• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

2019/11/3

1年生は、表現することが大好きです。音読したり、歌を歌ったりすると、自然と笑顔があふれだします。表現活動には、子どもたちを夢中にさせる魅力がつまっているのでしょう。ミニミニ劇は、そんな子どもたちの年頃にピッタリの学習です。歌って、踊って、役者になりきって、表現活動に取り組んでみましょう。

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉(せりふ)を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プロセスでは、仲間との協力を学ぶこともできます。何より、学習が楽しい! そこで、今回は、国語科で学ぶ「おおきなかぶ」を題材にした、ミニミニ劇を紹介します。

執筆/神奈川県公立小学校教諭・長沼久美子

撮影/浅原孝子

TPO(時間・場所・状況)を考えよう

劇の発表時間を考えてみましょう。役の出入りを含めて10分程度で設計できると、何かと便利なサイズです。1年生でも全体の流れを見通すことができ、休み時間に子どもたちが自主的に練習をすることもできます。

場所にも目を向けてみましょう。教室ですか、多目的スペースですか、体育館のステージ? 同時に、授業参観なのか、学年集会なのか、または、休み時間に全校に向けて発表するのかなどのシチュエーションも、考えてみてください。

・授業参観のはじめ10分、保護者の方に見てもらう。
・昼休みに体育館のステージで発表する。
・教室で、他クラスや他学年の子どもたちに見てもらう。

などが考えられます。

場面・グループを設定しましょう

クラス全員が参加できる劇のレイアウトを考えてみましょう。例えば、おじいさん役を3人、おばあさん役を3人など、配役の人数を増やして、全員に役を振り分けける方法があります。

このほか、グループごとに役割を分担する方法もあります。「おおきなかぶ」を次のように5つの場面に分けて、場面ごとにグループを振り分けるのです。

① おおきなかぶが大きく育って、おじいさんがひっぱっても抜けない場面
② おばあさんが手伝っても、まごが手伝ってもぬけない場面
③ 犬が手伝っても、抜けない場面
④ ねこが手伝っても、抜けない場面
⑤ ねずみが手伝って、かぶが抜けて、大喜びをする場面

30人クラスだったら、6人グループが5つ。6人で一つの場面を担当することになります。このそれぞれのグループで、台本を作ったり、練習に取り組んだりしながら、ミニミニ劇を創作します。

台本を作る

教科書を使って、台本を作ってみましょう。拡大コピーした教科書を、場面ごとにグループに配付します。まず、挿絵のおじいさんやおばあさんに、吹き出しを書いて、話していることや考えていることを想像させます。次に、地の文、会話文、そして、吹き出しに書いた言葉に番号をつけていきます。この番号が、せりふの順番になります。最後に、役割を割り振ったら終わりです。

人数に応じて、おじいさんの役を複数にしたり、地の文を読むナレーターを増やしたりしながら、番号を調整してみてください。吹き出しを使わずに、本文をそのまま台本にした劇も十分楽しいものになりますが、吹き出しを使うことにより、オリジナルの台本ができあがります。これはまた、とても盛り上がります。

子どもらしい発想で、楽しいせりふが生まれてくると、しめたものです。ぜひ、やってみてください。音楽の教材にある「おおきなかぶ」の歌をミニミニ劇の途中で歌ってみる方法もポピュラーで楽しいです。

練習をする

内容は、教科で学習済み。せりふは自分たちで分担まで決めている。そのため、ある程度まで、子どもたち自身で練習を進めることができます。教師の仕事は、登場の仕方や退場の仕方、立ち位置、声の大きさなどをサポートしていけば十分です。

1つのグループが2分程度で終わる内容なので、休み時間などに、教師が見て、順番に指導することも可能です。今日の中休みは1グループ、昼休みは2グループ、明日の中休みは3グループ、昼休みは4グループ、5グループなどです。2~3日あれば、目が行き届きます。授業参観に間に合わせたい場合でも、安心です。

発表当日の教師の仕事は?

場の設定や観客の誘導は、担任の役割に位置づけてみましょう。舞台と客席を区別できるように、椅子を置いたり、床に座る場合でも、ビニルテープを貼ったりして、スペースを仕切って、ステージを作ります。一年生は、つい友達を見ながら演技をしてしまうので、ステージを真ん中にして、360度囲むように客席を準備するのも一つのアイディアです。

発表当日の様子

5分のミニミニ劇でも、当日の子どもたちは緊張しています。お客さんを誘導したり、「どうぞ」と気づかったりする余裕は、1年生に難しいところがあります。担任は、子どもたちがのびのび自己表現できるように、発表当日の学習環境に目を向けてみてください。

【第1場面(6人)】
ナレーター 2人:①③
おじいさん 4人:②④⑤⑥

おおきなかぶの第1場面
クリックすると別ウィンドウで開きます

「おおきいかぶができました」←かぶを用意する

など、動作についての説明を書き加えてカスタマイズしてみましょう。

【第3場面(6人)】
ナレーター 2人
おじいさん 1人
おばあさん 1人
まご    1人
いぬ    1人

おおきなかぶの第3場面
クリックすると別ウィンドウで開きます。

台本を用意するかどうかについては、子どもの実態に合わせて考えてください。上記のように、教科書を台本にしてしまう方法もありますが、パソコンで清書したものを配っても、劇の内容は、まったく変わりません。実態に合わせて選んでください。もし、吹き出しの言葉を考えることが厳しいようならば、本文に番号を割り振って台本を作っても、十分に見ごたえのあるミニミニ劇になります。

練習時間の確保は、なかなかできない場合もあります。でも、5分あれば、せりふの確認ができます。20分休みを利用すれば、立ち位置や小道具の準備などにも取り組むことができます。

1年生は、まだまだ自分たちで考えて、時間を自由に使えません。先生が積極的に声をかけて、練習する場を設けてみてください。そして、練習する1年生の姿をたくさんほめてあげてください。

イラスト/川野郁代

『小一教育技術』2016年10月号より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

もっと見る