• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

『グレーゾーン』の記事一覧

1 / 2 ページ

一年生の担任必読!4月までの準備まとめ7選

初めて小学校一年生の担任をすることになったら、かわいい子供たちと触れ合えることの期待以上に、不安な気持ちの方が大きいかもしれませんね。ここでは、入学式の段取りや…

【支援を要する子・気になる子】理想の授業の形と、次年度への引き継ぎについて
支援を要する子・気になる子Q&A|理想の授業と次年度への引き継ぎ

支援が必要な子どもに対して、正しい知識と子どもを見る目で、支援のセンスを磨いていきましょう。岡山県公立小学校教諭 南惠介先生に、お話をお伺いしました。問いに対す…

発達障害、グレーゾーン、虐待…教室で気になる子への担任の対応9選

子どもたちの様子をよく観察してみてください。
元気のない子、笑顔の少ない子はいませんか? 
その原因は学校だけではなく、家庭にも起因しているかもしれません。…

支援12月号イメージ
グレーゾーンの子にも有効な自己肯定感を高める教師の声かけ術

不適切な行動を起こしやすい子は自己肯定感が低いという特徴が多くみられます。特に支援が必要な子どもには、自己肯定感を高めることが重要となってきます。その指導行為は…

特別支援の先駆者が解説:グレーゾーンの子への教育虐待3つのケース

発達障害におけるグレーゾーンの子について、保護者との会話や保護者会などで、子どもの意思や実力に合わない目標設定をしている、度がすぎた保護者の意見をきくことはあり…

小学校一年生の荒れ:教室での暴言、暴力には個と集団への視点でケアを

小学校一年生の子どもの教室での暴言や暴力。要員の一つには、保育園や幼稚園時代と違い、自由にやりたいことができない環境に我慢の限界が来てしまってのことということが…

愛着障害
臨床心理士がやさしく解説:発達障害と間違いやすい愛着障害

教室の気になる子の中で、発達障害の対応では、なかなかうまくいかない子はいませんか? NPO法人えじそんくらぶ代表で臨床心理士の高山恵子さんは、そんな時は、「虐待…

支援・環境調整
発達障害グレーゾーンの子も教室で安心できる担任の対応とは

通常学級にいる、発達障害におけるグレーゾーンが疑われる子どもたち。そんな子どもたちにとっても、教室が安心できる場所になるために教師ができることとは何でしょうか?…

小学生女子の生理:発達障害を持つ子への支援法【臨床心理士が解説】

小学校高学年女子は、月経などにより、心身の変調がおきやすい時期。女子の身体特性をはじめ、この時期の子供への理解に必要なことや、発達障害を持つ子に対してもよりよい…

教室で起きる暴力・暴言トラブル:教師の正しい対応フローとは?

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

1 / 2ページ