小4社会「自然災害から人々を守る活動」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校教諭・小野優
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

自然災害から人々を守る活動について、過去に発生した地域の自然災害、関係機関の協力などに着目して、聞き取り調査や資料を通して調べ、災害から人々を守る活動の働きを考え、地域の関係機関や人々は、自然災害に対し、さまざまな協力をして対処してきたことや、災害に対しさまざまな備えをしていることを理解できるようにする。

学習の流れ(11時間扱い)

小4社会「自然災害から人々を守る活動」指導アイデア
イラストAC

問題をつくる(2時間)

○ 埼玉県の自然災害を概観し、台風の被害を過去と現代とで比べ、学習問題をつくる。

<学習問題>
風水害から暮らしを守るために、誰がどのような取組をしているのだろうか。

追究する(5時間)

○ 家庭で取り組んでいる防災対策について調べる。
○ 学校や地域が取り組んでいる防災対策を調べる。
○ 市や県が行っている防災対策や市や県と住民がどのように協力して防災に取り組んでいるかを調べる。

まとめる(2時間)

○ 風水害から暮らしを守るために、家庭、市や県、地域がどのような取組をしているかをまとめる。

生かす(2時間)

○ 風水害に備えて、自分たちにできることについて考え、話し合う。

導入の工夫

過去の台風の被害と現代の台風の被害を比較することで、被害が減っていることに気付くようにし、疑問を基に学習問題をつくるようにします。

第1時

埼玉県ではこれまでどのような自然災害が起こってきたのか見てみましょう。

雪害・風水害

埼玉県でも雪の被害はあるんだね。

台風の被害は多いよね。学校が水浸しになっていたりするもの。

地震災害・竜巻

僕らはまだ小さかったけど、東日本大震災は埼玉県にも大きな被害が出たと聞いたことがあるよ。

何年か前に埼玉県の越谷市で竜巻が起きたよね。学校のガラスが粉々に割れていたよ。

今も昔も多く被害を受けているのが台風の被害です。
過去の被害と現代の被害を比べてみましょう。

過去と現代の被害の比較

どちらの台風もとても大きな被害を与えたことが分かるね。2019年の台風で被害が少なかったのは、何か理由があるのかな?

学習問題
風水害からくらしを守るために、だれがどのような取組をしているのだろうか。

問題をつくる(1/ 11時間)

埼玉県で発生した災害の種類と被害の様子を概観し、風水害への備えに着目し、疑問を出し合います。

生かす(10・11/11時間)

学習したことを基に風水害に備え、自分たちにできることを考えます。

話合い活動の工夫

実際の行動場面を想定し、自分たちにできる自然災害への備えについて学習したことを基にして考えられるようにします。

第10・11時

災害時にはいろいろな状況が予想されます。それぞれの場面で自分たちがどのような行動をとればよいのか、理由と一緒に考えてみましょう。

台風の勢いが強くなってきた時にすぐに避難すべきか

僕は、「はい」だね。できるだけ速く行動するほうが助かるはずだよ。

私は、「いいえ」です。まずはニュースやラジオで情報を整理して、これからどのような行動をとるかを考えたり、防災グッズを確認したりします。

川の水位が高くなってきた時に実際に見に行くか

私は、「はい」です。災害のときには正しい情報が必要になるので、自分の目で確かめたほうがいいと思います。

僕は、「いいえ」だね。川に近付いて、もし増水に巻き込まれたら大変だよ。避難するときも、川には近寄らないほうがいいと思うよ。

実際の指導に当たっては、過去に地域が経験している災害を取り上げることで、時間ごとの雨量や被害の規模についても提示でき、より子供が現実感をもって災害への備えを考えることができます。また、各自治体では小学生でも取り組める災害シミュレーションゲームなどを貸し出していますので、実態に応じて活用することも有効です。

単元づくりのポイント

自然災害については、地震災害、津波災害、風水害、火山災害、雪害などの中から、過去に県内で発生したものを選択して取り上げることとされています。導入では、地域が経験している大きな災害などを想起させるとよいでしょう。その際は、被害を受けた人々の心情やプライバシーなどに留意する必要があります。

単元の学習をまとめる際は、「自助」「共助」「公助」に触れ、それぞれの立場での防災についてまとめるとよいでしょう。実際の災害時には自分たちがすぐにできる「自助」や「共助」が大切であることに気付かせ、自分たちにできる防災への備えは何かを考えさせましょう。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年7/8月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号