• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

英語でも辞書引き学習「知ってる言葉がこんなにあるんだ!」

2019/3/27

中部大学教授の深谷圭助先生が提唱し、全国に広まった「辞書引き学習」。付箋紙に調べた言葉を書いて辞書に貼っていくという作業を重ね、付箋で辞書がどんどん分厚くなっていき、それが一層、子どもたちの学習意欲を刺激するという、素晴らしい効果を上げている学習法です。英語学習にも同様に活かせるということで、新たに打ち出したの英語の辞書引き学習について、お話を伺いました。

中部大学教授 深谷 圭助 先生

海外で好評の英語辞書引きを日本でも

――英語で辞書引き学習を開発しようと思ったきっかけは何ですか?

深谷 2020年から、小学校高学年では英語が教科化されます。教科化にあたり、英語の読み書きも必要になるため、語彙力の指導にも注目が集まるでしょう。

私は1990年代から国語辞典を使った「辞書引き学習法」を開発し提唱してきました。8年前からは、海外の小学生にも辞書引き学習の紹介をすることが多くなったのですが、現地でも英語の辞典を使った実践の評価が高かったので、日本でも紹介したいと考えました。辞書を使って調べて単語を書くという活動とは違って、小学生にも十分取り組める学習法です。

貼り込まれた付箋で、辞書がこんなに!
英語の辞書引き学習には、罫線が入った専用の付箋がおすすめ

――「英語の辞書引き学習」のメリットは何ですか?

深谷 やり方はとてもシンプルで、「辞書を開いて知っている言葉を探す。その言葉を付箋に書き、辞書に貼る」というものです。小学生に英語の辞典は難しそうと思われがちですが、英語の読み書きに不慣れな子どもでも、辞書の中から自分の知っている単語を探し、付箋に書くことは、学びのハードルが低いので、あっという間にたくさんの単語を探し出します。どんどん付箋が増えると学びの蓄積が可視化されるため、満足感や達成感が得られるという点もモチベーションにつながるのでしょう。

発売されている専用付箋(ガイドブック付き)

実際に子どもに感想を聞くと、「英語の辞典にこんなに自分の知っている言葉があるとは思わなかった」「知っていると思っていた言葉に違った意味があって驚いた」と言う子がたくさんいます。

実は英語と日本語は極めて接点の多い言語であるという気付きが得られるのもメリットです。

まずは英語由来のカタカナ語からスタート

--小学生の低中学年に英語の辞書引きは、ハードルが高くはないでしょうか。

深谷 英語の辞書引き学習では、英語辞典から自分の知っている言葉を拾いだすことで、英語に親しむきっかけをつくることをねらいとしています。

なぜなら、子どもは自分の経験や自分の持っている知識からかけ離れたことには関心がありません。だからこそ、子どもが経験したことから学びを広げていくほうが効果が高いのです。

例えば、子どもが難しさを感じないよう、日本語になっている英語由来のカタカナ語からスタートする。その中から自分がすでに知っている語彙を探しつつ、英語の語彙の獲得を意識させるのです。語彙を獲得するということは、言語を獲得する上で必要不可欠なことです。

そういう意味でも、付箋を使って英語の辞典を読んでいく、調べていくことは大変重要な実践だと思います。

先生方の中には、英語の指導に不安を感じている人も多いと思います。しかし、辞書引き学習は教師や子どもの英語力は関係なく、子どもが自分のペースで自主的に学ぶ学習法です。短時間で切り上げられるので、授業の導入や朝の帯時間などに取り入れるのをお勧めしています。

公式ホームページ( http://eijisho.sgkm.jp )には、実践された先生方の声も掲載しているので、参考になるのではないでしょうか。


辞書引き 英語ふせんBOOK
(英語ふせん200枚+英語の辞書引きまるわかりガイド)
監修/深谷圭助・相田眞喜子 定価:500円+税/小学館
ISBN 978-4-09-941670-6
https://www.shogakukan.co.jp/books/09941670

辞書引き英語ふせんBOOK
「英語でも辞書引き!」公式HP http://eijisho.sgkm.jp

『教育技術』2019年1月号より

インタビュー/EDUPEDIA まとめ/出浦文絵
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

授業記事一覧

【構造的板書】 国語「古文を声に出して読んでみよう」 「日常を十七音で」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「古文を声に出して読んでみよう」「日常を十七音で」を…

ゲーム要素を取り入れた九九アイディア指導【前編】

二学期から九九の単元が始まります。全員が九九をすらすら言えるようにするには、子供たちの「九九を覚えたい」という気持ちを引き出すのが近道です。ゲーム要素を取りいれ…

2019/9/19

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

もっと見る