小6理科「水溶液の性質」指導アイデア

関連タグ

執筆/大阪府公立小学校指導教諭・坂田紘子
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、大阪府公立小学校校長・細川克寿

小6理科「水溶液の性質」指導アイデア
イラストAC

単元のねらい

水に溶けている物に着目して、それらによる水溶液の性質や働きの違いを多面的に調べる活動を通して、水溶液の性質や働きについての理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主により妥当な考えをつくりだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ (三次 総時数 12時間)

◆一次 水溶液に溶けている物(5時間)

① 身の回りにはどんな水溶液があるのか、これまでの経験や学習から話し合う。

子供が主体的に問題解決に取り組むためには、解決したい問題が生まれる事象との出合いが大切です。そのために、子供たちの認識とのズレが生じる事象に出合わせることが考えられます。5年生での学習経験から、水溶液を蒸発させれば溶けている物が出てくるだろうと思っていたのに、何も出てこない事象に出合うことで、問題意識をもつことができるようにしましょう。

② 水溶液(炭酸水、食塩水、薄い水酸化ナトリウム水溶液、薄い塩酸など)には何が溶けているのか、蒸発させたり、気体を集めたりして調べる。

どれも透明で見た目は同じだけれど、においが違うからそれぞれ違う水溶液だね。

5年生の学習では、食塩水やミョウバン水は蒸発させたら、溶けている物が出てきたよ。

本単元は「粒子」を柱とする領域に位置付けられており、子供が自然事象を主に「質的・実体的」といった見方を働かせて追究することが大切です。具体的には、においの違いやリトマス紙の反応の違いから「質的」な違いを捉えようとしたり、見た目にはわからない水溶液に溶けている物や、溶けた金属を「実体的」に捉えようとしたりすることです。

蒸発させても何も出てこなかった水溶液(炭酸水や塩酸)は、何かの気体が溶けているのかな。

③ 炭酸水に溶けている物を調べたり、二酸化炭素を水に溶かしたりする。

◆二次 水溶液の仲間分け(2時間)

① リトマス紙を使って、水溶液を仲間分けする。

◆三次 水溶液と金属(5時間)

① 金属(鉄、アルミニウムなど)に水溶液を加え、金属が変化するか様子を比べる。
② 溶けた金属はどうなるのかを調べる。【活動アイディア例】

より妥当な考えをつくりだす力を育成するには、「多面的に考える」ことが大切です。本単元では、水溶液に溶けている物は気体か固体か、酸性かアルカリ性か、金属を溶かすことができるかなど、様々な側面から考えることで、水溶液をより的確に捉えることになります。

単元の終わりに期待される振り返り

水溶液はみんな同じように見えるけれど、それぞれの性質に合わせて気を付けて使わないといけないね。目に見えないけれど、危険なものもたくさんあるね。

水溶液の性質をうまく利用して、物を溶かしたり汚れを落としたりすることで、私たちの生活に役立っていることがたくさんあるんだね。

実験に使った水溶液は、水道に流さずに容器に回収していたね。普段の生活の中でも使った洗剤や水溶液が流れていくことで、環境への影響を考えないといけないね。

授業の展開例

これまでに学習してきた金属の性質を使って調べたり、様々な実験方法で確かめたりしながら、多面的に調べるようにし、水溶液と金属の関係についてより妥当な考えをつくりだし、表現できるようにしましょう。

自然事象への関わり(三次①の場面)

泡を出して溶けていたね。

溶けて見えなくなったね。

塩酸とアルミニウムを溶かした時の変化

モデル図の活用
溶けた金属はどうなったのか、現象を自分なりに表現する方法として、金属の変化を視覚的に捉えることができるようにモデル図で描きます。これを活用して、予想を交流させます。
また、実験後に図を修正することで、自分の考えの変容を捉えることができます。

問題 塩酸に溶けた金属は、どうなるのだろうか。(三次②の場面)

予想

泡が出ていたから、気体になって出ていったんじゃないかな。

食塩が溶けるときと同じように、小さくなって溶け込んでいると思う。

液の中にはあるけど、混じって何か別の物に変化したと思う。

解決方法の立案と結果の見通し

鉄を溶かした時の変化

観察、実験 結果

蒸発皿に残った鉄・アルミニウムの性質

実験方法の可視化
実験方法を話し合い、どのような結果なら何が言えるのかを、フローチャート図で整理して結果の見通しをもつことができるようにする。

考察

元の金属と色や溶け方が違うから、別の物になったと言えるね。

見た目が変わっただけじゃなくて、性質も変わったみたいだね。

結論
塩酸に溶けた鉄やアルミニウムは別の物に変化する。水溶液には金属を別の物に変化させるものがある。

実験する女の子

日常生活との関連を図るためのポイント!

本単元では、塩酸や水酸化ナトリウム水溶液、アンモニア水などを使うことが多いと考えられます。しかし、それらの薬品はどのようなところで使われているのでしょうか。洗剤の成分表示を見せたり、使われている場面を紹介したりして、理科の学習で使う薬品でとどまることのないようにしましょう。

また、酸性かアルカリ性かの仲間分けは、身の回りの様々な水溶液(雨水、果物の汁、調味料、洗剤など) で試してみたくなるはずです。子供たちが気になったことを追究する時間を設けることで、規則性を見つけたり、それぞれの性質について考えたりして、それまでの学びや経験を結び付けることができるでしょう。紅茶にレモンを入れると色が変わること、アサガオの色水に石鹸水を加えると色が変わること、雨に当たった部分だけ花びらの色が変わっている花などは、手軽に見せることができます。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小五小六』2020年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号