• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

2019/7/10

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野信子さん。「キレる」という感情をネガティブに捉えず、むしろコミュニケーション術として活かしていく。そんな驚きの感情活用術についてお話をお聞きすることができたのでご紹介します。

脳科学者 中野信子さん

「キレる」ことは自分を守ること

―中野先生の新書「キレる」の内容について教えてください。

中野 本書では、「キレる」という感情について、「なくすべきもの」とネガティブに捉えず、脳科学的に分析しながら具体的な対処法・活用法を考察しました。

怒りの感情は、ヒトであれば、誰でも感じる自然な感情です。しかし、怒りを感じたにも関わらず、自分が我慢することによって、すべて丸く収まると信じている人が多いのではないでしょうか?

もしも相手に悪意がある場合には、「我慢する」という善意を都合のよいように利用されてしまう場合もあります。ときには、「あなたの言っていることはおかしい」「私は怒っています」ということを表現し、キレて、抵抗する必要もあるのです。

本書では、なぜ人はキレるのか、その仕組みを科学的に分析するため、さまざまな怒りの現象を取り上げ、それぞれ脳ではどのようなことが起こっているのか、怒りのメカニズムを解説しました。さらに、「キレる他人」「キレる自分」と上手に付き合うための対処法をケース別に提案しました。最後に、自分の心を守りつつ、相手に一目置かれるようなコミュニケーション術として、「戦略的にキレる」方法を紹介しています。

キレるスキルは子どもも学ぶ機会が必要

―学校では「キレる」というと、ネガティブに捉えられがちです。

中野 先生方の中にはキレやすい子どもに手を焼いている方も多いでしょう。しかし、友達からからかわれたときに言い返せなかったことが原因でいじめられてしまったり、友達とぶつかり合うことを恐れて、自分の気持ちを表現できない子がいたりすることにも目を向けていただきたい。

学校では「すぐに怒ってはいけない」と教えられるイメージがあります。でも、相手の攻撃に対し言葉を使って、どう抵抗するのかということを学ぶチャンスが少なすぎることも問題なのではないでしょうか? 私たちは学校で日本語を学びますが、対人関係の会話の中で使う日本語をきちんと学んでこなかったように思います。

それぞれの意見をぶつけ合いながら、お互いの落としどころを見つける、もしくは軽くキレて相手との距離を保つといったコミュニケーション・スキルは、社会に出ると非常に重要になります。

戦略的にキレる

―どのようにキレるスキルを身につければ良いのでしょうか?

中野 「感情的にキレる」のではなく、言葉やタイミングを選んで「戦略的にキレる」ためには、テクニックと経験が必要です。本書の中でも、ユーモアを交えて本質を突くような会話術や、人格を責めずに行動を責める言い方など、様々な切り返し方を紹介していますが、学校でもロールプレイなどで取り組んでみるとよいのではないでしょうか。

これからの時代を生き抜く上で、「戦略的にキレるスキル」は、盾にもなり、武器にもなるでしょう。正直私自身、上手にキレることが苦手ではありますが、これからも、切り返しの上手な人たちのやり方を参考に、言葉の運用術を学んでいきたいと思っています。


キレる!脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」
著/中野信子  定価:780円+税 小学館
ISBN 978-4-09-825341-8
試し読みはこちら

「『キレる』という感情は、人間にはそもそも備わっているもの」という視点に立ちつつ、怒りの正体を科学的に分析しながら、“キレる人”や“キレる自分”に振り回されずに怒りの感情を活用して、上手に生きていく方法を探っていきます。

『教育技術』2019年 7/8 月号より

取材:出浦文絵 撮影/田中麻以
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

その他記事一覧

早稲田大学教職大学院教授・田中博之
2019年度全国学力調査総括~学力向上の鍵はアクティブ・ラーニング

文部科学省の「全国的な学力調査に関する専門家会議」の委員として、長年、学力調査の方向性に関する議論を推進してきた早稲田大学教職大学院の田中博之教授に、2019年…

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】11月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。11月は秋の植物と動物&焼き芋をモチーフにしたぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます…

めざすは「道徳教育の質的転換」─教科化の経緯とねらいを振り返る

2018年度、小学校での教科化がスタートした「特別の教科 道徳」。教科化により道徳の授業と評価はどのように変わったのか? 1年半経った今、見えてきた成果と課題と…

塗り絵4
日本の情景を調べて塗ろう!「柳沢峠の富士山と紅葉」「札幌の赤れんが庁舎の雪景色」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「柳沢峠の富士山と紅葉」と「札幌の赤れんが庁舎の雪景色」。画像をクリック…

【まとめ】小学校教育実習の挨拶・お礼状・心がけ

ドキドキの教育実習。子どもたちとふれあえるのが楽しみな一方、どんな挨拶をすればいい? 子どもたちは話を聞いてくれる? お礼状はどうすれば? …などなど、わからな…

2019/10/31

愛着障害
発達障害が気になる子と、間違いやすい愛着障害

教室の気になる子の中で、発達障害の対応では、なかなかうまくいかない子はいませんか? そんな時は、「虐待に起因する愛着障害かもしれない」という視点を持って、子供を…

知らないではすまされない『性の多様性』 子供たちへのLGBT教育

少しずつ社会に浸透してきた「LGBT」という言葉。セクシャル・マイノリティの割合は、あるデータによると約8%、クラスに1人~2人いるとも言われています。自分の性…

画期的な点字迷路の絵本! 目が見える子も見えない子も楽しめる

点字雑誌絵本「テルミ」(小学館)から派生して生まれた「さわるめいろ」シリーズは、目の不自由な方だけでなく、福祉に関心のある方に広く愛され読み継がれてきました。そ…

2019年11月学級イラストダウロード
学級通信に!教室掲示に!学級イラストダウンロード 教育技術小五小六11月号読者限定

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

表紙の絵本作家リレーエッセー あずみ虫さん

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしていきます。本コーナーでは、その絵本作家さんに…

2019/10/15

もっと見る