• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(8)

2019/7/4

学級経営物語タイトル

7月①「教師力アップ」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。熱い心はこの胸に! …しかし、イザという時、迷いとまどってしまう渡来先生。めざすは、イワオジの教師力。頑張り続ければ、いつか花開く時が来る…。今回は、「教師力アップ」にレッツ トライだ!

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライだ先生を励ましつつも一歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与 えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

4年合同お楽しみ会

7月初旬の体育館に響く、葵ゆめ先生の華麗なピアノ演奏。そして、盛大な拍手と大声援。

4年生は「合同お楽しみ会~ラストスパートだ!~」の真っ最中。各学級の出し物に加え、先生方のサプライズで会場は大盛り上がりです。

「心が揺さぶられました…。それに比べ拙い芸が恥ずかしい」

少し前に機関車の汽笛や宇宙ロケット発射等の物まねを熱演した渡来勉先生は、自信喪失の様子です。ニッコリ微笑む葵先生。

「子どもの頃から、頑張ってレッスンを続けてきたのよ。もう辞めようって、何度も思ったけど」

「トライし続けるってすごい。昨日までの適当な人生がホント情けない…」

渡来先生の自己批判が続きます。*ポイント1

*ポイント1

♢一学期の振り返りを

ようやく、一学期が終わろうとしています。4月以来、走り続けた一学期。一定の成果と満足感はあるものの、何もかも上手くいったわけではないことでしょう。夏休み目前のこの時期に、下のチェック表を使って、一学期の学級づくりについて振り返りましょう。そして、二学期に向けて、自分の学級の課題を見つけましょう。

クリックすると別ウィンドウで開きます

「反省は中止よ。すごいのが始まるんだから」

葵先生が舞台を指し示します。

大歓声が響き、大河内巌先生が登場しました。得意技はジャグリング! みんなを魅了する大胆なボールさばき。

4年3組学級経営物語

「すごーい!」

「イワオジ、超かっこいい!」

大はしゃぎの子どもたち。

舞台に舞うカラーボールが、瞬く間に両手に次々と吸い込まれます。

葵先生がそっとささやきました。

「いつ見ても大迫力…、さすが、パリの大道芸人直伝の技ね」

「す、すごすぎるぅ!」

大きくのけぞる渡来先生。

華麗な演技を終えて戻ってきた主任が、サラッと答えます

「パリのピエールじいさんに教わったんだ。昔、世界を放浪していた頃にな」

イワオジの〝教師力”の原点

「いろんな国で、ボランティア活動に参加した。学校に行けない子どもたちを支援して、教育の大切さを強く感じた。…だから、教師になったんだ」

夕日に染まる町並み。

主任の思い出話の続きを聞きたくて、帰路を共にする渡来先生たち。

「優れた教育は人を幸せにする。が、その実現には教師の熱い心と豊富な引き出し必要だ」

「もっと頑張らなくちゃ。私も…」

うなずく葵先生。

珍しく多弁な主任に、問いかける渡来先生。

「熱い心…、同感です。でも、引き出しって??」

「教職に必要な様々な知識や技術、具体的指導法、多様な対応方法などですね」

葵先生に応じる主任。

「どれも現場でしか磨けない力だぞ」

「引き出しも乏しいし…。教師になって3か月、ずっと悩んでます。大河内先生のような教師力を、早く身に付けたいです」*

下を向く渡来先生。

「為すことによって学ぶ、…それでいこう」

突然立ち止まる主任に、慌てて急停止する渡来先生。通行人とぶつかりかけ、思わず謝ります。

「よーし…、一学期の最後の総合的な学習『世界の国からこんにちは』のゲストティーチャーとの打合せは、渡来先生に任せるよ」

驚く渡来先生に、主任がボソリと言葉を続けました。

「子どもに課題を持たせ、自主的な学びにつなぐ。引き出しづくりに、レッツ・トライだぞ!」

(7月②につづく)

<<前の回へ  ● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

関連する記事

行事記事一覧

組体操の3人技・九十九折り
2019年最新!組体操テクニック (2人~4人技編)

組体操の2人技=バベル、高床式倉庫、飛翔、しゃちほこ、座サボテン、腕立て補助倒立、ツインピークス、マリカ、補助倒立。3人技=3人サボテン、マンモス、ハノイ、バベ…

タイムカプセルの学校保管は何が問題か?

タイムカプセルは一見、子どもたちの思い出を大切にしている風習のようですが、様々な条件を考慮した時、タイムカプセルの学校保管は望ましくないことを、管理職並びに担任…

4年3組学級経営物語(8)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。熱い心はこの胸に! …しかし、イザという時、迷いとまどってしまう渡来先生。めざす…

個人面談イメージ
【個人面談】保護者から信頼を得る回答とは

子どもの成長は、家庭と学校との両方のサポートがあってのもの。保護者が家庭で何か困ったことがあったとき、担任へ相談してもらえる関係づくりをこころがけましょう。ここ…

通知表
間違いない、2年生一学期の通知表記入

さぁ、学期末の通知表記入の時期です。日頃からの、子供一人ひとりを的確に見取った評価から、その子のすばらしい点を捉え、子供の励ましに繫がる所見を書きましょう。

2019/7/1

保護者会
保護者を味方に付ける!保護者会のNG&ベスト対応例

保護者との良好な関係をしっかりつくることで、1年間の学校生活も楽しくスムーズに過ごせます。保護者との重要な接点となる保護者会で、よく出される質問とNGな回答、及…

夏休みに自学力を伸ばす! 自主学習ノート指導、8つの掟

夏休みは、遊びと学習を自主的に、計画的にこなしていくという、子どもの成長にとってとても重要な期間です。そこで、子どもたちが自分で学びをマネジメントしていく自主学…

夏休み宿題最大の敵「読書感想文」には事前指導が必須!

夏休みの宿題として必ず出される読書感想文ですが、「何を書いたらよいかわからない」と、なかなか手をつけられない子どもが多いのが実情。感想文の書き方をきちんと事前指…

2019/6/25

セミナーで学ぶ人たちのイメージ
先生の夏休みは、資質向上に努めよう!

毎日の授業がない夏休みは、絶好の自己啓発期間です。時間を見つけて、教師としての資質向上や精神的な成長を目指し、研修の計画を立てましょう。効率的な学び方について解…

2019/6/24

ジャンプする元気な子ども
子どもの成長を確かめ合う期末個人懇談会のポイント

期末個人懇談会は、子どもたちの成長の様子を保護者と一緒に確認し合えるよい機会です。保護者が安心感と信頼感をもてるように、子どもたちのがんばっている様子を具体的に…

もっと見る