小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」(光村図書)の各時の板書例、教師の発問、想定される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した全時間の授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:狂言 柿山伏」 柿山伏について(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/福岡教育大学附属福岡小学校・大村拓也

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、登場人物である山伏と柿主のやりとりのおもしろさについて、登場人物の相互関係や心情を基に捉えることを目指していきます。

また、伝統的な言語文化の一つである狂言という教材の特性を生かし、『柿山伏について』(古典について解説した文章、教科書P 174〜)を関連付けて読み、現代を生きる自分と昔の人の話し方や生活の相違点、ものの見方や感じ方についての共通点を見いだすことで、昔の人のものの見方や感じ方を知ることを目指していきます。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本実践では、昔の人のものの見方や感じ方を知るために、狂言『柿山伏』の音読劇発表会を言語活動として設定します。音読劇として表現するためには、昔の言葉の意味やその背景にある昔の人のものの見方や感じ方を考えたり、狂言独特の動きの意図を考えたりする必要があります。
そのための資料として『柿山伏について』を関連付けて読みます。そうすることで、登場人物の相互関係を捉えながら狂言のおもしろさに気付くとともに、昔の人のものの見方や感じ方を知ることができるでしょう。

その他のアイデアとして、総合的な学習の時間などと関連付けて、自分たちが伝統文化を継承していくその発信者として、地域社会や同世代の子どもたちに、今回作成した音読劇動画を発信(公開)することも考えられます。
または、学習後に『柿山伏』以外の演目の狂言、能や人形浄瑠璃、歌舞伎、落語など古典芸能を幅広く鑑賞することも考えられます。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 狂言を劇化して表現する目的を大切に

主体的な学びを生み出す上で大切なのは、目的意識を高めて言語活動を遂行することです。
そのために様々な古典芸能の映像を視聴し、劇化し、おもしろさに浸る場を設定することが大切だと考えました。
本単元では、冒頭で『狂言柿山伏』の台本の文章を読みながら映像を視聴します。
そうすることで「何百年も昔の話なのに今でもおもしろい」「独特な言葉遣いや動きが今と大きくちがう」といった感想が得られることでしょう。
ここで、狂言が室町時代から現代にまで続いていることを伝えます。すると、「数百年のときをこえて、継承される理由は何だろう、時代をこえる魅力は何だろう」という問いや「昔の人と今の私たちで考え方が似ているところや違うところがあるのかな」といった問いが生み出されます。
本単元で取り扱う狂言の音読劇発表会という言語活動は、この問いを解決するために行うとよいでしょう。子供たちは、この問いの解決を目指して、「現代の人々にも共感できる場面」「古典芸能ならではの独特な言い回しや所作がある場面」といった音読劇発表会で紹介したい場面を決定していきます。

このように、中心の問いを解決するという目的を大切にすることで、自ら音読劇発表会で紹介したい場面を選ぶといった自己調整的な学びの姿や、何度も音読劇に挑戦をする姿、『柿山伏について』と関連付けて理解しながら粘り強く学習に取り組む姿などが見られると考えます。

〈対話的な学び①〉 友達と対話しながら音読劇をつくりあげる(友との対話)

昔の言葉の意味や使い方の理解、物語の展開や登場人物のやりとりの理解を促すために、友達とペアやグループで対話的に学習を進めていくことが有効です。
本単元における対話的な学びは、「山伏と柿主の役割を友達と担いながら音読劇をともにつくりあげ、登場人物の相互関係を捉えること」や「難しい言葉の意味について教科書の注を調べたり、『柿山伏について』を読み、内容を教え合ったりすること」を目的に行うとよいと考えます。

〈対話的な学び②〉 演じて分かる昔の人の見方や感じ方(先哲との対話)

本単元のように古典芸能を教材として取り扱う際には、対話的な学びとして昔の人の見方や感じ方との対話(先哲との対話)を意識付けるとよいでしょう。
具体的には、「昔の言葉で書かれた文章からおもしろさを見つけたり、登場人物の会話や行動の背景にある昔の人の考えに思いを馳せたりすること」だと考えます。
そのために、 単元の2・3時間目で「音読劇を通して、おもしろいところや共感できるところを見つける活動」「『柿山伏について』を読み、昔と今の共通点や相違点を整理し、自分の考えをつくる活動」を設定しました。
その際、昔と今の共通点や相違点を、端末の同時編集機能を活用して友達と分類・整理します。
そうすることで、昔の人の暮らしや感じ方、現代を生きる私たちにも共感できるものの見方や感じ方を捉えることができると考えます。

〈深い学び〉『柿山伏について』を関連付けて読むタイミング

深い学びに向かうためには、「登場人物の行動や会話の背景にある昔の人のものの見方や感じ方を捉える」ことが大切です。音読劇だけでは気付きにくい昔の人の見方や感じ方について『柿山伏について』を読んで関連付けていきます。
深い学びに向かうためには、『柿山伏について』を読むタイミングが重要だと考えます。
教師が一方的に読むのではなく、2・3時間目で行う「音読劇で紹介したい場面の話し方や動き方について演じたり話し合ったりする活動」の中で、「どの場面を音読劇として選べば柿山伏の魅力が伝わるかな」「昔の人と現代の人の共通した感じ方は何かな」といった子供の疑問が出たタイミングで提示することで、狂言の言葉の背景を探る深い学びが実現できるでしょう。
このことから、指導計画上は、第二次の②としていますが、子供の求めに応じて『柿山伏について』を提示するタイミングは変えてよいと思います。

また、音読劇をつくりあげる際には、端末の動画撮影機能を活用し(5(2)で詳述)、音読劇の様子を撮影し、相互評価を行います。お互いに助言を行うタイミングで、『柿山伏について』を読むことで、「ごまかしてその場をやり過ごそうとしてしまう人間の弱い心」や「相手を追い詰めることはしない心の豊かさ」といった今も昔も変わらない人々の心や人間らしさや昔の時代ならではの人々の暮らしや感じ方を劇として表現することにつなげることができるでしょう。

このように、音読劇の表現を通す中で、『柿山伏について』を読み、その内容を関連付けることで、登場人物の相互関係の背景にある昔の人のものの見方や感じ方を捉え、自らの考えを問い直そうとする、深い学びに向かうことができると考えます。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)同時編集機能で現代と昔の感じ方の共通点と相違点を可視化

2・3時間目に行う、狂言柿山伏を音読劇にして発表する活動では、劇化をしながら気付いたことを端末のホワイトボード機能に友達と同時編集で記録します。
そうすることで、多くの考えを生み出すことができたり、考えの違いを見いだしたりしながら、背景にある昔の人の見方や感じ方を見いだすことができるでしょう。
また、同時編集を行うシートにベン図を入れておくことで、現代と昔の共通点や相違点を様々な観点で整理することができます。その結果、狂言の登場人物の行動や会話の背景にある昔の人の見方や感じ方を現代と比較して見いだすことができるでしょう。

(2)動画撮影機能を活用し、狂言の音読劇を自己評価・相互評価する

3・4時間目には、「音読劇の様子を動画で記録し、狂言のおもしろさを音読の工夫や、動き、表情などで表現することができているかを自己評価したり、繰り返し視聴し、友達と相互評価したりし、自分の考えをまとめる活動」を設定しました。
音読劇のような演じる言語活動を位置付ける場合、端末に劇の様子を動画として保存することは、言語活動を通して、昔の人のものの見方や感じ方を表現することができているかを問い直したり自覚したりする上で有効だと考えます。
その際、動画の姿を通して、どのような姿を求めていくのかを見極めることが大切です。
本単元においては、「昔の人のもの見方・感じ方を知ること」と「登場人物の相互関係を捉える」ことがねらいですので、蓄積した音読劇の動画を基に、「なぜその場面を劇化したのか」や「音読の声の出し方や動きの工夫で伝えようとした昔の人の見方や感じ方は何か」を話し合うことで、昔の人の会話や行動から相互関係を捉えるとともに、昔の人のものの見方や感じ方を知ることができるでしょう。

6. 単元の展開(4時間扱い)

 単元名: 狂言『柿山伏』の音読劇発表会をしよう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 柿山伏の映像を視聴し、おもしろいと思ったことを話し合う。 

・第二次(2時3時
②『「柿山伏」について』を読んで、狂言の特徴について現代と昔の共通点と相違点を基に整理し、音読劇として表現したいところを話し合う。〈 端末活用(1)〉〈 端末活用(2)〉
③『狂言 柿山伏』を台本に、古典芸能のおもしろさが最も表れる場面をペアで音読劇として表現する。〈 端末活用(1)〉〈 端末活用(2)〉

・第三次(4時
④ 狂言の音読劇発表会を通して気付いた昔の人のものの見方や感じ方を学級全体で話し合う。〈 端末活用(2)〉

板書例と全時間の指導アイデア

【1時間目のワークシート例 】

1時間目のワークシート例

○ 狂言『柿山伏』への興味・関心を高めるために、まず、狂言『柿山伏』の映像を視聴します。
ここでは、子供たちが狂言の物語の大体の内容や昔の言葉や話し方、狂言独特の動きに気付くことができるようにワークシートに「話し方」や「動き」「狂言ならではの物(舞台・服装・小道具など)」といった観点を示して書きまとめられるようにします。

1時間目は、音読劇として表現する前に、狂言独特の動きや声の出し方に慣れしむために使いましょう。例えば「笑う」などを取り上げて、声の出し方や動きについてみんなでやってみるとよいでしょう。ワークシートの後半に狂言の基本的な型(声の出し方や動き)を記しておくとよいでしょう。
その後、ペアやグループで怒る、泣くといったテーマで狂言独特の感情表現の仕方について慣れ親しんでいきます。


【2・3時間目の展開例 】

○ 資料『柿山伏について』を読む

教科書P 174からの『柿山伏について』を読みます。この文章を『狂言柿山伏』を解説する文章として取り扱うことで以下のよさがあります。

・狂言柿山伏の内容の大体を知ることができる。

・狂言で表現する物語の内容の背景にある意味(人間らしさなど)を知ることができる。

・時代を超えて変わらないことや現代と昔で違うところを頭に入れておくことなど、古典芸能の楽しみ方を知ることができる。

『柿山伏について』を読むタイミングは、子供が音読劇として表現する中で、登場人物の行動や会話の背景にある昔の人の見方や感じ方に疑問をもったところがよいかと思います。
もし、学級で一斉に読むならば、音読劇をする場面を選ぶ前の、2時間目の冒頭がよいと思います。

○ 狂言『柿山伏』を音読劇で表現する

2・3時間目では、狂言『柿山伏』を音読劇で表現する活動を位置付けます。
このとき、端末の録画・再生機能を活用します。そうすることで、「話し方や動き方が狂言の特徴や柿山伏のおもしろさを表現するものになっているか」を自己評価することができます。
また、1時間目に視聴した狂言『柿山伏』の動画もいつでも再生できるようにしておきます。
そうすることで子供は、繰り返し視聴して参考にしながら音読劇を楽しみ、昔の人のものの見方や考え方に体験的に気付いていくことができます。

○ 端末の同時編集機能を活用し、「考えマップ」を作成する

一緒に音読劇を行ったペアや4人グループで、音読劇を通して気付いた昔と現代の共通点や相違点を、端末の同時編集機能を活用して「考えマップ」に整理します。

その際、ベン図など可視化する枠組みをあらかじめシート上につくって提示すると、子供は、どこに共通点や相違点を書き分ければよいか分かりやすくなります。

昔と現代の相違点として、「暮らし(服、小道具、修行僧の存在など)」「話している言葉」「鳴き声の表現」などが挙げられるでしょう。
また、共通点としては「悪事が見つかったら隠そうとしたくなる心」「少しおちょくってやろうとやりとりをおもしろがる心」「最後まで追い込むことはしない心」などが想定されます。

「考えマップ」の例

「考えマップ」の例
「主体的な学び」のために

・昔の人の見方や感じ方を知るためには、目的をもって音読劇に取り組むことが大切です。
本単元では、「数百年にもわたって継承されてきた理由は何か」という問いの解決のために音読劇で表現します。
そうすることで、子供は「どの場面を選ぶと継承されてきた理由につながりそうか」「どのような話し方や動き方をすれば継承されてきた理由が伝わりそうか」と考えます。
自ら選んだり、目的のために粘り強く取り組んだりしながら、音読劇を通して昔の人の見方や感じ方を知ることができるでしょう。

対話的な学び」のために

・2・3時間目は「①音読劇をする」「②気付いたことを同時編集で記録する」ということを繰り返します。その中で、自分とは異なることに気付いた友達と話し合い、見方や感じ方の観点を増やすことも大切です。
また、昔と現代の共通点と相違点を探す中で、「服装」「小道具」「話し言葉」「心情」などの観点を見いだして整理していくことが、昔の人の見方や感じ方を知ることを捉えた子供の姿だと考えます。

・対話的な学びは、友達と新たな考えをつくりあげていくことだけではなく、昔の人との対話(先哲との対話)も含みます。
本単元では、登場人物になりきって台詞を声に出したり動きを真似してみたりすることを通して「なぜ昔の言葉は今の言葉と違うのかな」「昔の人も現代の人と同じような気持ちになるのかな」といった疑問をいだくことが昔の人との対話(先哲との対話)だと捉えます。子供から出るそのような疑問を取り上げることが大切だと考えています。


【4時間目の板書例 】(モニターに出してもよい)

4時間目の板書例

~ 中心の問いに対する考えを出し合う話合いの様相 ~

狂言を音読劇にして素晴らしい発表ができましたね。劇にして、狂言のおもしろさは何だと思いましたか。

すべるように歩く動き方や「はっはっはっ」と笑う声の出し方などが狂言のおもしろさだと思いました。

「こかあ」「きゃあ」「ひいよろ」など動物の鳴き声の表現の仕方が今と違っておもしろかったです。

「とびそうな」「ひい」「とぼうぞよ」の繰り返しのところは、山伏と柿主のやりとりを少しずつ速くすることで、見つかりそうであせる山伏の気持ちの高まりや、少し遊んでやろうという柿主の気持ちを感じました。
昔の人にも今の人にも、「悪いことをした後に見つかったらどうしよう」という気持ちや「なんとかごまかそう」という気持ちが共通してあるということがおもしろさだと思いました。

服装、動物の鳴き声や人間の笑い方、歩き方など独特の表現で現代と違う部分があって、そこから昔の人の考えや感じ方を知ることができることもおもしろいです。

柿主が山伏にやったように、失敗を責めたとしても最後まで追い込むことはしないことなど、人間らしい心が現代の私たちにも共感できているというおもしろさが、長く継承されていることにつながっているかもしれないと考えました。

単元終末の振り返り

「狂言のおもしろさは何ですか」に対して、考えを書きまとめる。

〜 振り返りの記述例 〜
狂言のおもしろさは二つあると思います。一つは、昔の人の話し方や独特の動き方などから、現代とちがうところを学ぶことができることです。もう一つは、狂言に見られる昔の人の感じ方などから、現代の人と共通している人間らしい心を感じることができることです。

深い学びのために(総括的評価)

★知識・技能
【 評価材料 → 考えマップ、振り返りの記述 】
・昔と現代の共通点と相違点についてベン図を使って書きまとめている。
・振り返り(「狂言のおもしろさは何ですか」)に対する答えとして「狂言独特の話し方や動き」や「現代と共通している人々の心」などを取り上げて書きまとめている。

★思考・判断・表現
【 評価材料 → 音読劇動画、振り返りの記述 】
・動画のやりとりにおいて、柿主が山伏に対して怒りつつもからかおうとしている様を音読や動きの工夫として表現している。

★主体的に学習に取り組む態度
【 評価材料 → 音読劇に取り組む姿 考えマップ 】
・山伏と柿主の役割に分かれて、繰り返し動画を視聴したり、撮影したりしながら友達と粘り強く音読劇に取り組んでいる。
・考えマップのベン図に昔と現代の共通点や相違点を複数書こうとしている。

イラスト/横井智美、小野寺裕美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア②
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア①
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号