小2国語「おもちゃの作り方をせつめいしよう」指導アイデア

教材名:「おもちゃの作り方をせつめいしよう」(光村図書二年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(2)ア 〔思考力、判断力、表現力〕B(1)ア
言語活動:ア

執筆/福岡県公立小学校教諭・土居結緯
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、福岡県公立小学校校長・山﨑千歳

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、事柄の順序に沿って簡単な構成を考えて、書く力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元では、「一年生に分かりやすい説明書を書く」という言語活動を位置付けます。これは、生活科『うごくうごくわたしのおもちゃ』との関連を図ったものです。おもちゃを作って、一年生と遊んだ経験を基に、説明書を書きます。

「一年生にも作って楽しんでもらえるように」と相手や目的を明確にし、おもちゃ作りの経験を想起しながら、分かりやすい説明書を書くことにつなげます。

分かりやすく書くためには、文章のはじめから終わりまでを、内容のまとまりごとにいくつかに分けて配置することと、順序よく示されていることが求められ、教材文『馬のおもちゃの作り方』から、「材料と道具」「作り方」「楽しみ方」のまとまり、順序を表す言葉、絵や写真などを使うなどの説明の工夫を読み取り、文章の組み立てを考え、書くことにつなげます。

そうすることで、本単元でねらう「自分の思いや考えが明確になるように、事柄の順序に沿って簡単な構成を考えること」の力を育成することができます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①生活科のおもちゃ作りや、おもちゃで一年生と一緒に遊んだ経験を想起し、「一年生に分かりやすい説明書を書こう」という学習課題を設定し、本単元のめあてと計画を決める。

【学習課題】一年生に分かりやすいせつめい書を書いてプレゼントしよう

第二次(2~7時)

②説明するおもちゃを決め、必要な材料や道具を書き出す。

③『馬のおもちゃの作り方』と『けん玉の作り方』で見付けた「分かりやすい説明の工夫」を活用して、文章の組み立てを書く。

④〈作り方〉の説明の順序を考える。

⑤「分かりやすい説明の工夫」を活用して、説明する文章を書く。
※前書き・〈ざいりょうとどうぐ〉〈作り方〉〈楽しみ方もしくは遊び方〉
→アイデア1 主体的な学び

⑥友達と読み合い、一年生によりよく伝わるようにアドバイスし合う。
→アイデア2 対話的な学び

⑦前時のアドバイスを基に、書き直しや書き加えをする。
→アイデア3 深い学び

第三次(8時)

⑧友達と完成した説明書を発表し、感想を交流して、表現のよさや学びを実感することができるようにする。

アイデア1 単元を見通した相手意識・目的意識の共有と、書くことを支えるポイントの活用

主体的な学び

まず、「一年生におもちゃの作り方がよく分かるように説明書を書こう」と相手意識と目的意識をもたせます。さらに、分かりやすい説明書を書くために、教材『馬のおもちゃの作り方』、『けん玉の作り方』でまとめた「分かりやすい説明の工夫」を掲示し、書く活動で活用できるようにします。

教材文を読んだ足跡の掲示物を活用することで、「まとまりごとに並べてみよう」や「順序よく書こう」と、分かりやすく説明書を書こうとする子供たちの意識を継続することができます。

また、作り方の工程ごとに、短冊カードを分けて書くようにします。その際、「作り方の順序が分かるには、どの言葉を使うといいかな」と順序を意識できるように問いかけます。

これらの手立てにより、単元を通して自己評価を繰り返しながら説明書を書くことができ、学習に対して自己調整する「主体的な学び」につながります。

▼書き方のポイント

書き方のポイント

▼短冊カード

短冊カード

「作り方」を書いてみましょう。どんな工夫がありましたか。

「まず」「つぎに」などの順序が分かる言葉を使います。作るとき、一番最初に牛乳パックを切ったから、「まず」の言葉を使うといいんだね。

アイデア2 より分かりやすく書くために練り合うペア学習

対話的な学び

自分が書いた作り方が一年生に分かりやすいものになっているか、自分の短冊カードをペアで読み合い、話し合います。話合いの際は、見直しのポイント(数・大きさ・長さ・場所・様子を表す言葉・気を付けること・上手く作るコツなど)を掲示し、それを基に、「自分や友達の短冊カードには、そのポイントがあるか」と確認します。

また、分かりづらいところについては、尋ねたりアドバイスしたりします。アドバイスするときは、アドバイスの観点を掲示します。

話合いで取り入れたい情報は付箋に書き留め、次時の文を修正する際に活用します。ペアの設定については、違うおもちゃを作ったペアなど工夫が必要です。さらに、手元に作ったおもちゃがあると、実際に動かしながらお互いに尋ね合い、説明する際に役立ちます。

このような分かりやすく書くために練り合う活動は、客観的視点から自分の考えを広げ、深める「対話的な学び」につながります。

ここは、どこにどのくらい切りこみを入れたらいいの。

右と左に1センチメートルだよ。

切りこみだけだと一年生は、分かりにくいから数や場所を入れると分かりやすいよ。

▼付箋の例

付箋の例

分かりやすく書くための見直しのポイント
・数 ・大きさ ・長さ ・場所 
・様子を表す言葉 ・うまく作るコツ

■交流するときのアドバイスの観点
・○○のところは、どんな作り方をしたの。
・○○のところは、一年生が分かりにくいから、□□の言ばを入れたほうがもっと分かりやすい文になるよ。
・ここは、□□のことばのほうが一年生に分かるよ。
・○○の気をつけたところは、どんなところかな。
・○○のうまく作るときのコツは、どんなところかな。

アイデア3 言葉に関する新たな気付きを促す見直し活動の設定

深い学び

ここでは、教材文でおさえた説明書の組み立てを基に、自分が書いた説明書が、〈前書き〉〈材料と道具〉〈作り方〉〈楽しみ方〉のまとまりの順で書くことができているか、また、〈作り方〉について前時までのアドバイスを参考に、自分が書いた〈作り方〉を説明する文章を見直すようにします。

はじめに書いた説明する文章と比べながら、ペア学習のアドバイスにより、取り入れたり、書き残したりする見直し活動を行うことは、自分の説明文を主体的に書き直すこととなります。

この活動中には、教師が、「足りない言葉はないかな」「難しい言葉はないかな」などと子供に問いかけることで、言葉の使い方についての認識をゆさぶります。単元を通した相手意識や目的意識を再確認させながら、分かりにくい文は、「分かりやすい説明の工夫」から得た情報をヒントに、表現し直す活動として取り組みます。

そうすることで、まとまりの配置に気付いたり、順序の大切さを再認識したり、分かりやすく伝える文章を書いたりすることができ、「一年生に分かりやすい説明書を書くことができた」と実感も伴います。このような学びが「言葉による見方・考え方」を働かせた「深い学び」につながります。

どこから測るのかが分からなかったから「はしから」と書き直したら、一年生が作りやすくなるな。

分かりやすく書くのは、文章の組み立てと順序を考えることが大切だと分かりました。作り方は、順序を表す言葉を使うと、分かりやすいな。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号