• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

10箇条チェックリストで保護者と連携、いじめ未然防止

2019/7/25

夏休みが終わり二学期に入り、徐々に子供たちの緊張がほぐれてくると起こりやすくなる「いじめ」問題。運動会や文化祭など、たくさんの行事を控え、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

執筆/兵庫県公立学校 関田聖和

二学期直前 新任教師は不安がいっぱい?

「二学期始まっちゃいましたね。運動会に音楽会。行事に追われそうです。」
「準備万端ですよ、何でも来い!」
「さすがです! でも私はちょっと不安かも。いじめとか起こったらどうしよう」
「大丈夫。そんな時には・・えーと、城先生」
「アドバイスせんのかーい」
不安なレイ先生にアドバイスする甲斐先生だけど、全然たよりにならな~い。
イラスト/藤井昌子

いたずらに不安がって、マイナス思考に落ち込むことはよくないことですが、レイ先生の不安には、私も共感できます。「いじめ」に関しては、「どのクラスにも起こりうるもの」として、常に意識しておかなければいけません。そういう意味でもレイ先生の不安は、「ナイス不安」です。不安に感じたことで事前に対策を考えることができるからです。

私は、学級懇談会の話題に、いじめに関することとして、「わが子をいじめっ子にしない10箇条」という資料を配付したことがあります。関西国際大学教授、中尾繁樹先生から学んだことをもとに、作成したものです。

保護者懇談会で「10箇条」を配付しよう

懇談会では、この「10箇条」を配付する前に、まず保護者に、「いじめは、絶対にいけないこと」「いじめは、いじめる子供がいなければ起こらないこと」を伝えます。そして、「10箇条」を配付し、補足します。

「わが子をいじめっ子にしない」ためにチェックすべき10箇条

子どもの様子のチェック5項目

  • 言葉遣いが荒く、親の言うことを聞かなくなってきた
  • 人のことを馬鹿にするようになってきた
  • 買った覚えのないものを持っている
  • 与えたお金以上のものを持っている
  • お小遣いでは買えないものを持っている

家庭の様子のチェック5項目

  • 両親がいつも言い争いをしているなど家庭内が不安定
  • 親の気分によって子どもへの接し方が変わり、子育てに一貫性がない
  • 家庭内における子どもの問題への親の解決スキルが乏しい(すぐに叩いたり、暴言でその場を押さえたりしてしまう)
  • 子どもの行動に対して、親が共感的に接していない(子どもの自尊心が育ちにくい)※人は自尊心が低い場合、他者をおとしめて自分の価値を高めようとする
  • 保護者が喫煙者である(受動喫煙を含む)※健康リスクが高い

もちろん、いじめの定義(文部科学省)の説明も行います。先生方には、釈迦に説法かもしれませんが、確認のために記します。

いじめの定義

「いじめ」とは、「児童生徒に対して、当該児童生徒が在籍する学校に在籍している等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものも含む。)であって、当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの。」とする。なお、起こった場所は学校の内外を問わない。

平成25年度いじめ防止対策推進法施行にともなう定義~文科省資料より~

文部科学省のサイトでは、リーフレットもダウンロードできます。懇談会で、配付するのもよいでしょう。

いじめる子供の心理を知って「専手必笑」

いじめのきっかけとなることは、複数あります。「こうなったら、いじめにつながる」ということを書き上げると無数にありますが、心理面から言える13項目をあげておきます(これも、中尾繁樹先生からの学びです)。

懇談会で話す必要はありませんが、先生方には、未然防止、早期発見のためにも「いじめる子どもの心理」について、意識しておいた方がよいでしょう。

いじめる子どもの心理面

  1. 支配でき、主導権を握る立場に立とうとする
  2. 言語スキルが高い
  3. 必ずしも学業成績は高いとは言えない
  4. 他者に対する共感に欠ける
  5. 継続的に一人や複数の子供をいじめる
  6. 自分の行動をうまく大人に隠す
  7. 平気でうそをつく
  8. 規則に従わず、反抗的で素直ではないことが多い
  9. 罪の意識に欠ける傾向があり、いじめの標的にした子供のほうが、先に攻撃、誘発したと思い込んでいる場合がある
  10. 自分のほしいものを手に入れることを常に考えている
  11. いじめっ子に力を貸し、関係をもっていることで力を得る仲間、支援者、友人が数人いる
  12. 攻撃の標的にした相手が先に自分を「からかった」と思い込む
  13. 相手が恐怖することによって、自分はえらいと感じる

このような子供の心理を意識した上で、クラスの子供たちを改めて見てください。黄色信号を出している子供がいるかもしれません。黄色信号が赤信号にならないように、日常的な声かけや学習活動や行事におけるグルーピングの配慮等を行ってください。

いじめの指導は、いじめが起こってから行うものではありません。大きないじめが起こらないうちに行うことで、「専手必笑」の手立てが活きてくるのです。

「いじめを未然に防ぐ秘訣はめっちゃ楽しいクラスを創ることじゃ」「全ての子が満足しておればいじめは起きん!!」「おーっ」
イラスト/藤井昌子

『小五教育技術』2018年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

4年3組学級経営物語(15)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ゆめ先生が担当する4年2組では、魔の10月からか、「靴隠し」や「反抗的な生徒」な…

信頼関係を保ち、子どもの不登校を解決!「保護者あるある」

信頼を損なわずに、保護者からの相談を解決するにはどうしたらよいでしょうか? ここでは、「子供が学校に行きたくないと行っている」という連絡があったときの対応例を紹…

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

もっと見る