小6算数「分数×分数」指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
タイトル 小6算数「分数×分数」指導アイデア

執筆/新潟県新潟市立鎧郷小学校教諭・濱中大輝
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一、新潟県新潟市立新津第一小学校校長・間嶋哲

小五算数 年間指導計画

単元の展開

第1時 乗数の分子が1のときの(分数)×(分数)の計算のしかたを考える。

第2時(本時) 乗数の分子が1以外のときの(分数)×(分数)の計算のしかたを考える。

第3時 乗数が仮分数の計算のしかたを考える。

第4時 帯分数や整数が入った分数のかけ算の計算のしかたを考える。

第5時 (小数)×(分数)、(分数)×(小数)の計算のしかたを考える。

第6時 1より小さい分数をかけると、積は被乗数より小さくなることを理解する。

第7時 (分数)×(分数)×(分数)の計算のしかたを考える。

第8時 長さが分数で表されている長方形の面積と直方体の体積を求める。

第9時 交換法則や結合法則、分配法則が、分数の計算にも適用できるか考える。

第10時 積が1になる乗数を見付け、被乗数の乗数との間のきまりを見付ける。

第11時 練習問題を解き、学習内容の理解を深める。

本時のねらい

分数×分数について、図や数直線を用いて表すことを通して、単位分数の見方で捉えたり、(分数)×(整数)、(分数)÷(整数)を活用したりして、計算することができる。

評価規準

分数×分数の場面について、単位分数の見方で捉えたり、(分数)×(整数)、(分数)÷(整数)を活用したりして、計算することができる。



へいにペンキをぬります。このペンキは、1dLあたり[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]㎡ぬれます。このペンキ[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]dLでは、なん㎡ぬれますか。



前時との違いを意識化させるためにも、下線部([MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]dL)を提示する前に、「どんな数だったらいい?」と予想させる活動を入れましょう。

前回の問題より難しそうですか。難しいという人はグー、簡単という人はパーを挙げましょう。

前回の算数と変わらないです。

今回のほうが難しい。

難しいと言っている人もいるけれど、どこが難しそうですか。

前回は、[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]でした。今回は[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]で、かける数の分子が2になっているから、難しいと思います。

分子が1じゃないと、どうやって計算すればいいか分かりません。



かける数の分子が1でない分数のかけ算は、どのように計算すればよいか。

見通し

図で言うと、[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]はどのくらいだと思いますか。タブレットの図に色を塗りましょう。

算数図1

1人1台端末活用ポイント

タブレットで面積図を配付し、子供に答えの部分はどこになりそうか色を塗らせます。その際、色を塗った部分の理由も考えさせましょう。その後、全体で共有することにより、これからどの部分の面積を求めればよいのか、結果の見通しをもてます。

3つに分けたうちの2つ分だから、これくらいかな。

かける数の分子が1じゃなくて困っていたけれど、どうすれば計算できたり、考えられたりしそうですか。

数直線で表します。

×分数を整数に直して計算します。

[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]dLが分かれば、[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]dLも計算できると思います。

前回の[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]dLのときを2倍にします。

[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]のやり方を数直線や図、計算で考えましょう。

自力解決の様子

A つまずいている子

図から考える。
[MATH]\(\frac{8}{10}\)[/MATH]

算数図2



基にする量が曖昧になり、分母を捉え違えたり、分数に表す方法が分からなくなる子供が想定されます。机間指導の際に、Aの子供を見とり、必要があれば何を分けているのか問いかけたり、学び合いでBやCの子供とかかわれるようにグルーピングしたりしましょう。


B 素朴に解いている子

前時を生かす。
[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{4}{15}\)[/MATH]だったから、答えを2倍すればよい。
[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{4}{15}\)[/MATH]×2=[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]

算数図3
算数図4

C ねらい通り解いている子

C1 単位面積を考える。
[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]の図を見ると、1マス分は、[MATH]\(\frac{1}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{1}{15}\)[/MATH]。
それが、4×2で8マスだから、[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]㎡。

算数図5

C2 かける数を整数に直して計算する。
[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]×3÷3=[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]×2÷3=[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]

算数図6

学び合いの計画

式や言葉だけだと、友達の考えをイメージすることができず、理解しにくくなってしまいます。そこで、自力解決の段階から、言葉や式と合わせて図や数直線を書かせておきます。その後、考えを交流させる場面では、まず図や数直線を友達に見せてから、言葉や式で伝えるようにさせます。友達と図を見比べることにより、Aの子供が図で求めようとしている部分は同じことに気付いたり、Bの子供の考えとC1の子供の考えも似ていることに気付いたりしやすくなります。

この際、タブレットで自分の考えた数直線や図だけを写真に撮り、全体で見合ったりする時間を確保することもお勧めです。自分と似ている考えや違う考えに触れておくからこそ、全体発表の際に「C2の考えがまだ分からないから聞いてみたい」と友達の考えを聴きたくなるきっかけになります。

分数のかけ算は、イメージしにくいからこそ、図や数直線を基に考えを交流させましょう。

ノート例

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

答えは何になりそうですか。

[MATH]\(\frac{8}{10}\)[/MATH]㎡です。

[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]㎡です。

答えの分数で使われている8、10、15が、どこかに見えますか。

8は、色が塗られているところが8マスあります。

10は、[MATH]\(\frac{4}{5}\)[/MATH]を3等分したうちの2つで、全部で10マスあります。(Aの考え)

15は、まず5等分されていたマスが×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]で、さらに3等分すると、全体で15マスになります。

どっちの見方がいいんだろう。

1㎡をなん等分したかを考えればよいから、15等分している[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]㎡が合っていると思います。

答えは分かりましたね。[MATH]\(\frac{8}{15}\)[/MATH]と求めるためには、どうすればいいですか。

※BやC1、C2の考えを共有する。

BやC1、C2には、×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]や÷3、×2が使われているね。

もしかして、×[MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH]は分けると、×2と×[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]に分かれるのかな。

今度、ほかの数でも確かめてみたい。

かける数の分子が1でない分数のかけ算は、どうすれば計算できましたか。

図で考えるときは、1マス分を計算してから求めればいいです。

かける数を整数に直して計算すればいいです。そのために、かけ算のきまりを使います。



面積図の1マス分を求めたり、かける数を整数に直したりすれば、計算することができる。

評価問題

[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH]を計算しましょう。
※必要に応じて、子供が書き込めるような面積図や数直線をタブレットで共有する。

子供に期待する解答の具体例①

[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH]の1マスは、[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{1}{4}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{1}{8}\)[/MATH]。それが1×3=3で3マス分あるから、[MATH]\(\frac{3}{8}\)[/MATH]。

算数図7

子供に期待する解答の具体例②

整数のかけ算とわり算に直して計算する。
[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH]=[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH]×4÷4=[MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]×3÷4=[MATH]\(\frac{3}{8}\)[/MATH]

算数図8

感想

  • 分数×分数は、分子が1以外でもかける数の分数を整数に直せば、計算できることが分かった。今度は、分子がもう少し大きい数や、帯分数のかけ算をしてみたい。

1人1台端末活用ポイント

本単元で考えを共有する土台となってくる面積図は、子供自らかけるのが理想ですが、かくことが困難な子供もいると思います。その際は、本時にあったように、タブレットで面積図を共有し、そこに書き込ませることも効果的です。

また、本単元の第10時の学習でもタブレットが効果的に活用できます。「1から5までのカードが2枚ずつあります。カードを使って[MATH]\(\frac{□}{□}\)[/MATH]×[MATH]\(\frac{□}{□}\)[/MATH]=1となる式を見付けましょう」という問題設定をすると、子供たちは多様な考えをもちます。その多様な考えをロイロノートなどのアプリで共有し合えば、手元で整理しながら被乗数と乗数のきまりを見付けることができます。

いくつのグループができそうかを全体で検討したうえで、シンキングツールを活用すると一層整理しやすいです。

算数図9

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2 国語科「そうだんにのってください」 板書例&全時間の指導アイデア
・小5 国語科「グラフや表を用いて書こう」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 5「We all live on the Earth.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 5 「Where is the post office?」指導アイデア②
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号