返りを基にルールを工夫してゲームに取り組む。
※2・3時間目の対戦相手は同じであると取り組みやすくなる。

●キャッチバレー

「ボール運動(ネット型)」 イラスト
「ボール運動(ネット型)」 イラスト
「ボール運動(ネット型)」 イラスト

資料4

キャッチバレーの行い方(例)

①ゲーム開始と中断後の再開方法
・サーブ権を決めます。
・ゲーム開始のサーブ以降は、得点した方のチームからサーブとなります。

②得点方法
・返球したボールが相手コート内に落ちた場合に得点となります。
・返球したボールが、相手コート外に落ちた場合は相手の得点になります。
・キャッチミスや返球時のミスなどは相手チームの得点となります。

③プレイの制限
・ゲーム参加の人数は3人対3人とします。
・3回以内の返球とします。ただし、相手コートへの返球は弾きます。
・2回目まではキャッチしてもよい。
・トスは、何度もフェイントを入れることはなしとし、ワンモーションとします(キャッチで沈んだら、そのままのリズムで投げ上げる。2回沈んではいけない)。
・サーブは下から投げ入れで行います。
・1試合3分で、インターバル3分とします。

④ICT端末で撮影する場合は、ゲームの妨げにならないところで行います。

 

「ボール運動(ネット型)」 イラスト

資料5

「みんなが楽しめるルール」の選び方

〇キャッチ数を変えてやってみよう
キャッチ数を増やすと攻めの種類が増え、守りやすくなります。キャッチ数を減らすと攻めの種類は減って、守りにくくなります。

〇コートの広さを変えてやってみよう
コートを広くすると攻めやすくなりますが、守る場所が増え守りにくくなります。狭くすると守る場所が少なくなり、守りやすいですが得点がしづらくなります。

〇ネットの高さ変えてやってみよう
ネットの高さを高くすると守りやすくなりますが、返球しづらいです。低くすると返球が容易になりますが、守りにくくなります。

〇プレイヤーの人数を変えてやってみよう
プレイヤーの人数を増やすと誰もいない場所が減り、守りやすくなります。減らすと守る場所が増え、得点されやすくなります。

〇得点の仕方を変えてやってみよう(2バウンドで得点)
2バウンドで得点にすると、守りやすくなりますが得点しづらくなります。

 

工夫して楽しむ(第4~7時)

めあて

自己やチームの特徴に応じた作戦を選び、ゲームを楽しもう。

授業のポイント

第4~7時では、自己やチームの特徴に応じた作戦を選び、ゲームを楽しむことができるようにします。

まず、「チームの作戦につながる運動」では、「キャッチ」&「投げ上げ」「げんこつキャッチ」「合掌キャッチ」「2タッチ返球キャッチ」「ワンキャッチラリーゲーム」のなかから、子供たちがチームの作戦につながる運動を選択して取り組みます。

次に、「ワンキャッチバレー・ふり返り・ワンキャッチバレー」の学習活動で、自己やチームの特徴に応じた作戦を選ぶことができるようにします。

また、1人1台端末を活用して、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにしたり、仲間の考えや取組を認めたりすることができるようにします。

イラスト/みながわこう

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました