小1算数「のこりはいくつ」指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
タイトル 小1算数「のこりはいくつ」指導アイデア

執筆/埼玉県さいたま市立神田小学校教諭・瀧澤珠愛
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一、浦和大学教授・矢部一夫

単元の展開

第1時(本時)減法の意味や式の表し方(求残の場面)

第2時 減法の式の表し方と答えの求め方(求残の場面)

第3時 被減数が10以内の減法計算。減法の意味や式の表し方(求補の場合)

第4時 被減数が10以内の減法計算の練習

本時のねらい(単元の導入)

求残の場合について、減法の意味や式の表し方を理解する。

評価規準

求残の場面を、減法として捉え、ブロック操作や減法の式に表し、説明している。【思考・判断・表現】
求残の場面について、減法の意味を理解し、減法の式に表すことができる。知識・技能

本時の展開



すいそうには なんびき きんぎょが のこっているでしょうか。

(1枚目の絵を見せて)この絵は、何をしているところでしょう。

算数イラスト1

金魚すくいをしているところです。

水槽から金魚を掬おうとしているところです。

水槽に金魚が5匹いますね。(黒板に貼り、「きんぎょが 5ひきいます」と板書する)

お話の続きです。(2枚目の絵を見せて)どうなったでしょう。

算数イラスト2

掬ったから、少なくなりました。

2匹も掬っています。

2匹減りました。

5匹の金魚から2匹掬いましたね。(絵を貼り、「2ひき すくいました」と板書する)

お話の続きです。(3枚目を見せて)水槽は隠れています。どんな問題でしょう。

算数イラスト3

「水槽の金魚は、なん匹になりましたか」じゃないかな。

「金魚が5匹います。2匹掬いました。残りはなん匹になりますか」だと思います。

「残り」とは、どういうことですか。

(3枚目の)水槽にいる金魚の数は、いくつということです。

「残り」の金魚の数を求められるのでしょうか。今日は、「残り」について考えてみましょう。



残りはなん匹になるか、求めましょう。

見通し

たし算のときは、算数ブロックを使ったよ。ここでもブロックを使うとよさそう。

指を使ってできそうだよ。

図(〇)を書いてできないかな。

自力解決の様子

A つまずいている子

  • うまく算数ブロックの操作ができない。
  • 算数ブロックの操作はできるが、「残り」を説明することができない。

B 素朴に解いている子

  • 算数ブロックを操作し、「残り」が3個になることを説明している。

C ねらい通り解いている子

  • 算数ブロックを操作し、残りが3個になることを説明した後、指や図を使って、残りは3匹になることも説明している。

学び合いの計画

まず、ワークシートを用いて、金魚と算数ブロックを対応させるために、金魚の絵の上にブロックを置かせ、そこから2匹掬うことは、ブロックを2個取ることだと確認します。また、ブロックを水槽の絵から動かすときは、二つまとめてではなく一つずつ動かすことで、つまずいている子が個数を理解しやすくします。

次に、絵を基にブロックを動かしたものの、どちら(掬った2匹か、掬っていない3匹なのか)が残りを表すのかを、説明することが難しい子供が少なくありません。そこで、3枚目の絵を後から見せ、残りの数は2匹であるか、3匹であるかを問うことで、2匹は掬った数で、水槽に残っている金魚の数が残りの数であることを確認することが重要です。

その後、絵図や指など、ブロック以外で考えた子供に発表をさせ、「使ったもの・二つ減らすもの・三つ残るもの」を板書します。

子供の発表後に、「みんなの同じところはどこだろう」と問うことで、使っているものは違っていても、二つ減らして三つ残ることは同じであることを確認します。次時以降の求補や求差の場合に、操作の共通点から減法の意味を拡張していくためにも、導入段階で、「減る」操作をさまざまな方法で行うことが大切です。

以上のようにして、場面を基にブロック操作することにより、既習のたし算と違い、増えたり合わせたりするのではなく、元の数から減っているということに着目させ、新しい計算のしかただということに気付かせます。

また、その計算は「ひき算」と言い、残りを求めるときはひき算を使うということを押さえます。

ワークシート例

ワークシート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

お話に合わせて、黒板にブロックを並べてみましょう。

※子供がブロックを5個並べる。

1、2、3、4、5。(ブロックを指しながら)5個並べましたね。なんの数でしょう。

最初に水槽にいた金魚の数です。

掬う前の金魚の数です。

お話の続きはどうなるでしょう。ブロックを動かしましょう。

※子供がブロックを2個ずらす。

1、2。(ブロックを指しながら)2個動かしましたね。なんの数でしょう。

掬った金魚の数です。

水槽から減った金魚の数です。

5匹の水槽から2匹減るから、ブロックを2個取るんですね。そうすると、3枚目の絵が完成しましたね。

水槽にいるのは3匹です。

1、2、3。(ブロックを指しながら)水槽の中は3匹になりましたね。残りは、2匹と3匹のどちらでしょう。

2匹は掬った数なので、残りの数ではないです。

残りは3匹です。

ブロックを2個取った後の3個が残りの数なんですね。ほかの方法で残りを考えた人の発表も聞いてみましょう。

指を折って考えました。

私は、○をかいて考えました。5個の○から2個動かしてなくすので、残るのは3個です。

ブロックと指と〇の方法で、同じところはどこでしょう。

二つなくしているところです。

三つ残っているところです。

使っているものは違うけれど、二つ減らして三つ残っているのは同じですね。今日のお話のように、元の数から減らして残りを考えるときの計算は、「ひき算」と言います。「-」とかいて「ひく」と読みます。今日のお話では、5匹から2匹引いて、残りが3匹になったので、5-2=3と表します。ほかにもひき算になるお話はあるでしょうか。探してみましょう。



「残り」は元のブロックの数から減らして考える。
「残り」はひき算で求めることができる。

評価問題

ブロックを つかって、のこりの かずを こたえましょう。また、しきに あらわしましょう。(絵を用いて提示する)

算数イラスト4

子供に期待する解答の具体例

①式 4-3=1
答え 1台

算数図1

②式 5-1=4
答え 4匹

算数図2

※ブロックを動かして、減っている様子を表して、式と答えを書くことができている。

感想例

  • 「残り」を求めるときは、ブロックを減らします。
  • 「残り」はひき算で答えを求めます。ひき算は、「-」を使います。
  • ひき算を使って、いろいろな問題を解いてみたいです。

イラスト/横井智美、やひろきよみ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1 国語科「ききたいな、ともだちのはなし」全時間の板書&指導アイデア
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小4体育「水泳運動」指導アイデア①
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小2体育「水遊び」指導アイデア①
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号