• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

絶対はずさない学級レク『体も動かすことばゲーム』【ことば遊び】

2019/12/26

本シリーズでは、遊びを通してことばのセンスを磨いたり、ルールを守って遊ぶ大切さを学べる「ことば遊び」を紹介していきます。今回は、身体も使って遊ぶ「ことばで楽しむゲーム」の紹介です。

落ちた落ちた

まず、約束を決めます。

「 落ちた 落ちた」と先生が言います。みなさんは「何が落ちた?」と聞いてください。 先生が「りんご」と言ったら、両手で受けてください。

先生が「カミナリ」と言ったら、おへそを押さえてください。

先生が「げんこつ」と言ったら、頭を押さえてください。

先生が「うんこ」と言ったら、手を後ろに回しましょう。

サッと行動することを競ったり、間違ったところを押さえたりすることを楽しみます。

【バージョンアップ版】

「今度は何が落ちてくるかわかりません。自分がほしいときは、手を前に出してもらいましょう。頭をかくした方がよいときは、手を頭に。いらないものが落ちてきたら、手は後ろに回しましょう。」と言って、いろいろなものを落とすことにします。「バナナ」「雨」「ケーキ」「ゾウのうんち」など、おもしろおかしくいろいろ落とします。

「小宮山先生」とか「お母さん」…これは困るでしょうね。受けとめたら大けがをしそうです。でも、スルーしたら薄情な人だと思われるでしょうね。どうしようと考えている子どもたちの、いろいろな反応や表情を見るのも楽しいものです。

【関連記事】もっと学級レクを知りたい人はこの記事もチェック!→確実にウケる学級レク『シリーズ資料編』【ことば遊び】

魚鳥木

先生の「魚鳥木、申すか、申すか?」という問いに、子どもたちが魚鳥木の種類を間違えないように答えます。

魚や鳥、木の名は、とっさに出てこないものです。何回か練習してから始めましょう。班対抗にしても楽しくできるし、個人戦にしてもおもしろいです。二人組で、交代で言い合い、先に5勝したほうが勝ちということにしてもいいでしょう。

上位語下位語の関係を教えることにつながることば遊びです。

「店・虫・野(菜)」(てんちゅうや)と変えても、同じ遊びができます。バリエーションをいろいろ考えて、楽しんでください。

伝言ゲーム

文を覚えて、次の人に伝えていくゲームです。

【遊び方】
・ 1 チーム5 人ぐらいにします。
・ 1 人が、リーダーの出す問題文を読み、覚えます。
・グループに戻って、こっそり次の人の耳元でささやき、伝えていきます。言い直しは、1回だけよいことにします。

伝える文には、いろいろな要素を盛りこむことができます。正しく伝えるための5つのW と1つのH を学習して、そういう文を意識的につくるようにすると、学習効果があがるでしょう。

だれが(Who) いつ(When) どこで(Where) なぜ(Why) 何を(What) どのように(How)

人間の記憶は、こぼれ落ちてしまうものですし、聞き違いでとんでもない内容にかわってしまうこともあります。最後に、どんな文章が伝わったかを書いて発表します。そして、6つの要素(5つのWと1つのH)が正確に伝わったかどうかを採点して発表し、競い合います。

例文
1)友達が、去年の冬、北海道の山の中で、熊と出会い、追いかけられたが助かった。
2)昨日の夕方、公園でねことダンスを踊っているお父さんを見てしまった。
3)4月19日火曜日午前9時、京都駅前に、リュックの中にお弁当と水筒と地図を入れ、赤い服に白いぼうし姿で集合します。行き先は比叡山です。

1)では、北海道が違う場所になったり、抜けたりするものです。
2)では、お父さんが友達の名前にかわると盛り上がります。
3)では、リュックの中身や服装の色が変わったりします。

たことたい

しっかり聞いて、アクションを起こすゲームです。

体育館・運動場バージョン

体育の時間などに、体育館や運動場のような広い場所でします。

【遊び方】
・白線を3本引きます。真ん中の(1)の線を境に、たこチームとたいチームが並んで立ちます。
・審判兼司会進行係の先生が「た〜た〜た〜た〜…たこ」と言ったら、たこチームの人は、たいチームの人を追いかけて、タッチします。たいチームの人は(3)の線の外まで逃げたらセーフ。線の中でタッチされたらアウトです。
・先生が「たい」と言ったら、今度は反対に、たこチームの人が(2)の線まで逃げます。

5回戦勝負にしたりして、工夫して楽しんでください。ときどき「た〜た〜た たぬき」などと言ったりして、子どもたちを混乱させましょう。

教室内バージョン

同じ遊びですが、室内でやる場合です。

【遊び方】
・机の上に新聞紙を丸めてつくった棒とヘルメット(帽子)を用意し、たいとたこが向かい合ってすわります。
・体育館・運動場バージョンと同様、名前を言われたチームの人は、棒で相手の頭をたたきます。名前を言われなかったチームの人はヘルメット(帽子)をかぶって防ぎます。

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1 / 2 ページ

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

面白い!元気が出る!突撃!となりの学級通信【♯三行教育技術】

学級通信、書く派の先生も、書かない派の先生も、他の先生がどのように学級通信のタイトルをつけているのか、のぞいてみませんか? クラスや先生のキャラクター、学級経営…

小学生が座ったまま行えるレクまとめ【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から子どもたちの密接な交流を避けながらも、学級内で楽しい雰囲気を作れる「自分の席に座ったままでも楽しめる」学級レクをまとめま…

ストレス
学校再開時の子どものストレスと受け止め方【新型コロナ対策】

地域差はあるものの、さまざまな形で小学校も学校再開となっています。子ども達が休校期間中に受けた不安やストレスと教師はどう向き合い対処していく必要があるのか、児童…

話合い活動「文殊の知恵」で自主性・協調性・寛容性を育む!

将来、社会で生きる力につなげたいという思いから生まれた特別活動「文殊の知恵」。学級会で折り合いをつける話合いを通して、自主的、実践的な子供の育成を目指します。平…

新学期の準備は大丈夫?チェックリストで確認しよう

新学期のスタートに向けて、計画的に準備を進めていきましょう! 頭の中で考えるだけでなく、やるべきことをリストアップしておけば、安心して新学期をスタートできますね…

スーパー保育士×小学校長対談「ポジティブな言葉と笑顔を教室にあふれさせよう」

新採教員であっても、子どもたちの前に笑顔で立つことと、一人一人をできるだけほめる努力をすることは可能です。「笑育」を掲げて実践を重ねる俵原正仁校長と、元保育士の…

最初の挨拶で保護者の信頼を勝ち取るには話題を2つに絞るべし

いよいよ新年度。若い先生が特に緊張してしまうのが、保護者への挨拶ではないでしょうか。伝えたい思いはたくさんあるのに、あれもこれも伝えようとして結局何も伝わらなか…

「気になる子は前列」をやめてみる!席替えの活用法

学校の先生をしていると悩むことの一つに「席替え」があるのではないでしょうか。毎月のように席替えをするクラスもあれば、学期に一回だけのクラスもあります。今年度は特…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの自主性を育てる「選択肢設定力」って?

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

朝の会と帰りの会のアイディア15【♯三行教育技術】

朝の会と帰りの会は、短い時間ではありますが、クラスの色合いが色濃く出る貴重な時間。この時間をどう使うかのアイディアを、三行教育技術のツイートから集めてみました。…

もっと見る