• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

三学期の総まとめにトライ!【4年3組学級経営物語20】

2020/1/13

学級経営物語タイトル

1月①「総まとめの三学期」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。どう終わらせて未来につなぐのか…。「総まとめの三学期」は、子どもたちにも教師にも重要な時期。さあ、ラストミッションに全力トライだ。頑張れチーム4年!

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライ先生を励ましつつも一 歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。
大和川くん(大和川強/やまとがわつよし)
西華小学校にボランティアで手伝いに来ている教育学部生。小学生時代、イワオジのクラスで、イワオジに憧れて教師をめざす。ルックスがイワオジに似ていることから、クラスメートから「小イワオジ」と呼ばれていた。

冬休み宿題は学級のラストミッション計画

「明けましておめでとうございます、大河内先生!」

「本年もよろしくご指導ください

年末年始の休み明け。久しぶりの職員室で挨拶する葵ゆめ先生と渡来勉先生に、ニッコリ応える大河内巌先生。

「今年も頑張ろう。ミッション、完成したかな」

大きく頷く二人。急いで席につくと、葵先生が鞄から資料を取り出して説明を始めます。

「私は、学習の総まとめに取り組みます。一般的ですけれど、基礎基本の定着は大切なので…」

熱心に耳を傾ける主任、学生ボランティアの大和川強くんも、興味深そうに聞いています。

「…小テストを実施し、各単元の理解度を再チェック。弱点を補強して、高学年になっても困らない学力を養います。もちろん学級づくりも、総まとめの心構えでしっかり取り組みます!」

資料を示しながら、ますます熱く語る葵先生。

イワオジの叱咤激励

イワオジ「ラストミッションだ」

話は半月前に遡ります。

いつもなら指導法や教材の分析等を丁寧に教えてくれる主任が、二学期最後の打合せでこんな宣言をしたのです。

「三学期の指導計画は、君たち自身のプランをもとに組み立てることにする。…4年のラストミッションだ、しっかり構想してくれよ*POINT

「えっ」「…」「…なぜ?」と戸惑う三人。温かい眼差しで見つめながら、主任が続けます。

「三学期は短いが、子どもにとっても教師にとっても大切な時期。子どもたちが実り豊かな時期となるか否かは、担任の力量次第・・・。担任も、その実現を目指して試行錯誤する過程で、指導力、教師力が磨かれる。…教師としての総まとめだ。だから私に気兼ねせず、頑張ってほしい」

長い沈黙の後で、きっぱり答える渡来先生。

「トライします。自分のラストミッションに!」

「教師としての成長の機会を、私たちに与えてくださって…本当にありがとうございます」

深々と礼をする葵先生に、微笑みを返す主任。

「意図を理解してくれたな、二人とも…。困った時はいつでも支援する。だから自分のラストミッションを、冬休みにしっかり構想してくれ」

力強く頷く二人に、羨ましそうな大和川くん。

「早く卒業して、チームに入りたいよぉ!」

 大和川くんの雄叫びが、みんなの心を温かくしました。

4年生の三学期は、心身ともに大きく成長する時期です。「4年生としてこれだけは」というところを、きちんと整理しておきましょう。
また、もうすぐ迎える高学年に向けての心構えも伝えていき、ゆとりをもって5年生になれるようにしましょう。
【学習】【生活】【体力づくり】どの項目についても「自分で決めたことを続けて取り組む」という場面を設定することで、
◦ 課題を見つける力
◦ 自己決定をする力
◦ 継続して努力する力
◦ 根気強く取り組む力
など大切な力を育てていくことができます。

「勉・強」コンビ誕生!

自分のミッションを語り終えた葵先生を、絶賛する渡来先生。

「ホント最高です それに2組の雰囲気も。…葵先生のニックネームも

「それは言わないで」。眉間に皺がよる葵先生。

「ゴホン…。次は渡来先生のミッションだな」

地雷を踏むな…、と視線で注意を促す主任。

「は、はい…、私は授業方法の工夫です。子ども一人ひとりの習熟度に応じた指導の充実。勉(つとむ)と強(つよし)の勉強コンビで」

渡来先生の熱弁と、「フルパワーで頑張ります」と興奮気味の大和川くん。

話が終わると同時に、主任が言い放ちました、

「君たちのラストミッションを中心に、4年は総まとめの三学期に全力でトライするぞ*POINT

「ウォ―」。雄叫ぶ「勉・強」コンビ。葵先生は、小さくガッツポーズ。三人を温かく見守る主任。

中学年の総仕上げにレッツ・トライ!
【学習】
○ 漢字の読み書き、割り算の筆算、分数の計算など基礎的な学習の取りこぼしがないように、計画的に復習を積み重ねる。
○ 一人ひとりの課題をつかみ、放課後に「頑張りタイム」を設けて支援したり、自主学習の形で家庭学習としても取り組めるようにしたりして、着実に力を付けられるよう工夫する。
学習用具の準備、発言の仕方、板書の取り方など学習の構えについても、きちんと身に付いているか確認する。

ゆめ先生のラストミッション!

そして、1月も終わりに近いある日の事…。

「アツシとノリ。漢字の小テスト、やり直しよ」

チャイムが鳴り、ボールを抱えて汗だくで教室に戻って来た二人に、言い渡す葵先生。頭を抱えるアツシ。口を尖らせるノリ。

「チェック厳しすぎだよ…」「今日は勘弁してよ、先生!」

「絶対ダメ! こんな熟語も読めないんだから」

『熱意』と記された箇所を示す葵先生。困った顔をする二人。

「ええと…、何だったけな?」

「あなた方に不足していること…。放課後学習で身につけましょうね」

ニヤリと笑う葵先生。

(1月②につづく)

<<前の回へ  ● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を「よく見る」とは? いつ、どこで?~5つの場づくりと3つの視点~

小学校教師は「子供をよく見よう」とよく言われます。しかし、教師の日常は非常に忙しく、ちょっとした休憩時間をとることも難しい状況。一方、「子供を見取る」ことが不十…

2020/1/18

保幼小連携&情報共有 おさえておきたい大切なポイントとは

幼稚園・保育所・こども園と小学校との引継ぎ会、情報共有会で取り入れたい実践法を俵原正仁先生が提案。お役立ちアドバイスやポイントを参考に、子どもへの愛を共有した有…

2020/1/13

三学期の総まとめにトライ!【4年3組学級経営物語20】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。どう終わらせて未来につなぐのか…。「総まとめの三学期」は、子どもたちにも教師にも…

「いじめを管理職に報告したくない」教師の心理から見えてくるもの

長年、いじめや不登校の問題に正面から向き合い続けて来た現役教師が、クラスでいじめの情報をキャッチした時に担任がすべき具体的なフローを提案。たくさんの事例と向き合…

冬休み明けの子どもが喜ぶ!小学校低学年向けのぬり絵×2【プリント配付OK】

1月は雪で遊ぶ動物たちとお正月をテーマにしたぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の空気が落ち着いてきます…

給食と掃除のモチベーションを上げる9つの技【♯三行教育技術 】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

今どきの子供心をつかむ!小学3~4年へのカウンセリング術

昨今、学校教育においても、子供の人格形成やさまざまな問題解決に有効なカウンセリング心理学に基づいたアプローチが注目されています。問題を抱えている子供と関わり、子…

笑顔がはじけクラスまとまる!楽しい「言葉遊びゲーム」4つ

寒い季節は、体調不良で欠席者が増えたり、外で思い切り遊べなかったりして、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにおすすめの、少人数でも楽しめる室内遊びを紹…

少人数でもOK!体を動かし楽しめる室内遊び&ゲーム5選

外で思い切り遊べなかったり、体調不良で欠席者が増えたりする寒い季節、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにうってつけの、少人数でも楽しめる室内遊びの紹介…

保護者に好評!上手な「学級だより・学年だより」の作り方

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成…

もっと見る