小6国語「ヒロシマのうた」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ヒロシマのうた」他 東京書籍

指導事項:C読むこと エ オ
言語活動:エ

執筆/千葉大学教育学部附属小学校教諭・時田裕
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈 千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

小6国語「ヒロシマのうた」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、「ヒロシマのうた」とそれに関連する本を読み、読んでほしい本を推薦する活動を行います。複数の本を比較しながら読むことで、「あの本は物哀しい結末だったのに、この本は明るい未来を感じる終わり方だ」など、自分の考えが生まれます。

また、推薦の際に引用したり推薦文を考えたりすることは、本文の優れた叙述について考えることに結び付きます。

②言語活動とその特徴

戦争や平和に関する本を推薦することを活動のゴールとして位置付けています。単元の早い段階から、個人が選んだ本について推薦活動を始めることも可能ですが、そうすると、選んだ本の特徴に合わせて、一人ひとりに違う指導を行う必要が生まれます。

そこで、「ヒロシマのうた」の推薦カードを教師が作成して示すことで、推薦カードに書くべき事柄を理解させ、次に、子供が選んだ本について推薦カードを書きます。

「ヒロシマのうた」は、行動が中心となって書かれており、登場人物の心情が描かれていない場面もあります。こうした場面について発問することで、登場人物の心情を考える学習も可能です。

単元の展開(9時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

■単元の見通しをもつ
→アイデア1

①戦争や平和について書かれた本を読み、選んだ本について推薦カードを書くという活動の最終ゴールを知る。「ヒロシマのうた」の範読を聞き、感想を記述する。

②本単元に関係する図書の一覧と読書記録を配付し、読書を始める(必要に応じて、読み聞かせなどを行う)。読書は単元を通して、空いた時間などに取り組むように伝える。

第二次(3~5時)

■「ヒロシマのうた」について学習する

③④「ヒロシマのうた」の感想をまとめた用紙を子供に配付し、共有したり、疑問点について話し合ったりする。登場人物の心情を書き入れた人物関係図を作る。
→アイデア2

⑤「ヒロシマのうた」の最終場面での「わたし」の心情を考え、結末の描かれ方の妥当性を話し合う。教師が作成した「ヒロシマのうた」の推薦カードを子供に提示する。
→アイデア3

第三次(6~9時)

■推薦活動を行う

⑥戦争や平和について書かれた本の読書を行い、推薦する本選びを始める。

⑦⑧推薦する本を決め、カードを作る。

⑨推薦カードを用いて、推薦し合う。

アイデア1 いつでも関連読書が手に取れるようにする

戦争をテーマにした本の学習では、戦争の悲惨さや平和などをテーマとすることが多いでしょう。しかし、これらについて考えるのであれば、「ヒロシマのうた」のような教材ではなく、戦場カメラマンの撮影した写真などの方が、子供たちにはストレートに伝わります。

いつでも関連読書が手に取れるようにする

戦争を舞台にした物語では、戦争という特殊な状況における物語の結末の描かれ方や人間関係、心情などについて考えることが大切だと考えます。読書活動には、時間を要します。そこで「ヒロシマのうた」を学習した後に読書を行うのではなく、一次の段階から本を読むとよいでしょう。

子供が読書に前向きになれない場合、本の冒頭だけを読み聞かせる、先生自身が本を読んで子供と感想を会話する、読書記録を提出させてコメントを書く、一緒に音読するなどの手立てが考えられます。

読書を楽しむ雰囲気が少しつくられてくると、子供たちの間に本に関連する会話が生まれるはずです。

アイデア2 登場人物の心情入りの人物関係図を作る

人気の『スターウォーズ』シリーズのノベライズ本やスピンオフ小説などでは、よく登場人物同士の人物関係図が載せられています。人物関係図を書くことは、言語生活に近い活動と言えます。

子供たちが普段、読んでいる本の人物関係図を例に挙げ、「ヒロシマのうた」の人物関係図を書くように投げかけます。

▼「ヒロシマのうた」の人物関係図

「ヒロシマのうた」の人物関係図
クリックすると別ウィンドウで開きます

吹き出しの中には、登場人物同士がどう思っているのかを書くことで、それぞれの登場人物の心情を考えることができる。

心情について考えさせるために、「お互いに対する思いを書こう」などの、声かけを行ってもよいでしょう。もし、子供の中から「わたしとヒロ子は2回会っているが、どのように書き分ければよいか」というような質問が出たとしたら、場面によって登場人物の心情が変化していることに触れるチャンスだからです。

アイデア3 物語を引用して推薦カードを作る

日常生活では、例えば映画やドラマの粗筋を説明されても、興味をもつことは少なく、「感動的だった」「結末が最高!」などといった感想に、私たちは反応する場合がほとんどです。

子供たちの推薦活動についても同じことが言え、粗筋に他の子供が興味をもつことは少ないのです。推薦カードには、物語の感想や自分の考えを書くとよいでし
ょう。

また、推薦カードで効果を発揮するのは、物語の引用です。引用することで、味わい深いカードになります。子供にとっても、引用箇所を見つけるというのは、物語の中の優れた叙述を見つけることに結び付きます。

推薦カードが完成したら、読み合う時間を設けます。推薦カードを掲示し、本を並べる方法もありますが、他人の推薦した本を手に取ることは稀です。カードと本を持ち、2~3人で、カードを使って本を推薦し合い、本を交換して実際に読み
合う時間を設けます。

自分が推薦した本を手に取ってもらえる機会は滅多にないため、子供たちの達成感につながるでしょう。

【参考】奥山恵「作品の中の『戦争』」日本児童文学者協会編『日本児童文学』1992・3 P76-79

イラスト/畠山きょうこ

『教育技術 小五小六』2019年12月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号