運動会ダンス&体操はコレで決まり!

特集
運動会特集:人気種目や演出アイデア&指導法まとめ
関連タグ

ダンスや組体操は、運動会の人気プログラムの一つ。演じる側も見る側も楽しめる、各学年向けのダンスを提案します。「ヤングマン」「アイデア」「世界はあなたに笑いかけている」「ごきげんだぜっ!」など、みんなが聞き覚えのあるハッピーな良曲に最新の振り付けを合わせました!

1年生は定番YMCAの現代アレンジ!

YMCA Yのポーズ
振付はMIKA先生。アイドルの振付やダンス講師のほか、ご自身もゆずのPV出演など多方面で活躍されています。

定番曲であるYMCA(ヤングマン)をE-Girlsがカバーし、今風のダンスナンバーにアレンジしたハッピーなチューン! その楽曲に乗せたダンスは、まだ幼い1年生たちにも覚えやすく動きやすい振付を重視しながら、大きな動きを多用して、楽しさと一生懸命さが伝わりやすい工夫がされています。

手を開いておどる
手を広げたかわいいポーズに、観客席からの声援が聞こえてきそうです。

2年生は星野源さんの人気曲に乗せて!

Vの決めポーズ
振付は若葉市之丞先生(水色のTシャツ)。TAKAHIROの振付の他、CMや舞台出演の経験も豊富です。

NHKの朝ドラ「半分、青い。」のテーマ曲として人気を博した星野源さんの「アイデア」。絶対的にハッピーな音楽に乗せて、2年生のダンスは盛り上がります。1年生に比べて、少し複雑になったステップや、動と静の対比が楽しめる構成となっています。

少し複雑なステップの画像
少し複雑でトリッキーなステップを取り入れており、見る側を飽きさせません。

中学年向きダンスはリトグリ&DA PUMPの2種類を紹介

かなり複雑な動きや、長めの運動量もこなせるようになった中学年向けには、2種類のダンスを紹介します。

1つめはLittle Glee Monster(リトルグリーモンスター)のハッピーナンバー。

リトグリダンス1
振付は公益社団法人日本ストリートダンス
スタジオ協会(NSSA)。センターでのリードダンスはプロダンサーのMAO先生。

リトグリ(Little Glee Monsters)の楽曲「世界はあなたに笑いかけている」に乗せた、このダンスの特徴は、なんと言っても運動量。キレのある振りで、本格的なヒップホップダンスをほぼノンストップで行います。踊り終わったときに、最高の達成感が得られそう!

リトグリダンス2
ステップだけではなく、身体のひねりも多用して、中学年らしい身体能力の高さを表現します。

2つめは、DA PUMPのダンサブルナンバー「ごきげんだぜっ!」

ごきげんだぜ 途中で停止
こちらのダンスも、 振付は公益社団法人日本ストリートダンス
スタジオ協会(NSSA)。センターでのリードダンスはプロダンサーのMAO先生。

大人気ヒップホップグループ・DA PUMPの人気曲に乗せて踊る本ダンスでは、3人1組のユニット一人ひとりに、ソロパートが準備されています。順番に見せ場がやってくるので、ひと味違った楽しさを味わうことができます。

ごきげんだぜ ソロパート
ソロパートのとき、他の二人はしゃがんで注目を促すポーズに。まるでプロのダンスチームみたいですね!

高学年は大定番のソーラン節と組体操!

高学年向けには、定番のソーラン節と組体操を。いずれもバージョン2019と言える最新のアレンジを加え、真新しさと楽しさを表現しています。

TAKIO’S SOHRAN 2でリミックス・ソーラン節!

振付はこちらもMIKA先生。

DA PUMPを彷彿とさせる片足キックダンスなど、新しい要素を積極的に取りいれ、キャッチーで楽しいダンスに仕上がっているのが本ダンスの特徴。楽曲もカッコイイアレンジのTAKIO’S SOHRAN2使用を推奨です。

もちろん伝統的な、底引き網を引く振付もしっかりと。この、踊り手の姿勢の高低差が、いかにも高学年らしい迫力を生みます。

組体操にも新要素が満載

組み体操は運動会の定番だからこそ、進化した要素が映えるというもの。今回の提案では、スーパーデルタやアルペンホルンなど、名前からしてカッコイイ新技の数々を取り入れています。

この後、三人は肩倒立から見事な三角形を形作るのですが・・・!
これは確かに、アルプスのホルン!動画ではポーズのポイントも丁寧に解説しています。

※今回紹介したダンスや体操の動画はそれぞれ、『教育技術 小一 小二』『教育技術 小三 小四』『教育技術 小五 小六』の2019年4月号購入特典として、フルバージョンを閲覧可能です。雑誌に掲載されている2次元バーコードを読み、サイトを開いて、雑誌記載のIDとパスワードを入れるとご覧になれます。詳しくはこちら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

学校行事のアイディアの記事一覧

雑誌最新号