• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

〈学校レポート〉「いじめのない学校づくり」に取り組む

2019/6/8

「いじめのない学校づくり」を目標に掲げ、教員、児童、PTA、地域が一丸となって取り組み、着実に成果を上げている、神奈川県横浜市立白幡小学校。地域で子どもを育て、守っていくためには、どのような考えと取り組みが必要なのか、鈴木秀一校長、北原理絵PTA会長、藤川優・元PTA会長、横田竜一後援会会長にお話を聞きました。

藤川優・元PTA 会長、鈴木秀一校長、北原理絵PTA 会長、横田竜一後援会会長
写真左から、藤川優・元PTA 会長、鈴木秀一校長、北原理絵PTA 会長、横田竜一後援会会長。

子どもが主体的に考え行動するいじめ防止プログラム

いじめ防止対策を講じる上で、その組織づくりは重要ポイントの一つ。白幡小学校では子どもたちによる活動が、その組織の一翼を担っています。

「我が校の特色ある取り組みの一つが、5年前にいじめをなくすために立ち上げた『サーチ委員会』です。安心な学校生活をテーマに、5・6年生の児童が活動しています。昨年度は、誰もが安心して学校生活を送ることができるように、学校に相談ポストを設置し、子どもたちがそこに日々の困りごとを投函する取り組みを行いました。毎年、年度の目標やテーマを設定し、いじめ防止を含めた安心な学校生活のための取り組みを、自主的に考え行動しています」(鈴木校長)

サーチ委員会で話し合われた内容が各クラスに落とし込まれ、いじめ防止について深く考える活動が行われます。

また、サーチ委員会に3・4年生が加わって、年2回行われるのが「白幡安心安全対策委員会」。ここにPTA役員も加わり、より精度の高い取り組みを構築していきます。

一般的に「いじめ防止対策委員会」は大人だけで組織されますが、いちばん現場に近い子ども主体で行うことで大人では把握できない情報をキャッチでき、未然防止につながっています。

「我が校では、子どもたちに主体性を持たせるアクティブ・ラーニングの授業を行っています。ですから、このサーチ委員会の活動も、子どもたちは日常のものとしてとらえていると思います。活動の中で、さまざまな意見が出ることもありますが、児童間で解決されていくことがほとんどです。1年生のときから、主体性を持つことをめざした授業を受けており、その学習で培われたスキルが、学級運営や学校運営をしていく中で生かされているのではないかと思います」(横田後援会会長)

カウンセラーでなく教師が個人面談し、問題の芽を早期に摘み取る

主体性を身につけ、いじめ防止対策をその身で実践している子どもたち。そして教師たちも、日々取り組みを欠かしません。

「年間計画に沿って取り組みますが、何か問題があれば教師は臨機応変に対応します。通常どこの学校でも行われている情報交換や児童支援委員会での支援会議などが基本ですが、その中で特徴的なものは、7月と12月に行う児童面談です。児童一人ひとりと面談を行い、日常では言えないようなことを教師に話してもらいます。その後、保護者とも個人面談し、問題があれば解決のための取り組みを行います。その面談の前には子どもに生活意識調査(アンケート)を実施します」(鈴木校長)

通常、子どもとの面談はスクールカウンセラーなど教師ではない職員が行いますが、白幡小では教師が行います。日々の見取りができる教師が行えば、いじめの芽を早期に摘み取ることも可能です。そして、面談も含め、教師たちは「傾聴・共感・受容」を基本とし、行動しています。そして、新年度のスタートである4月には、全職員が参加する職員研修会を開催しています。

「新年度の稼働初日に行っているのが職員研修会です。年間を通じて、子どもたちに共通して指導することを伝えます。安心・安全な学校生活のためにという理念のもとに行っており、その中にはいじめ・悩みの早期発見のための項目もあります。ここで共通認識を持っておくことで、問題に迅速に対応することができるようになります」(鈴木校長)

さらに、夏休みには講師を招いて人権研修も実施しており、いじめ防止のための職員の研修は最低でも年2回は行っています。

いじめ防止イベント「ピンクシャツデー」とは

同校では校内での取り組みだけでなく、外部との連携にも力を入れていて、いじめや人権に関する取り組みも、学校と地域の力の両輪で成り立っているといいます。

その連携の一環として行われたのが、今年2月13日に開催されたいじめ撲滅のためのイベント「ピンクシャツデー」です。ピンクシャツデーはカナダ発祥の催し。ピンクのシャツを着て登校した男子生徒がホモセクシュアルとからかわれ、いじめに発展。それを知った上級生たちがピンクのシャツや小物を身につけることによって、次第にいじめはなくなっていったということです。イベントを担当した北原PTA会長はこう話します。

「いじめにつながりかねない『差別や偏見』について、いま一度向き合ってもらうことが目的のイベントです。このイベントは『ピンクシャツデー2019 in 神奈川』の催しの一つとして開催されました。当日は多くの子どもたちがピンクのものを身につけて登校してくれました。そしてそのイベントに子どもたちが入り込みやすくするための仕掛けとして、横浜市を中心に活動しているアーティストの『N. U.(エヌユー)』さんに、キャンペーンソングを体育館で披露してもらいました」

アーティスト自らのいじめに関するエピソードも交えられ、メッセージ性が高いイベントとなりました。

「ただのイベントで終わらせたくない思いがあり、サーチ委員会の活動の総まとめとして、全児童が考えるきっかけとなるイベントにするということをポイントとしました。そして、子どもたちが今回のイベントで考えたことをアウトプットすることも必要だと感じました。そこでイベント後は、子どもたちがイベントを通じて気づいたことをしたためた手紙をN. U.さんにお渡ししました。そこには『歌の歌詞を通じて、いじめが卑怯なことだと気づけた』『いじめにつながるような振る舞いを目撃したら、無関心にならず、そこにかかわっていきたい』など、さまざまな気づきと意思が記されていました。手紙を書くことでいじめに対しての振り返りができていたと思います」(北原PTA会長)

体育館で行われた「ピンクシャツデー」イベントのアーティストライブ。
子どもたちは音だけでなく、いじめ防止を訴えるその歌詞にも共感した。

肌色をテーマにした授業で「個性とは何か」を考える

昨年度、外部と連携して行われた取り組みには、企業とのコラボレーション授業もありました。元PTA会長である藤川氏が担当したのは資生堂との「肌色クレヨン」。

「資生堂に勤務していた頃、当時の経営者が政府の教育再生会議の委員を務めており、CSR(企業の社会的責任)としての教育への関与が論じられていました。その流れから、昨年7月に資生堂ならではの『肌色』をテーマにした授業プログラム『マイクレヨンプロジェクト』を実施していただけることになりました」(藤川元PTA会長)

教育再生会議の中では、いじめに関しての議題も上がっており、個性がいじめの原因にもなりうるということを知りました。そこで人の個性とそれを認め合う大切さを学ぶ機会を、白幡小と資生堂が「肌色」に着目した授業としてつくり上げたのです。

「授業では、『肌色』には違いがあることが説明されました。以前はクレヨンに『肌色』がありましたが、今はありません。これは人種もそうですが、個人的なレベルで肌の色が薄かったり、濃かったりすることがあるからです。自他を尊重し、個性を認め合える心を育むことがポイントですから、資生堂の肌にかかわる知識や技術が活用できました。グルーピングした子どもたちの代表の肌色を測定・分析、同じような肌色でも、一つとして同じ色がないことを理解しました。それぞれが個性であり、『肌色』が差別の原因にもなることはおかしい、と学びました」(藤川元PTA会長)

この授業は内容がユニークであるだけでなく、道徳や図工、社会や総合的な学習の時間など、先生の取り組み方により教科等横断的な学びが実現できるところも特徴の一つとなっています。

「2年間、不登校児童ゼロ」を達成!

こういった「いじめのない学校づくり」をめざす取り組みは、結果にも表れました。

「一昨年度、昨年度と学校に登校できない児童はいませんでした。この結果から考えると、子どもたちは落ち着き安心して登校できているのではないかと思います」(鈴木校長)

白幡小は、常に課題を把握し、子どもたちのためによりよい学校づくりのために取り組み続けている。最後に鈴木校長は次のように話してくれました。

「他者を理解し、個性を認め合えることがこれからの課題です。肌の色や趣味や考え方はみんな違っていて、同じではありません。でも『みんな違ってみんないい』ということを、子どもたちが身をもって理解できるように、今後も『ピンクシャツデー』イベントや『肌色クレヨン』など、外部と連携したさまざまな取り組みを続けていきたいと思います」

取材・文/三上浩樹(カラビナ)
『総合教育技術』2019年6月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『先生の教養』の記事一覧

前田裕二
メモの達人が伝授!子供の学びを加速する効果的なメモの使い方

誰でも簡単に生配信できる仮想ライブ空間サービス「SHOWROOM」を生み出した前田裕二氏。自他ともに認める「メモ魔」であり、著書『メモの魔力』(幻冬舎)は大ヒッ…

横浜国立大学教職大学院・名執教授
これからの特別支援教育に向けた教師の心がけとは

学習指導要領の改訂を受けて、教師は特別支援教育についてどのように考え、指導に生かしていく必要があるのでしょうか。特別支援学校の校長を務めた経験をもち、インクルー…

スマホ
授業、仕事効率化に!モバイル・アプリ活用術14【♯三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

「子どものころのたからもの」大野八生さん(絵本作家)

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに…

2020/1/17

2019年11月学級イラストダウロード
学級通信に!教室掲示に!学級イラストダウンロード 教育技術小五小六2月号読者限定

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

「キレる年寄り」にキレない技術…学校・家庭で使えるアンガーマネジメントとは

高齢化社会が進む中でも、多様な年齢層の人たちとよりよい関係を築きながら暮らしていきたいものです。しかし現実は、世代間ギャップからの相互理解の難しさを通してトゲト…

2020/1/15

Society5.0の時代に向けて学校教育は今、変革期を迎えている

最近、あちこちで使われているSociety5.0という言葉。未来社会を意味するこの言葉は、実は学校教育に深くかかわってくるキーワードであり、学校教育は今、変革を…

2020/1/14

休み明け児童の異変に「虐待かも」と感じたらすぐすべきこと

休み明け、元気がない、提出物が出されない、体に傷がある・・・など、「虐待かもしれない」と疑いを持ったときに、担任はどうしたらよいのでしょうか? 専門家に、担任と…

チームとしての学校:保護者との関係づくりの要諦とは?

これからの学校の在り方として示されている「チームとしての学校」、そして新学習指導要領の理念である「社会に開かれた教育課程」を実現していくには、家庭や地域社会との…

2019/12/19

犯罪から子どもたちを守る!学級担任のための防犯指導のイロハ

各地の小学校で起こり続ける事件や事故。もし万が一自らの学校に降りかかった場合、学級担任はどのような対応をすべきなのか。ここでは、防犯のポイントについて具体的に解…

2019/12/16

もっと見る