小4国語「山場のある物語を書こう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「山場のある物語を書こう」(東京書籍 四年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)ウ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)イ、オ
言語活動:ウ

執筆/香川大学教育学部附属高松小学校教諭・藤村まや
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、前・香川県公立小学校校長・川井文代

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、書くことを選び、内容の中心を明確にし、文章の構成を考えて書くことをねらっています。「冒頭部―展開部―終結部」という文章の展開に応じて、それぞれどの部分に何を書くのか、それらがどのようにつながるのかを意識して書くことが大切です。

段落の中心を意識しながら山場を考えて書くことで、段落の役割や相互関係に注意して文章を書く力が身に付きます。

②言語活動とその特徴

本単元では、構成を工夫して物語をつくり、読み合うという言語活動を設定します。構成の工夫には、主人公やそのほかの登場人物がそれぞれの役割をもっていること、冒頭部に状況や登場人物が設定され、事件とその解決が繰り返されて発端から結末へと至る展開があることなどがあります。

ここでは、「山場」で、どんな事件とその解決によって、主人公やそのほかの登場人物などが、どのように変化するのかを考えることで、段落相互の関係に注意して文章の構成を考える力が付きます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①これまでの学習から物語の組み立てを思い出し、目的意識をもつ。
→アイデア1 対話的な学び

【学習課題】おもしろい山場を考えて、物語を書こう

第二次(3~5時)

③④⑤物語の組み立てを考えて、物語を書く。
・物語の設定を考える。
・物語の組み立てを考える。     
・山場の場面のパターンを変えて書く。
→アイデア2 深い学び
→アイデア3 主体的な学び

第三次(6~8時)

⑥⑦構成メモを基に、物語を書く。

⑧物語を読み合い、感想を伝え合う。

アイデア1 山場について話し合い、おもしろい物語を書くためには、山場の工夫が大切であることに気付く

対話的な学び

物語の構成を考えるために、まず、これまでに学んだ物語の展開をふり返り、構成を意識できるようにします。そして、教材文について、どの場面がおもしろかったかを話し合うことで、山場とは、変化が起こる場面であり、その変化にはきっかけがあることに気付けるようにします。

▼これまでに学んだ物語の山場のおもしろさ

  • 一年「おおきなかぶ」→ぬけなかったかぶがぬけた。【見た目の変化】
  • 二年「ニャーゴ」→ねこに食べられると思ったけれど食べられなかった。むしろ仲よくなった。【関係の変化】
  • 四年「こわれた千の楽器」→こわれた楽器だったが、力を合わせてえんそうできるようになった。【気持ちの変化】
  • 四年「走れ」→のぶよは「ラスト」と言われてもほこらしく思えた。去年とは全然ちがう気持ちになった。【見方の変化】

山場は中心人物の気持ちなどが何かをきっかけに、大きく変化する場面のことなんだね。

山場の場面をおもしろくするためには、そこにつながる物語のはじまりも大事だね。

人物メモも工夫してみよう。人物の性格や気持ちが分かるような行動や会話を工夫するとおもしろかったね。

アイデア2 物語の「山場」の展開を考える

深い学び

山場の展開をグループで話し合うことで理解を深めます。変化前(変化前カード)は共通の事柄にし、変化後(変化後カード)、どのように変わるのかを友達と話し合って想像させます。山場には、見た目の変化、人物の関係性の変化、中心人物の気持ちの変化、物事の見方などの変化など、さまざまなものがあります。変化後を考えることによって、山場を意識することができます。

また、変化には事件などのきっかけがあることにも気付ける機会にもなります。創作の際には、人権に配慮することが必要です。特定の個人を攻撃するような事柄を書かないように事前に指導することも大切にしましょう。

▼変化カードの例

変化カードの例

人前で堂々と話すという変化は分かりやすいね。

そうね。苦手から得意になったという気持ちの変化があるね。

苦手が得意になるという大きな変化が起こるのに、いきなり変化したというのでは物語はおもしろくないね。

▼きっかけカードの例

きっかけカードの例

苦手から得意になるようなきっかけがあるはずだよ。

変化のきっかけっていろいろありそうだね。

変化前、変化後、その変化を生む出来事が決まったら、登場人物や行動、周りの様子などを想像して構成メモを書いていきます。また、「はじまり(冒頭部)」や「終わり(終結部)」ともつながるように、「人物メモ」も考えます。

構成メモができあがったら、全体を通した展開がうまくつながっているのかを確認しましょう。

▼構成メモの例

構成メモの例

アイデア3 変化を生む出来事のアイデアを多様に考える

主体的な学び

構成メモができたら、変化を生む出来事のアイデアを多様に考える活動をします。変化前と変化後、同じ内容であっても、それらの間にある変化を生むさまざまな出来事があることが分かるだけでなく、山場がどのようなものか理解を深めることにつながります。

創作することに抵抗がある子供には、グループでアイデアを出し合い、さまざまなアイデアに楽しく触れることで創作意欲を高めるようにしましょう。

▼きっかけ出来事カードの例

きっかけ出来事カードの例

このほかにも、変化のきっかけっていろいろありそうだね。

不思議な世界へ行くとなると、だいぶ長いお話になってしまうね。

犬に追いかけられて声が出るようになるなんて、まんがみたいだね。

これからは、変化や変化のきっかけを生む出来事に注目して、本を読みたいな。

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2020年10月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号