9月の学級通信 作成例【小一】

小一の9月の学級通信の具体例を紹介します。

執筆/神奈川県公立小学校教諭・山本恭兵

水って気持ちいいね!

9月の学級通信 作成例【小一】
  • 子供の具体的な発言やエピソードを入れると、学級の様子が伝わりやすくなります。
  • まだ活動の様子を文章でうまく表現するのが難しい場合は、ふり返りカードの絵を載せると効果的です。
  • 学級の出来事だけを載せるのではなく、そこに込められた教師の思いやねらいを載せることで、保護者からの理解を得やすくなります。
  • 子供の名前が全員載っているか、所属する係は間違っていないか、確認をしましょう。

イラスト/佐藤雅枝

『教育技術 小一小二』2020年9月号より

【関連記事】
シリーズはこちら!
・授業で子どもが活発になる!先生必携、使える便利グッズ
・3密を避けた当番活動の工夫
・低学年9月の教室環境のポイント
・夏休み明け指導のポイントと活動アイデア
・9月の学級通信 作成例【小一】
・密を避けつつみんながつながる授業づくりの工夫
・ICTも使って感染対策も万全に! コロナ下での夏休み作品展
・夏休み明けの衛生指導に取り組もう
・二学期は学級目標を見直そう
・9月の低学年担任の実務
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

学級経営の記事一覧

雑誌最新号