• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

虫食い算:小学生の好奇心を刺激する計算ゲーム4選

2019/8/28

小学校の算数授業で使える、9までの数を使った虫食い算のアイディアを紹介。ちょっと授業が停滞してきた時などに取り入れると、子どもたちの好奇心を刺激することができます!

監修:関西学院初等部教諭 木下幸夫

算数イメージ写真
写真/写真AC

9マスたし算 [小三]

次のようなたし算枠を黒板に提示します。

9マスたし算

□の中には、1から9までの数字カードを入れます。それぞれ1枚ずつしか使えません。

最初は足される数を教師が指定します。例えば、「546+372=」など。この場合は 918 ですね。大きな数の場合は、答えがマス目をはみださないように気をつけましょう。

まずは、5分間でいくつ見付けることができるか、クラスで競いましょう。9枚のカードを、9マス自由に当てはめさせます。

これをノートにひたすら書かせます。このとき、計算が成り立たなかった式も消さずにおきます。これも立派な計算練習として機能しているからです。

「5分だけでは短い。もっと探したい」という教室の空気ができます。そこで、時間の制約をかけずに、どんどん探させます。

子供たちにありがちなミスは、同じ数カードを2回使っていることに気付かないこと。この点をクリアさせるためには、実際に1から9までの数字カードを手元に置いておかせ、数字カードを操作させながら成り立つ式を探させるとよいでしょう。

※ 参考『マンガでわかる!算数プリント・3年』小学館

虫食いひき算 [小三]

①次のような、虫食いひき算の枠を提示します。

筆算_答え3

ルールは、□の中に、0から9までのどの数を入れてもOK、というールで同じ数を何回使ってもよし、筆算を完成させます。

子供たちにはノートで考えさせます。ワークシートを与えてもOK。

できる筆算の数は次の3つだけ。

できる筆算の数3つ

子供から、「答えが3だから、できる筆算の数も3なのかな」という反応を待ちたいものです。出ない場合は、無理に触れません。

②第2問は、答えが「4」の場合を追求させます。

筆算_答え4

今回も、ノート(もしくはワークシート)で考えさせます。この場合できる筆算の数は次の4種類。

できる筆算の数4つ

この段階で、「ひき算の答えが3の場合は、式の数が3つ。ひき算の答えが4の場合は、式の数が4つ」という見方を引き出しておきたいものです。子供たちから出ない場合は、教師がヒントを伝えます。

③第3問では、「もしも答えの数が5だったら…」と子供が言ってくれたらそれを取り上げ、価値付けて、全員で追究します。子供から出なければ、教師が「もしも答えが5だったら…?」と問いかけます。子供たちは、「式の数も5つのはずだ!」と考えるでしょう。結果に予想と期待をもたせながら、追究させます。やはり式の数は5つとなります。

答えが5なら?

2けた×2けた [小四]

まずは、1問だけ解かせます。この答えは、「756」となります。

12×63

かけられる数とかける数。「それぞれ、十の位の数と一の位の数を入れ替えるよ」と言いながら、2問目を提示して解かせる。なんと、今回も答えが同じ「756」となります。

12×63

続けて、左のような2つの計算も扱います。

答えが1512になる筆算問題二種類

子供たちが、「十の位の数と一の位の数を入れ替えた、2桁×2桁の計算は、積が同じになります!」と言い始めたら、ノートで自由に思考実験させます。すると、うまくいかないことに気が付きます。

実は、十の位同士をかけた数と、一の位同士をかけた数の積が同じになるとき、かけ算の答えも同じになります。ここを追究させます。

※参考『アイテム算数』次世代教育推進機構

ジャマイカ(数感覚鍛錬ゲーム) [小三小四共通]

①ペアか小グループ(3~4人)に一つ、ジャマイカを配ります。

②ジャマイカを手のひらで転がした後、机の上に置きます。

③黒いサイコロの数を足して合計数を出します。

④白いサイコロの数をすべて使い、黒のサイコロの合数をつくります。減乗除、どの計算をしてもOK。

ジャマイカ

(例)
黒いサイコロの合計数が40+2で42の場合、白のサイコロの5・2・6・3を使い、42をつくります。例えば答えは、5+2=⑦、3-2=①、⑦×①=⑦、⑦×6=42 など。

⑤慣れてきたらジャマイカの同じ課題を解かせます。頭の中の計算ではなく、必ずノートに書かせ、誰か一人が解けたら、残りのメンバーが計算で確かめます。時間が経っても解けない場合は、次のジャマイカの課題に進んでよいものとします。授業の後半では、解けなかったジャマイカの課題をクラス全員で解きます。

※ジャマイカ(JAMAICA)は、マスダヤの知育玩具です。

【関連記事】 授業で使えるゲームのアイディアをもっと知りたい方にはこちらの記事もオススメ!→国語算数|授業はミニゲームで空気を変える!

取材・文/出浦文絵  イラスト/宇和島太郎

『教育技術 小三小四』2019年9月号より


今回は小学校の算数授業で使える、9までの数を使った虫食い算のアイディアを紹介しました。ぜひこの手軽な算数ゲームで、子供たちの知的好奇心に火を付けてあげてください。

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小学校の外国語学習で使いたい15分アクティビティ2つ

行きたい国について友達と意見を交換し、社会科とも関連させる活動です。後半は既習表現を繰り返し使用できるよう『すごろく』を使い、児童が進んで「聞きたい、話したい」…

頭を抱える教師
同じ単元なのに、あの先生の授業はなぜ楽しそう?【♯三行教育技術】

同じ単元を指導しているはずなのに、なぜあの先生の授業はあんなに楽しそうなんだろう? Twitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説…

6年理科「電気の利用」指導のポイント解説【指導計画】

手回し発電機や光電池を使っておもちゃを動かしてみる活動を通して、電気の働きについて考える授業の指導計画を提案します。また、自然エネルギーの有効利用についても考え…

2020/1/20

1年算数「かたちづくり」指導のポイント解説【指導計画】

1年生算数のかたちづくりの指導計画です。ものの形に着目し、数え棒で形を構成する活動を通して、いろいろな形を作るとともに、形を作ることに関心をもたせます。

2020/1/19

授業のテンポとは具体的にどういうことか? 三行で説明してみたら……

「みんなの教育技術」が皆さんに募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!詳しくはこ…

打楽器奏者・山本晶子
これでできる!小学校の音楽科「打楽器指導」の基本とポイント

打楽器の魅力は誰でもすぐに音が出せるのに、突き詰めると奥が深いところです。まずはリズムを楽しむことから始めましょう。打楽器奏者の山本晶子さんに指導をしていただき…

どの子も必ず跳べる! 楽しめる!「なわとび指導」ココがポイント!

寒さで教室に閉じこもりがちな冬こそ、積極的に外に出て体を動かし、体力アップを図りたいもの。二重跳びが跳べるようになるための指導のポイントや、クラスみんなでなわと…

三角定規で算数の問題を解く子ども
算数で小学生を惹きつける&自信を持たせる技20【♯三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育…

体育が苦手な子も楽しく!運動量も確保する技21【#三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育…

【教育技術小五小六2月号購入者特典】「外国語の授業レポート」動画(PR)

『教育技術 小五小六』2020年2月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワード…

もっと見る