• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

英語でも辞書引き学習「知ってる言葉がこんなにあるんだ!」

2019/3/27

中部大学教授の深谷圭助先生が提唱し、全国に広まった「辞書引き学習」。付箋紙に調べた言葉を書いて辞書に貼っていくという作業を重ね、付箋で辞書がどんどん分厚くなっていき、それが一層、子どもたちの学習意欲を刺激するという、素晴らしい効果を上げている学習法です。英語学習にも同様に活かせるということで、新たに打ち出したの英語の辞書引き学習について、お話を伺いました。

中部大学教授 深谷 圭助 先生

海外で好評の英語辞書引きを日本でも

――英語で辞書引き学習を開発しようと思ったきっかけは何ですか?

深谷 2020年から、小学校高学年では英語が教科化されます。教科化にあたり、英語の読み書きも必要になるため、語彙力の指導にも注目が集まるでしょう。

私は1990年代から国語辞典を使った「辞書引き学習法」を開発し提唱してきました。8年前からは、海外の小学生にも辞書引き学習の紹介をすることが多くなったのですが、現地でも英語の辞典を使った実践の評価が高かったので、日本でも紹介したいと考えました。辞書を使って調べて単語を書くという活動とは違って、小学生にも十分取り組める学習法です。

貼り込まれた付箋で、辞書がこんなに!
英語の辞書引き学習には、罫線が入った専用の付箋がおすすめ

――「英語の辞書引き学習」のメリットは何ですか?

深谷 やり方はとてもシンプルで、「辞書を開いて知っている言葉を探す。その言葉を付箋に書き、辞書に貼る」というものです。小学生に英語の辞典は難しそうと思われがちですが、英語の読み書きに不慣れな子どもでも、辞書の中から自分の知っている単語を探し、付箋に書くことは、学びのハードルが低いので、あっという間にたくさんの単語を探し出します。どんどん付箋が増えると学びの蓄積が可視化されるため、満足感や達成感が得られるという点もモチベーションにつながるのでしょう。

発売されている専用付箋(ガイドブック付き)

実際に子どもに感想を聞くと、「英語の辞典にこんなに自分の知っている言葉があるとは思わなかった」「知っていると思っていた言葉に違った意味があって驚いた」と言う子がたくさんいます。

実は英語と日本語は極めて接点の多い言語であるという気付きが得られるのもメリットです。

まずは英語由来のカタカナ語からスタート

--小学生の低中学年に英語の辞書引きは、ハードルが高くはないでしょうか。

深谷 英語の辞書引き学習では、英語辞典から自分の知っている言葉を拾いだすことで、英語に親しむきっかけをつくることをねらいとしています。

なぜなら、子どもは自分の経験や自分の持っている知識からかけ離れたことには関心がありません。だからこそ、子どもが経験したことから学びを広げていくほうが効果が高いのです。

例えば、子どもが難しさを感じないよう、日本語になっている英語由来のカタカナ語からスタートする。その中から自分がすでに知っている語彙を探しつつ、英語の語彙の獲得を意識させるのです。語彙を獲得するということは、言語を獲得する上で必要不可欠なことです。

そういう意味でも、付箋を使って英語の辞典を読んでいく、調べていくことは大変重要な実践だと思います。

先生方の中には、英語の指導に不安を感じている人も多いと思います。しかし、辞書引き学習は教師や子どもの英語力は関係なく、子どもが自分のペースで自主的に学ぶ学習法です。短時間で切り上げられるので、授業の導入や朝の帯時間などに取り入れるのをお勧めしています。

公式ホームページ( http://eijisho.sgkm.jp )には、実践された先生方の声も掲載しているので、参考になるのではないでしょうか。


辞書引き 英語ふせんBOOK
(英語ふせん200枚+英語の辞書引きまるわかりガイド)
監修/深谷圭助・相田眞喜子 定価:500円+税/小学館
ISBN 978-4-09-941670-6
https://www.shogakukan.co.jp/books/09941670

辞書引き英語ふせんBOOK
「英語でも辞書引き!」公式HP http://eijisho.sgkm.jp

『教育技術』2019年1月号より

インタビュー/EDUPEDIA まとめ/出浦文絵
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

授業記事一覧

泳げない子でも自然と泳ぐ感覚が身に付く! 水泳授業のヒントに!「ダンススイミング」

足がつくプールで、シンクロナイズドスイミングやダンスなどの要素を取り入れたプログラムを行う「ダンススイミング」。泳げない子でも参加できる点や安全監視しやすい点、…

【学年・教科別指導計画】1年算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭  川原 雅彦編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一 福岡教育大学教授         清水 紀宏 目次 …

樋口万太郎先生

【スッキリ板書術】構造的板書で算数授業 ~「小数のわり算」「小数のかけ算」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口万太郎先生…

樋口綾香先生

【スッキリ板書術】構造的板書で国語授業~「動物の体と気候」「なまえつけてよ」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口綾香先生(…

鳴川哲也教科調査官

【教科調査官に聞く】新学習指導要領 理科-改訂ポイントと授業改善の視点ー

学習指導要領の改訂にあたり、そのポイントや授業改善の視点などをテーマに、文部科学省・鳴川哲也教科調査官と東京都足立区立千寿桜小学校・田村正弘校長に対談していただ…

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

もっと見る