小3体育「走・跳の運動(高跳び)」指導アイデア

執筆/埼玉県公立小学校主幹教諭・鳥塚源太郎
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、埼玉県教育委員会主任指導主事・河野裕一

授業づくりのポイント

中学年における「高跳び」は、跳ぶことについて友達と競い合う楽しさや、調子よく跳ぶ心地よさを味わうことができる運動です。楽しさや喜びに触れながら、高跳びの行い方を知るとともに、短い助走から強く踏み切って高く跳ぶことができるようになることをめざします。指導に当たっては、体力や技能の程度にかかわらず競争に勝つことができたり、勝敗を受け入れたりするなどして、意欲的に運動に取り組むことができるように、活動を工夫していくことが必要です。

また、授業中の事故を防ぐために、着地点の安全を確認したり、用具の安全な使用方法を確実に指導したりします。

陸上運動系の領域では、最後まで全力で走ることや思い切り地面を蹴って踏み切るなど、体全体を大きく、素早く、力強く動かす経験をたくさん積めるようにすることが大切です。低学年の走・跳の運動遊びでの学習を生かし、楽しみながら基本的な動きや技能を身に付けることで、高学年の陸上運動の学習につなげていくようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

※単元前半は「ふわっ」と跳べる感覚をつかめるように、助走のリズムと強い踏切りをねらいとして指導します。単元後半は、より高く跳べるように自分の課題に取り組む時間を確保するとともに、チームや学級の新記録の達成をめざしていきます。

楽しむ①「ふわっ」と跳べる感覚をつかんで楽しもう

子供は「高く跳びたい」という思いを強くもっています。高く跳ぶためには、地面をしっかり蹴ることや体全体を使って跳ぶことが大切です。そこで、感覚つくりの運動を毎時間行うようにし、上に高く跳ぶためのさまざまな跳び方を経験できるようにしましょう。また、高く跳ぶためには助走のリズムも大切です。感覚つくりの運動のなかに、助走を伴った跳躍運動も取り入れることで、高跳びの「短い助走からの強い踏み切り」につながりやすくなります。

このような感覚つくりの運動を行いながら、子供たち一人ひとりが自分に合った「踏切り足」を見付けられるようにしていきましょう。高跳びでは自分の決めた(より跳びやすい)踏切り足で踏み切ることが重要です。

単元前半では、「ふわっ」と跳べる感覚をつかめるように、助走のリズムと強い踏み切りをねらいとして指導します。また、膝を柔らかく曲げて、足から安全に着地することを、常に意識させる必要があります。

感覚つくりの運動の例

ミニハードル連続ジャンプ

ミニハードル連続ジャンプ

ジャンプするタイミングで両腕を引き上げ、上方に跳ねることを意識しましょう。ボールが弾むように、着地したらすぐに跳び、リズムよく越えられるようにしましょう。

ケンパージャンプ

ケンパージャンプ
「ケン・パー・ケン・パー・ケン・ケーン・パー」

一歩一歩地面をしっかり蹴って高く跳ぶようにしましょう。最後の「ケーン」で高く跳び、低いゴムを跳び越えられるようにしましょう。

ジャンピング・タッチ

ジャンピング・タッチ

自分に合った踏切り足を見付けましょう。どちらの足で跳ぶと跳びやすい?

必ず片足で踏み切るようにしましょう。短い助走(3歩程度)をとるために、およそのスタート位置を定めておくとよいでしょう。

短い助走から強く踏み切るための場の工夫

3方向から跳べる場

3方向から跳べる場

まずはさまざまな方向から助走して跳びます。その際に、自分の決めた踏切り足で跳ぶことを意識しましょう。必ずマットの上に着地するようにしましょう。

踏切り板を使った場

踏切り板を使った場
「タ・ターン」で跳ぶと体が「ふわっ」と浮くね。

強く踏み切るためには最後の2歩のリズムが「タ・ターン」と素早くなることが大切です。このリズムを視覚化するために、滑り止めシート(「タ」)と踏切り板(「ターン」)を活用し、「タ・ターン」のリズムを意識しましょう。

助走のリズムを身に付けるために、「イチ・ニ・サーン!」「レッ・ツ・ゴー!」など、子供の実態に合った口伴奏を用いましょう。

教具の工夫

教具の工夫

踏切り足にゴムバンドなどの目印となるものを付けることで、踏切り足が意識しやすくなります。また、友達同士の見る視点にもつながります。

楽しむ②自分の課題を解決し、グループと学級のベスト記録をめざそう

単元が進むにつれて、高跳びのポイントを理解し、動きの高まりや技能の向上が見られるようになります。単元後半は自己の課題を明らかにし、その課題を解決していくことをめざします。

跳躍後によい動きや課題についてグループで話し合うことや、ICT機器を活用することで、自己の課題を見付けることができるようにしましょう。そして、グループの友達と考えを伝え合いながら繰り返し練習していきます。その際、教師は子供たちが課題の解決に主体的に取り組めるように「ゴムバンドの足で跳べているかな」「バンッという踏み切りの大きな音が聞こえるかな」「3歩のリズムになっているかな」など、具体的な視点を与えることが大切です。記録測定の際は、個の伸びだけを目標にするのではなく、グループの伸びで競ったり、学級全体の伸びの目標を定めたりすることで、集団での達成を喜び合えるようにします。友達とかかわり合いながら学ぶことのよさを味わえる学習にしていきましょう。

課題解決に取り組む姿

課題解決に取り組む姿

※ICT機器の活用動画遅延ソフトを用いて、すぐに自己の跳躍をふり返ることができるようにしておくと効果的です。

記録測定の場の工夫

●高跳びではゴム紐を用いたほうが子供の恐怖心が和らぎます。その際は、支柱に直接結び付けるのではなく、引っかかったときにすぐに外れるように、洗濯ばさみなどで支柱に軽い力で固定するようにしましょう。また、支柱は倒れないように友達同士で支えますが、支柱の先端にはタオルを巻くなどして、万が一倒れても危険がないようにしておきましょう。

ゴム紐

●子供たちが用具を安全に使用できるか、事前に十分確認しましょう。また、「手を伸ばした状態でスタンドをしっかり支える」「マット上に友達がいるときは跳躍しない」など、安全な使用法についての指導を徹底しましょう。
●A4サイズ程度の大きさの画用紙などを半分に折ったものを、ゴムにかけます。この画用紙が落ちなければ「成功」と判断することができます。

画用紙

集団達成型の教材の適用

高跳びは個人での活動が中心となる運動ですが、集団での達成もめざすことで、友達とかかわり合いながら運動する楽しさが味わえます。グループの伸びを合計して競争したり、学級の目標値を定め「みんなで〇mの~を跳び越えよう」といった集団の目標に向けて挑戦したりすることで、さらなる意欲も高めていくようにしましょう

高跳び選手権結果表

※新型コロナウイルス感染症対策として、地域の感染状況に応じて、順番を待っている際や友達と話し合う際は身体的距離を十分に確保したり、授業前後に手洗いを行わせたりすることを確認しましょう。


イラスト/高橋正輝、横井智美

『教育技術 小三小四』2021年10/11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号