小1体育「ゲーム(鬼遊び)」指導のポイント

関連タグ

執筆/熊本県公立小学校教諭・藤本祥太
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、熊本県公立小学校教頭・村上剛史

小1体育「ゲーム(鬼遊び)」指導のポイント

授業づくりのポイント

鬼遊びは、一定の区域で逃げたり、追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。身近な遊びにもつながりやすいことから、区域や用具などを工夫した簡単な規則の鬼遊びを楽しく行いながら、逃げたり、追いかけたり、素早い動きを身に付けることができるようにしましょう。

さらには、友達と一緒に活動に取り組みながら、たくさん体を動かしたり簡単な攻め方を考えたりして、できるようになった喜びを全ての子どもが味わえるようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

※前半は様々な鬼遊びを行いながら楽しさに触れ、後半は攻めと守りのある運動など、グループで楽しむことを想定しています。

楽しむ① いろいろな「鬼遊び」で楽しもう

鬼遊びでは、安全面に対する注意事項を伝えたり、走る方向などの場の設定をしたりすることが重要となります。

その上で単元前半では、簡単な規則の鬼遊びを複数取り入れることで楽しみながら活動を進められるようにし、鬼から逃げたり相手を捕まえたりする素早い動きを数多く経験できるようにします。

また、規則や場に少しの変化を加えつつ短時間で行っていくことが、子どもの「やってみたい」という意欲を引き出すポイントです。

心と体の準備をしよう

ねことねずみ

ねことねずみ

•線を挟んで向かい合って立つ。
•じゃんけんをして、勝ったほうはねずみになって後方へ逃げ、負けたほうはねことなってねずみを追いかける。
•後方の線に着く前にタッチできたらねこの勝ち。


おはじきおに

おはじきおに

•二人組で座る。走って逃げている人が座って三人組になると、反対側の人が今度は逃げる人になる。
•鬼が走っている人にタッチしたら鬼交代。


いろいろな動きで「鬼遊び」を楽しもう

ひとりおに

ひとりおに

•逃げる範囲を決め、鬼は追いかけて、逃げている人にタッチしたら鬼交代。
•時間終了時に鬼の人の負け。


手つなぎおに

手つなぎおに

•鬼を3人程決める。
•範囲内で、鬼が逃げている人にタッチすると、タッチされた人も鬼となり、鬼と手をつなぐ。(4人になったら分かれる規則も可)


しっぽとり(全員対抗)

しっぽとり(全員対抗)

•2チームに分かれる。
•相手チームのしっぽを取り合い、制限時間内に多く取ったチームの勝ち。(取られた人も取ることができる)


こおりおに

こおりおに

•範囲内を逃げ、鬼からタッチされたら動くことができなくなる。
•逃げている人が足の間をくぐってくれたら、復活して逃げることができる。


ことろことろ

ことろことろ

• 4人が一列になり肩に手を置く。
•鬼は一番後ろの子にタッチできたら勝ち。子の手が離れても鬼の勝ち。タッチされた人が次の鬼となり、子は後方へ1つずれる。

【苦手な子、意欲的でない子への配慮】
○ペープサートなどで提示して説明する。
○鬼の数を増やしたり、鬼交代の時間を短くしたり、休憩所(安全地帯)を設けたりする。

楽しむ② いろいろな「鬼遊び」をグループで楽しもう

単元後半は、グループを組んで行う鬼遊びを行います。グループの仲間と相談し、協力し合うことが重要となってきます。追いかけたり逃げたりする技能面と合わせて、友達と簡単な攻め方を決めて楽しめるような言葉がけを行うことも大切です。

グループで簡単な作戦を選ぶ活動を取り入れながらゲームに取り組むことで、うまくいった時に喜び合ったり、失敗した時に励まし合ったりすることができる人間関係を深めることもできるでしょう。

簡単な攻め方を工夫して、グループで楽しもう!

十字おに

十字おに

フラッグ(しっぽ)を取られずに、3周走ることができたね!

•四角の中に、十字の線(幅2m程)を引く。
•守りを3人ずつの交代制にするなど、攻め側が有利となるようにしてもよい。
•攻めチームは、フラッグを2本付け、4つの島をぐるぐると回りながら渡っていく。
•鬼は、その十字の線の中のみ動くことができ、攻めチームのフラッグを取る。
•攻めチームは1本でもフラッグを取られたら最初からやり直し。
•鬼からフラッグを取られずに、3周することができたらクリア! 制限時間内に、チームの何人がクリアできるかを競う。


宝とりおに

宝とりおに

空いている場所を見付けて素早く走り抜けよう!

•攻めチームはフラッグ(しっぽ)を2本付け、鬼に取られないように鬼ゾーンを通り抜け、ゴールラインを目指す。
•フラッグが1本でも残っていた場合は宝(お手玉)を取ることができるが、2本とも取られた場合は、スタート地点からやり直し。
•宝(1点または3点)を取ったら箱に入れる。
•守りは、相手のフラッグを取ったら「フラッグ入れ」へ入れにいく(1点)。
•ゲーム時間は5分程度とし、時間となったら攻守交代。得点が多いチームの勝ち。


宝はこびおに

宝はこびおに

•攻めが有利となるようにする。(上図では、5対3)
•攻めチームは1人1つのボールを持ち、フラッグを付ける。
•フラッグを取られないようにして鬼ゾーンを通り抜けてボールを得点ゾーンへ運ぶ。
•途中でフラッグを取られたらスタートからやり直し、得点ゾーンへ運んだらスタートに外側を通って戻ってきて、新しい宝(ボール)を持ってスタートする。時間となったら攻守交代し、時間内にたくさんのボールを運んだチームの勝ち。

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小一小二』2020年3月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号