• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

組体操の練習 待たせない指導が大事

2019/5/9

運動会の練習は、大型連休明けや夏休み明けなど、子どもの生活が学校生活のリズムに戻っていないときに行うことが多いです。時期を考慮して、「順番を覚えるのは、特別教室で行う」というように緩急をつけた練習をするなど、工夫した練習計画を立てましょう。

組体操メイン
写真/北村瑞斗

よくある“待たせてしまう場面”

組体操の練習は技指導に加え、全体でタイミングを合わせたり、技の順序を覚えたりと、行うことがたくさんあります。しかし、指導の中で子どもを待たせてしまい、非効率的になってしまうことがあります。よくある“待たせてしまう場面”をあらかじめ心得ておくと、無駄な時間を削減することができます。

  • ≪子どもを待たせてしまう場面≫
    1 指導の打ち合わせをその場で行う
    2 全体の完成を待つ
    3 長い時間、一つの技を行っている

1 指導の打ち合わせをその場で行う

技の成功率が低い、隊形がイメージと違う場合など、実際に子どもの様子を見て打ち合わせをしなければならないことがあります。いろいろな状況を想定して、事前に打ち合わせをしておけば短時間で確認できます。

ギガンティックスライド
4人技「ギガンティックスライド」  写真/北村瑞斗

2 全体の完成を待つ

全体で技を完成させるのを待ちたい気持ちはわかりますが、技ができない組を待っていると、早々に完成した組はずっと技を作ったままとなり、かえって安全ではありません。一つの技に取り組む時間を、あらかじめ決めておくことも大切です。

3D扉
6人技「3D扉」  写真/北村瑞斗

3 長い時間、一つの技を行っている

比較的簡単に取り組める技で気を付けたい点です。例えば、一人技は完成こそ難しくありませんが、美しさを求めるあまりいろいろとポイントを伝えてしまうことがあります。ブリッジや片手バランスを何十秒もし続けるのは容易ではありません。一つの技を組み立てている時間を、事前に設定しておきます。

大人数技「デコレーションピラミッド」  写真/北村瑞斗

技の作り方と指導法

技の作り方や指導法については、『教育技術 小五小六』2019年4月号・5月号でくわしく紹介しており、解説動画も用意されています。動画は、本誌記載のパスワードを入力することでご覧いただけます。指導に便利な「組体操組み立てカード」PDFもダウンロードできます。
詳しくはこちら。
(※4月号の組体操指導動画は、運動会ダンス動画と同じページで見られます)

指導/戸田克(川越市立公立小学校)、川野幸一(川越市立公立小学校)、栗原龍太(狭山市立公立小学校)、大澤利奈(川越市立公立小学校)、成田雅弥(狭山市立公立小学校)

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

もっと見る