話題の校長、桜丘中・西郷先生が「校則をなくした」真の意図とは?

特集
学校管理職の必読記事まとめ:チームビルディング術とリーダーの教養

公立中学校で校則や定期テストを廃止したことが話題になり、各種メディアで大きく取りあげられた東京都世田谷区立桜丘中学校。校長の西郷孝彦先生が執筆した本『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』が発刊され、ベストセラー本になっています(2019年11月)。自由な発想で学校改革に取り組む桜丘中学校の教育ビジョンについて、西郷先生にお話を伺いました。

西郷孝彦校長
校長室の前は、廊下で勉強する生徒、相談に来る生徒でいつも賑やかな桜丘中学校

生徒が3年間楽しく過ごせる学校をめざして

―新著『校則なくした中学校』で伝えたいこと教えてください。

西郷 現在いろいろな学校で学校改革が行われていますが、子どもを中心に改革を考えると桜丘中のような学校になるということを伝えたいですね。

桜丘中の目標はただ一つ、「すべての子どもたちが3年間を楽しく過ごせること」。子どもたちが自ら考え、導き出した「やりたいこと」を実現させるために、私たち教員はサポートを惜しまずやってきました。そうしてたどり着いたのが、校則や定期テストの廃止、服装の自由化など、中学校では当たり前とされることからの解放だったのです。

―校則を廃止した意図はどのようなものでしょうか?

西郷 まず、不合理と思われる校則を少しずつなくしてきました。

例えば、発達障害の子たちの中には、校則が原因で不登校になってしまう子がいることがわかりました。制服を着ることが校則にあると、着るのがつらい子は不登校になるしかありません。そこで制服を着なくてもよいということにしたのです。

「理論ありき」ではなく、目の前の子どもの特性を踏まえながら、必要のあるものは導入し、必要のないものを減らしていった結果、4年前に校則は廃止しました。校則がなくなったことで、学校が荒れるどころか子どもたちはイキイキとしてきました。

西郷孝彦校長
西郷孝彦校長

共通の価値観を押しつける教育が子どもをダメにする

例えば、友達とトラブルがあり、不登校になった子どものケース。その子は優等生だったのですが、友達から「真面目」と言われることがとても嫌だったのです。校則がなくなり、その子は髪の毛を染めて登校するようになりました。彼女にとって、髪の毛を染めることは、友達に対する「私は真面目な子ではない」「あなたたちから独立したよ」という意思表明だったのです。

―周りから見て荒れている学校とは思われることはないのでしょうか?

西郷 そもそも、周囲の評判ばかり気にして、子どものことを考えていないような学校のほうが問題です。とくに小学校の先生方は、外部の目を気にしがちですよね。ある意味それはしかたがありません。システムとして担任が全教科を見なければならず、クラスの責任者は担任です。だからいつも外部の人から自分のクラスがどう見られているか気にしたり、他のクラスと比較してしまうのです。そして「みんなと同じようにしなさい。みんなと同じようにできない子や、先生の言うこと聞かない子は悪い子です」という指導をしてしまうのです。

しかし、全員が同じように行動する必要があるのでしょうか? 集団に入れなくても、みんなと一緒に行動できなくてもよいのです。わざわざ共通の目標をつくり、それを守ることが正しいという価値観を押し付けようとするから、不登校の子が30万人にもなるのです。

一人ひとりの子どもを見て、その子のためにどうしたらよいかを、全体や組織として考えるのではなく、その子に当てはめて考えることが、教育者として重要だと思っています。

校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール
著/西郷孝彦
定価:本体1400円+税/小学館
試し読みはこちら

取材/大和信治、椎名愛、杷野真弓(EDUPEDIA) 撮影/編集部 構成/出浦文絵

『教育技術』2019年1月号より

●このインタビューの関連記事はウェブサイト「EDUPEDIA」でも配信します。あわせてお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

働き方の知恵の記事一覧

雑誌最新号