• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

気になる子をセンスよく支援 秋の運動会編

2019/7/25

ゴールテープを切る直前のイメージ

二学期にはいろいろな行事が行われることでしょう。今回は「運動会」を例に、 支援が必要な子どもに対して、「行事」で気をつけることについて解説します。 正しい知識と子どもを見る目で、支援のセンスを磨いていきましょう。 問いに対する答えを自分で考えながら、読み進めてみてください。

執筆・岡山県公立小学校教諭 南惠介

Q1 「運動会」の練習が始まります。どんなことに気をつければよいでしょうか。

Point1 予定変更に気をつける

運動会に限りませんが、予定変更には十分気をつけましょう。「突然」の変更は、「気になる子」たちにとって大きな負担になり、不安感をもたせます。その結果、不適切な行動につながります。

できるだけ前日に予定変更を伝える。そして、直前であっても、少しでも早く変更点とその後どうなるかまでを1つのパッケージにして伝えるようにします。

Point2 ほめることと理想の行動を示す

叱責で子どもの行動が変わることはありますが、トータルで考えるとデメリットのほうが多いと思います。そもそも何をするべきか、何が悪いかわかっていないことがあります。また、今自分がどうしているかわかっていないこともあります。

「今何をするのか」を簡潔に伝えることで解決することは多いのです。そして、その子が「今どうなっているか」「何をしているか」を伝えることは、案外大切なことです。

よそ見をしている子に「今、ほかのところを見ているよ」、話をしている子に「今、しゃべっているよ」で行動が変わる子はたくさんいます。

もし、ふだんできていないことに対しても具体的に「○○できたら100点なんだけどなあ」と伝えてみましょう。目標がはっきりすることでできるようになることがあります。

Point3 不安だから落ち着かない

落ち着かない行動を見て「話を聞きなさい」「じっとしていなさい」は、わかりやすいけれど、表面的な指導に終わります。

そもそもその子は、話は聞かなくてよいと思っているのか? じっとしていなくてよいと思っているのか? そんなことはないでしょう。

低学年の子が、「不安」ゆえに不適切な行動をすることは、本人が自分の行動に気づいていないことと同じくらい多いと思います。

ふと目が合うことがありませんか? 先生がにっこりと笑うだけで安心して前を向くことができる。そんな場面は案外多いのです。

にっこり笑う先生
笑顔で落ち着くことも イラスト/大橋明子

Q2 「視覚支援」という言葉をよく聞きます。具体的に視覚支援とはどういうことでしょうか。そして、どういうことに気をつければよいのでしょうか。

Point1 子どもの理解の型を探る

人によって得意な情報の得方(認知)は違います。

耳で聞いて理解するのが得意な人。実際にやってみて理解するのが得意な人。

そして、一番多いのが「目で見て理解する」のが得意な人。

「気になる子」の中には、目で見て理解するのが楽で、ほかの方法がとても苦手な子がいます。そういう子が理解しやすいように「パッと見てわかるようにする」ことが「視覚支援」なのです。

Point2 目で見てわかるとは?

「目で見てわかる」ためには2つのポイントを知っておくことが大切です。

・具体的に示す
・簡潔に示す・情報を削る、隠す

1.具体的に示す

イラストや図で示す方法もありますが、友達のできている姿を「ああ、いいねえ。○○ができているねえ」とほめることで具体像を示すことができます。

2.簡潔に示す・情報を削る、隠す

「視覚支援」ということで、いろいろな掲示物が増えている教室を見ることがあります。

基本に立ち戻りましょう。

情報が多すぎると、どれが大切かわからなくなるのです。できるだけ簡潔に伝えることを心がけましょう。

そして「今」必要な情報だけを提示するようにしましょう。

情報は少なければ少ないほどよい。私も含め伝えたがりの先生にとっては、それくらいの感覚がちょうどよいのだと思います。

『小一教育技術』2017年9月号より

関連する記事

行事記事一覧

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

友達や下学年と絆を深める修学旅行

6年生の子どもたちにとって、一番の思い出になるであろう修学旅行。指導者としてねらいをもち、年間の学習の中に位置づけ、学級活動で子どもたちと一緒にめあてを決めて取…

チーム学校で運動会
「チーム学校」で成功させる運動会

「チーム学校」の重要性が言われる昨今、運動会はまさに、学校と地域が協力し合って行うチーム学校の実践の場とも言える行事です。自分の学級や学年のこととして取り組む狭…

低学年のダンス指導 ポイントは「キュー出し」「オノマトペ」

秋の運動会シーズンを目前に、ダンス指導に頭を悩ませる先生方も多いのでは? 長年の子どもたちにダンス指導を行い、現在は教員向けのダンス研修や、運動会の振付指導を行…

避難訓練(引き取り訓練)の注意事項

地震や大雨、噴火などの災害時に備え、全国の小学校では避難訓練を教育課程に位置づけ、定期的な安全指導を実施しています。今回は、重要な学校行事である避難訓練について…

本気の運動会
【ぬまっち流】教師自ら「勝ち」を目指す本気の運動会

競い合うからには「勝ち」にこだわること。運動が苦手な子供や、争いを避ける子供にも、一生懸命チームで力を合わせて取り組むことの気持ちよさを体験させることは必要です…

気になる子をセンスよく支援 秋の運動会編

二学期にはいろいろな行事が行われることでしょう。今回は「運動会」を例に、 支援が必要な子どもに対して、「行事」で気をつけることについて解説します。 正しい知識と…

教室カメラ入門 運動会写真をもっと印象的に!

学校の大きな行事に運動会があります。記録用に写真を撮るなら、広角でたくさんの情報が入った写真を撮ります。隊形や、ものの配置などを撮ります。今回はそのような写真で…

2019/7/22

もっと見る