• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【新一年生】入学2日目は不安を除去

2019/3/21

期待を胸に入学してきた新一年生。新しい生活のスタートに不安をもつ子どもたちも多いはず。教師の笑顔でそんな気持ちを吹き飛ばしましょう!

教室の子ども
子どもたちを笑顔に 写真/大庭正美

2日目のゴール

子どもの不安を取り除こう!

2日目のスケジュールで大切なこと

1.子どもが登校する前に教室に行く
2. 元気に朝の挨拶をして、子どもたちを迎える
3. 出欠確認・健康観察は注意深く
4.先生からの話・提出物・配付物などは最低限で
5. ハイタッチでさようなら

入学式で、学校の先生やお家の方、上級生からの祝福により「小学校の一員になれた」と実感した子どもたち。2日目から、いよいよ「小学生としての生活」が始まります。

2日目のポイント

挨拶で笑顔に

朝、子どもたちは「どんなお友達がいるのかな」「学校って、どんなことをするのかな」といったドキドキ感や「お友達ができるかな?」「教室に行ったら何をしたらいいのかな?」といった不安感など、様々な気持ちをもって登校してくるはず。先生は誰よりも早く教室に行き、「おはようございます」と満面の笑みで子どもたちを迎えましょう。

先生の笑顔を見ることで、きっと子どもも笑顔になることでしょう。

出欠確認・健康観察で様子を見る

出欠確認・健康観察では、子どもたちの表情や返事の仕方から子どもの様子を見ることができます。表情や返事の声が暗い子がいたときには、下校するまでに一言でもよいので、笑顔で語りかけます。子どもが抱えている不安を吹き飛ばすかもしれません。

グッと我慢も必要

子どもたちに出会い、先生も伝えたいことやしたいことがいっぱいあることでしょう。しかし、そこはグッと我慢しましょう。一年生は、何をするにしても時間がかかります。そして、下校時刻が早いはずです。だから前日に、学年の先生と話し合った「しないといけない必要最小限のこと」が終わったときに、自分の伝えたいことを伝えたり、したいことをしたりしましょう。焦ることなく、時間に余裕をもって笑顔で過ごしたいものです。

スキンシップで距離を縮めよう

下校するときも笑顔下校するときには、「さようなら」と元気に挨拶をし、笑顔でハイタッチをしてお別れすることをおすすめします。スキンシップをとることで、グッと子どもとの距離を縮めることができます。さらに、子どもたちの性格や様子もつかめるでしょう。
これを毎日繰り返します。1週間後、笑顔で顔が筋肉痛になることを目標に過ごしてみましょう。

『小一教育技術』2017年4月号より

関連する記事

クラス記事一覧

一人一人の毎日をしっかり見取る! ベテラン教師6つの技

クラスで一番困っている子、苦しんでいる子は、毎日違います。その日、クラスで一番頑張っている子も、毎日違います。毎日、一人一人を見取る努力をし、できるだけ理解して…

2019/7/14

夏休み前の事前指導は「安全」「健康」「計画」で

いよいよ子供たちが楽しみにしている夏休みが始まります。長い夏休みをどのように過ごすかで、二学期のスタートがスムーズになるかどうかが決まります。
子供たちが夏休…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・一年生編

一学期後半に入るこの時期、一年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【CASE 1】学習中に勝手に水分補給をしている【CA…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・二年生編

一学期後半に入るこの時期、二年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【 CASE 1】外遊びが中止になり、子どもが落ち着か…

通信簿を見る子どものイラスト
1年生 はじめての通知表 子どもと保護者が喜び合えるものにしよう!

「通知表」に初めて出合う子供たち。保護者は、わが子が評価される楽しみと同時に、不安も感じています。「初めて」だからこそ、子供たちに対しても保護者に対しても、通知…

生徒指導
子どもの自立を促す生徒指導とは

一学期も終盤を迎え、学級のルールも浸透してきたころでしょうか。中には、うまくいっているところと、そうでないところもあるでしょう。そこで、子どもたちと一緒に、学級…

夏休み直前! 二学期ステップアップに向け「一学期の振り返り」を

ようやく、一学期が終わろうとしています。4月以来、走り続けた一学期。一定の成果と満足感はあるものの、何もかもうまくいったわけではないことでしょう。この機会に一学…

夏休み前のセルフチェック指導

一学期もいよいよ終盤にさしかかってきましたが、学級の様子はどうでしょうか。日々の指導には、教師の根気と見守る気持ちが必要です。細かいことでも見逃さず、「目配り」…

学級づくりで活躍 グループじゃんけん2選

新学期や席替えをした時など、新しいグループができたとき、グループで楽しめるじゃんけんゲームをしてみましょう。何を出すか話し合って一つに決めたり、相手の言うことを…

「泣く」「怒る」「騒ぐ」ネガティブな感情表現をする子どもへの対応とは

教師は、〝指導〞という観点で評価をしなければならない場面に出合うことがあります。例えば掃除のときに、「取り残したごみがあるよ」「ほうきなどがしっかりかけられてい…

もっと見る