小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

関連タグ

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工夫や仕掛けを具体的に提案します。

執筆/大阪府公立小学校・松山康成

1987年大阪府生まれ。2009年から教職。子供と教師にとって過ごしやすい、温かな学級・学校をつくるため、理論と実践の往還を大切にしている。共著に『いじめに強いクラスづくり 予防と治療マニュアル小学校編』『授業をアクティブにする!365日の工夫 小学5 年』(ともに明治図書)等。

国語授業風景
撮影/大庭正美

リフレクションを促す6つのステップ

リフレクション(reflection)とは、「反省」「内省」「再考」「影響」などの意味があります。ここでは、リフレクションを「再考」と考えて論考を進めたいと思います。

私は、国語科における物語文の一場面の授業において、子供の学びの過程を次の6つのステップに分けています。

①音読を通して物語文を自らに響かせる。
②物語文に対する考えを持ち、まとめる。
③考えを小集団交流で共有する。
④小集団交流を踏まえてリフレクションし、全体交流をする。
⑤全体交流を通して自らの考えをリフレクションする。
⑥リフレクションを踏まえて再度発表する。

これは、物語の一場面についての学習ステップです。このようなスモールステップを設定することによって、自らの考えを持ちつつ、主体的に他者と対話する子供の姿の実現を目指すことができます。

このステップに加えて、授業全体を通して、学習前と学習後の考えの違いについてもリフレクションさせます。つまり、場面ごとに三度リフレクションさせ、同時に物語文全体のリフレクションも行っていくのです。

このステップを授業で機能させ、子供の学びのルーティンとして定着させていきます。この定着の過程が授業づくりにおいて教師の楽しみでもあり、難しい部分でもあります。卒業が近づく子供たちに、物語の「仲間との学び方」を提案したいと考えています。

本稿では、6年三学期に取り組む『海の命』を通して、子供たちの豊かなリフレクションが実現する授業について考えてみたいと思います。

国語科『海の命』におけるリフレクションを促す授業準備

『海の命』は、多くの教科書で小学校国語科における最後の物語文として設定されています。『海の命』の授業法に関する多くの書籍が出版されているように、授業法も多様で、方法によって子供の読解が大きく変わる物語文です。

私はこれまでの教員生活において、四度、『海の命』に関する授業研究を行ってきました。その過程では、どうすれば考えが深まるのか、どうすれば議論が盛んになるのかと試行錯誤し、子供と私の相互作用から、以下に紹介するツールや方法が生まれました(もちろん先輩先生方のご指導もありました)。

リフレクションを促進する6つのステップを授業で機能させ、それを子供の学びのルーティンとして定着させるためのツールや方法について紹介します。

【1】リフレクションを促すワークブック

リフレクションを促す授業のツールとして、私はワークブックを用います。これは私が物語文に取り組む際に用いるツールです。一般的な国語科ノートではなく、リフレクションが促進されるよう工夫した、自作のプリントを綴じる冊子です。作り方は以下の通りです。

1.八つ切り画用紙の半分にタイトルと名前欄を印刷し表紙を作る。
2.表紙を配付し、子供たちに『海の命』で好きな挿絵を、絵具を使って表紙に描かせる(資料1)。

資料1 ワークブックの表紙
資料1 ワークブックの表紙

3.意味調べ、初発の感想のワークシートを絵本貼りする。
4.各場面を読み取るワークシート(資料2)を蛇腹状に張り合わせ、全場面を縦断的に読めるようにする(資料3)。

資料2 ワークシート
資料2 ワークシート
※クリックすると別ウィンドウで開きます
資料3 蛇腹状に張り合わされたワークシート
資料3 蛇腹状に張り合わされたワークシート
※クリックすると別ウィンドウで開きます

5.裏表紙の側から、板書計画と板書の印刷プリントも蛇腹状に貼っていく(逆さにすることで場面順となる)。

資料3のワークシートを上下ひっくり返すと場面順となる

6.最後の授業で「学びの感想」を書き、表紙から貼っていったワークシートと、後ろから貼っていった板書プリントを貼り合わせる。

最後の授業で両方を貼り合わせる
最後の授業で両方を貼り合わせる

これにより、子供たちは自分の意見の移り変わりと、授業の移り変わりを瞬時に見ることができます。

各場面を読み取るワークシートは、基本的には板書の構成と同じにしています。『海の命』のワークシートであれば、上部分が太一に関する読み取り、下部分がその場面の登場人物(おとう・与吉じいさ・母)に関する読み取りとなります。ワークシートと板書を同じ構成にすることで、自分の考えを授業展開のどの場面で発表すればよいか、今、どの場面の内容を議論しているかを把握することができます。どの読解のレベルでも、どの学習のレベルでも、学びにアクセスできる配慮をすることが大切です。

【2】リフレクションを促す教室環境

物語の授業では、場面に分けて授業する場合があります。指導書にもそのように書かれている場合があります。場面に分けて授業することで、毎時間のめあてを持って授業に取り組むことができます。

『海の命』は太一の児童期から成人期にわたる長大な物語です。よって本文は時代で分けられており、その区切りが授業の場面分けとなります。しかし、気を付けたいのは、場面分けはあくまでも授業のためにするのだ、ということです。普段読書をしている時は、あえて場面を意識しませんし、物語は前後の文脈を読んでいくものですから、意図的に区切った場面だけを読み深めることは、物語の授業として浅い学びになってしまいます。

そこで、全員が物語を縦断して読み取れるように、教室の壁一面に教科書本文をA1サイズに拡大したものを貼り合わせて掲示します(私は廊下側の窓一面に掲示します)。教科書はページを開いていかなければならず、読解に課題のある子は、そこで思考が切れてしまう場合もあるので、壁一面に本文を続けて貼り合わせて掲示することで、スムーズな思考ができるよう支援することができます。こうすることで、物語の連続性と文脈を読み取ることができます。

また、その下の部分に授業の板書も同サイズで印刷し、掲示します。これにより、教科書の本文と授業の内容をつなげて考えることができます。また、学級環境と『海の命』の世界をつなげることができ、「全員で読んでいくぞ!」という学級の一体感をつくれます。

国語科『海の命』におけるリフレクションを促す授業の実際

【1】リフレクションを促すための小集団交流

リフレクションを促すために、全体交流の前に時間をとって、ワークシートへの考えの整理と小集団交流を行います。小集団交流を通してリフレクションを促し、それを踏まえて全体交流を行うことで、主体的に対話する子供の姿が実現します。小集団交流は次のように進めます。

①音読をする。
②ワークシートを配付する。
③ワークシートに気になった文章、感想を持った文章、考えを持った文章を取り上げて、それに対する自分の考えを書く(約15分)。
④作成したワークシートは、グループで回し読みをする。その際、色ペンを使い、その子のワークシートに良い着眼点や考えがあれば、ラインを引く。色ペンは各自違う色が好ましい(1人2分)。
⑤小集団交流の感想を伝え合う(1人1分)。
⑥小集団交流を踏まえてリフレクションした考えをまとめる(約10分)。
⑦ワークブックを教師に提出する。

小集団交流では、仲間たちがお互いのワークシートにラインを入れます。交流後には感想を話し合う時間を設け、より具体的に考えを称賛したり、相手の考えに対する意見を述べたりします。細かな交流の設定により、子供は他者と意見を交流・共有することを意識しながら学びを進めていくことができます。

また、提出されたワークブックを教師が添削する際には、記入するコメントは、子供が小集団交流をする際の着眼点のモデルとなるような内容を心がけます。交流を始めたばかりの頃は、どのような点に着目すればよいのか、どのような意見を伝えればよいのか、子供たちが分からないことが想定されます。

教師が具体的に、ポジティブに子供の考えを支持し、コメントを記入することで、小集団交流はより活発になっていきます。

【2】リフレクションを促す全体交流

小集団交流の最後に、自分の考えを改めてワークシートに整理し、全体交流へ向かいます。

教師は小集団交流後に提出されたワークシートを基に、全体交流のための板書計画を作成します(資料4)。この板書計画を、全体交流の前に全員に配付することがポイントです。板書計画を配付することで、ワークシートに整理されたことをただ発表するだけの「発表会」になることを防ぐことができます。

資料4 板書計画
資料4 板書計画
※クリックすると別ウィンドウで開きます

子供たちは、自分の本時のワークシートとワークブック全体、そして本時の板書計画を基に全体交流をします。自分が小集団交流前にまとめた考えは、既に板書計画を通して全員と共有していますから、リフレクションした新しい考えを積極的に発表できます。

全体交流時の板書(資料5)と、事前に作成した板書計画を見比べると、クエについての考えから、前場面の父や与吉じいさ、母とのつながりについての意見が増えていることが分かります。小集団交流を通してリフレクションしておくことで、自分の考えを一度捨て、仲間の意見を取り入れた新しい考えを柔軟に生み出すことができます。

資料5 板書
資料5 板書
※クリックすると別ウィンドウで開きます

【3】リフレクションを促す板書

全体交流時の板書は、構造的に整理することを心がけます。先にも記したようにワークシートと同じような構造で整理することで、全体交流時に全員が交流に参加できるよう配慮します。板書する際は、基本的にはすべての発表を書き込みます。また、全ての発表者名も記します。こうすることで、「○○さんの△△という意見に対して・・・」と議論をつないでいくことができます。また、発表時は挙手することとし、考えの発表は「パー」、追加の意見は「チョキ」、質問・意見は「グー」、というように挙手方法を設定することで、子供同士の相互指名で授業を進めることができます。

【4】リフレクションを促す発問

一般的に授業では教師の発問によって授業を進めることが多いようですが、私は物語文の全体交流の授業では、そうしません。全体交流までの時間で子供たちは自分自身の中で考えをリフレクションし、授業を主体的に展開できるようになっていきます。

すると子供たちは相互指名などを通して、自分たちで授業を進めていくことができます(その実現には1年間の学習ルーティンの定着も影響します)。

教師は、子供たちの意見を板書に整理し、議論が行き詰まったり、少し議論が逸れてきたりした際の修正のみに心がけ、できるだけ最小限の関与で、めあての達成に向かいます。また、議論を整理していて疑問に思ったことについては、子供と同様に意見を言います。

このように支援を最小限にすることを心がけることで、子供たちは、主体的な対話に基づいて読みを深めていきます。これを学びのルーティンとして定着させることで、以後の学習でも、物語を多面的に読むクセをつけることができます。中学校へ進学しても、自分たちが主体となって、「仲間との物語の学び」を実現していってほしいと願っています。

参考文献 『授業をアクティブにする!365日の工夫 小学5年』赤坂真二・松山康成著(明治図書)

イラスト/高橋正輝

『小六教育技術』2018年12月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号