小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 5月 バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小5体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「陸上運動(短距離走・リレー)」の単元を扱います。

執筆/京都市公立小学校教諭・三宅隆史
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
 京都市教育委員会体育健康教育室首席指導主事・山口淳

 

単元名

「陸上運動(短距離走・リレー)」
バトンをつないで ナンバー1!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
短距離走・リレーの行い方を理解するとともに、一定の距離を全力で走ったり、滑らかなバトンの受け渡しをしたりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決の仕方、競走や記録への挑戦の仕方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

高学年の「短距離走・リレー」は、一定の距離を全力で走ったり、バトンの受け渡しをしたりして記録に挑戦したり、相手と競走したりする楽しさや喜びを味わうことができる運動です。また、「短距離走・リレー」を楽しむために、自己やグループの課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、約束を守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりできるようにすることが大切です。

単元計画(例)

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」アイデア 5月 単元

楽しく運動をしよう

走り方や走順を工夫して、相手と競走したり自分のチームの記録を縮めたりしよう

運動との出合い

学習を始める前に

①チームづくりと動画の活用
積極的に運動に取り組むためには、学習を始める前に以下の準備をしておくことや導入を工夫することなどが考えられます。
・「勝つか負けるか、やってみないと分からない」と子供たちが思えるようにするために、50m 走や実際の走路でのタイムなどを参考にして、どのチームもほぼ同じ位の速さになるようにします。
・単元の導入では、オリンピック選手の動画等を見せることで、力いっぱい走ることや、滑らかなバトンパスが記録を縮めることにつながることに気付くことができるようにします。
また、運動のイメージやあこがれをもち、意欲的に運動に取り組むことにもつながります。

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト

どこを工夫すれば、タイムを縮めたり相手チームに勝ったりすることができますか

動画では、腕を大きく速くふっていたよ

バトンを受け取るときに、後ろを見ずに前を向いて走っていたよ

②学習の場づくりの例
・常設の100mトラックを利用して1人半周(50m程度)でバトンパスをする場の設定。
・テークオーバーゾーンは15~20m程度あるとバトンパスの工夫がしやすい。

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト

③準備運動

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト

チームにバトンを数本用意しておきます。走順を決め、20~30mの短い距離を走ってバトンの受け渡しを行います。仲間同士でスタートマーク(玉入れの玉やマーカーコーン等を活用)の位置を確かめ、スタートのタイミングをつかむようにします。

今ある力を生かして楽しく運動しよう 

短距離走(個人対個人で競走します) 

○走り方やスタートの仕方を工夫するようにします。

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
長座から
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
後ろ向きから
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
うつ伏せから
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
仰向けから
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
腕立て伏せから

リレー(2チーム対抗で競走します) 

○走順や走り方を工夫するようにします。

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト
小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」 イラスト

〈注意〉

バトンは右手で渡し、左手で受け取るなど、互いに異なる側の手で受け渡しを行うようにします。同じ側の手から手へのバトンパスは衝突してしまうことを教師が演示して見せると効果的です

【対戦表】
学級の実態に応じて対戦表に勝敗やレースでのタイムを記入できるようにします。また、全チームのタイムから学級記録やベスト3などを示すことで、相手意識が生まれます。

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」アイデア①

1人1台端末を利用した指導アイディア

・手本となる動画を見ることで、自己やチームの課題に気付いたり、課題の解決方法を考えたりできるようにします。
・走り方やバトンの受け渡し方、また、スタートの位置・タイミングなど自己やチームの動きを録画しておき、確認できるようにします。
・各チームが録画した映像は全員が見られるフォルダに入れるようにします。その中から教師が広めたいよい姿を「今日の1番フォルダ」に入れておくことで、よい姿を共有することができるようにします。

新型コロナウイルス感染症対策
*地域の感染状況により、以下の配慮の例が考えられます。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底するようにします。
・活動中は不必要に大声を出さないようにします。  
・集合・整列時は子供同士の適切な間隔を確保するようにします。 等

小5体育「陸上運動(短距離走・リレー)」指導アイデア②
工夫してもっと楽しく運動をしよう

イラスト/佐藤雅枝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2 国語科「そうだんにのってください」 板書例&全時間の指導アイデア
・小5 国語科「グラフや表を用いて書こう」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 5「We all live on the Earth.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 5 「Where is the post office?」指導アイデア②
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号