小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ネット型ゲーム)」の単元を扱います。

執筆/高知県公立小学校教諭・青木大、和田隼一
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

つなげて・ねらって プレルボール

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
プレルボールでは、その行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
プレルボールに進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

プレルボールとは、ボールを手で打ちつけてバウンドさせ、決められた回数内でパスしたり、相手コートに返球したりするゲームです。

プレルボールは、柔らかく軽いボールを用いて行い、パス回しやラリーの継続も比較的容易な運動であり、そのよさを生かして、どの子供も運動の楽しさや喜びに触れることができるように授業を組み立てます。

低学年でのゲームの学習をふまえ、中学年ではプレルボールの行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを操作できる位置に体を移動するなどのボールを持たない動きによって、ラリーの続く易しいゲームができるようにし、高学年の学習につなげていくことが大切です。

また、運動を楽しく行うために、規則を工夫したり、簡単な作戦を選んだりして、考えたことを友達に伝える活動を充実させることが大切なポイントとなります。

単元計画(例)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア 単元表

楽しく運動をしよう

打ちつける気持ちよさや、つながる楽しさを味わおう

☆楽しい! できそう! みんなでつなげて! といった気持ちを大切に

・楽しく運動するためには、ボールへの恐怖心をなくすことが大切です。そこで、プレルボールでは、ゴム製ソフトバレーボール、ソフトドッジボールなどの柔らかく弾性があるボールを使用しましょう。

・プレル(打ちつける)動作をどの子供でも無理なく行えるように、1人1つのボールを使って、ボールを打ちつける動作に慣れる学習から行いましょう。

・ボールの扱いや動作に慣れてきたら、ペアやグループでパスゲームやラリーゲームなどを行いましょう。それらを行うなかで、ラリーが続く楽しさや相手コートを狙ってプレルする楽しさを感じながら学習を進めていきましょう。

●1~2人でいろんな打ち方を試そう(ドリルゲーム)

①バウンドボールの打ち方

【手の形】

片手や両手、いろんな手の形でボールをバウンドさせて、ボールに慣れるようにする。

こぶしで打つ(基本の打ち方)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

両手で打つ(安定した打ち方)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

平手で打つ(コントロールしやすい打ち方)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

手首や腕で打つ(レシーブ時に便利)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

【ボールの打ちつけ方】

基本のボールの打ち方のほかに、横からや下から打つ活動にも挑戦する。

上から打つ(強く弾むボールを打てる)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

横から打つ(さまざまなバウンドボールが打てる)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

下から打つ(レシーブ時に便利)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

②バウンドボール練習(壁や的に向かって打つ)

・ゲーム感覚で得点を付けると、楽しみながらボールを打つ動きを高めることができます。
・①で練習した打ちつけ方をいろいろ試しながら取り組むようにしてみましょう。

壁に向かって打つ

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

三角コーンをねらって打つ

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

段ボールをねらって打つ

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

●チームで作戦に合った練習をする(タスクゲーム)

・両手や片手で床に打ち、キャッチしやすい高さに打ちつけよう。
・両手で捕れる場所に動こう。

2人組で場所を変えながら

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

2人と2人が対面でパスをする

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

バウンドで投げてネットを越す練習

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

●ラリーゲームの場の設定など

自陣のコートにワンバウンドさせて相手のコートに返す。
相手からのボールを、自陣のコートにワンバウンドしてから捕る。

※相手コートにサーブで入れることができるようにする。
※時間設定をして、何回もできるようにする(ラリー重視)。

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

〈ネットや支柱の工夫〉

バドミントンネット

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

ゴムひもとPE平テープ

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

三角コーンを支柱に

〈使用ボール〉

ビーチボール(安全性が高い)
ソフトバレーボール(安全性が高い)
バレーボール(よく弾む)

 

指導のポイント
・苦手な子供には、キャッチを認めたり、簡易的な場の設定を行ったりして慣れるようにしましょう。
・子供たちで準備を行えるように図で準備物などの配置を示し、場の設定を行えるようにしましょう。
・チーム内で共有できるような教具(ホワイトボードやタブレット)を用いて、友達のよい動きやチームの工夫を見付け、伝え合う場面を設定しましょう。

安全のポイント
・オリエンテーションを行い、基本的な規則や授業での約束をしっかり伝えましょう。
・安全に取り組めるように、ボールを柔らかくて弾むもの、当たっても痛くないものにしましょう。ボールを柔らかくすることで子供のボールへの恐怖心が軽減します。
・ネットの高さは、子供の実態に合わせて高さを考えましょう。高さは50~80㎝ぐらいが行いやすいです。支柱は、倒れることのないように固定できるものにしましょう。
・コートの周りに危ない物(ボールかごなど)を置かないようにしましょう。
・ボールをわざと人に向かって打ったり、危険なプレーをしたりしないよう指導します。危ない場面では、毅然とした態度で指導しましょう。
・準備や片付けは分担して、協力して行うことができるようにしましょう。

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

コートの周りに危ないものを置かない。

準備や片付けは分担して、協力して行う。

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

ボールをわざと当てるなど、危険なプレーをしない。

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

味方どうしの距離感を意識したり、バウンドさせる力加減を調整したりすることに意識を置いて活動します。

ICT機器などでの動画記録を行い、作戦タイムにおいて、その動画を確認しながら味方の立ち位置やボールを叩く強さなどについて話し合う活動を取り入れるようにします。

「〇〇くんからボールが来たとき、私は〇〇の動きをしていたんだね」「〇〇さんと〇〇くんの立ち位置を変えたら、ボールがつながりやすくなると思うよ」など、動画記録を基に新たな作戦を考えることができていきます。

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  イラスト

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号