• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(8)

2019/7/4

学級経営物語タイトル

7月①「教師力アップ」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。熱い心はこの胸に! …しかし、イザという時、迷いとまどってしまう渡来先生。めざすは、イワオジの教師力。頑張り続ければ、いつか花開く時が来る…。今回は、「教師力アップ」にレッツ トライだ!

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライだ先生を励ましつつも一歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与 えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

4年合同お楽しみ会

7月初旬の体育館に響く、葵ゆめ先生の華麗なピアノ演奏。そして、盛大な拍手と大声援。

4年生は「合同お楽しみ会~ラストスパートだ!~」の真っ最中。各学級の出し物に加え、先生方のサプライズで会場は大盛り上がりです。

「心が揺さぶられました…。それに比べ拙い芸が恥ずかしい」

少し前に機関車の汽笛や宇宙ロケット発射等の物まねを熱演した渡来勉先生は、自信喪失の様子です。ニッコリ微笑む葵先生。

「子どもの頃から、頑張ってレッスンを続けてきたのよ。もう辞めようって、何度も思ったけど」

「トライし続けるってすごい。昨日までの適当な人生がホント情けない…」

渡来先生の自己批判が続きます。*ポイント1

♢一学期の振り返りを
ようやく、一学期が終わろうとしています。4月以来、走り続けた一学期。一定の成果と満足感はあるものの、何もかも上手くいったわけではないことでしょう。夏休み目前のこの時期に、下のチェック表を使って、一学期の学級づくりについて振り返りましょう。そして、二学期に向けて、自分の学級の課題を見つけましょう。

クリックすると別ウィンドウで開きます

「反省は中止よ。すごいのが始まるんだから」

葵先生が舞台を指し示します。

大歓声が響き、大河内巌先生が登場しました。得意技はジャグリング! みんなを魅了する大胆なボールさばき。

4年3組学級経営物語

「すごーい!」

「イワオジ、超かっこいい!」

大はしゃぎの子どもたち。

舞台に舞うカラーボールが、瞬く間に両手に次々と吸い込まれます。

葵先生がそっとささやきました。

「いつ見ても大迫力…、さすが、パリの大道芸人直伝の技ね」

「す、すごすぎるぅ!」

大きくのけぞる渡来先生。

華麗な演技を終えて戻ってきた主任が、サラッと答えます

「パリのピエールじいさんに教わったんだ。昔、世界を放浪していた頃にな」

イワオジの〝教師力”の原点

「いろんな国で、ボランティア活動に参加した。学校に行けない子どもたちを支援して、教育の大切さを強く感じた。…だから、教師になったんだ」

夕日に染まる町並み。

主任の思い出話の続きを聞きたくて、帰路を共にする渡来先生たち。

「優れた教育は人を幸せにする。が、その実現には教師の熱い心と豊富な引き出し必要だ」

「もっと頑張らなくちゃ。私も…」

うなずく葵先生。

珍しく多弁な主任に、問いかける渡来先生。

「熱い心…、同感です。でも、引き出しって??」

「教職に必要な様々な知識や技術、具体的指導法、多様な対応方法などですね」

葵先生に応じる主任。

「どれも現場でしか磨けない力だぞ」

「引き出しも乏しいし…。教師になって3か月、ずっと悩んでます。大河内先生のような教師力を、早く身に付けたいです」*

下を向く渡来先生。

「為すことによって学ぶ、…それでいこう」

突然立ち止まる主任に、慌てて急停止する渡来先生。通行人とぶつかりかけ、思わず謝ります。

「よーし…、一学期の最後の総合的な学習『世界の国からこんにちは』のゲストティーチャーとの打合せは、渡来先生に任せるよ」

驚く渡来先生に、主任がボソリと言葉を続けました。

「子どもに課題を持たせ、自主的な学びにつなぐ。引き出しづくりに、レッツ・トライだぞ!」

(7月②につづく)

<<前の回へ  ● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『学校行事のアイディア』の記事一覧

一年生担任の心構えと学級開き
入学式に信頼を得る小一担任が教室で行うクイズと保護者挨拶とは

一年生の担任になったら、入学式を迎えるにあたり、どのような心構えが必要になってくるのでしょうか? 入学式当日を中心に、服装から担任としてのふるまい、保護者へのあ…

人気イラストレーターが提案!誰でも簡単にできる入学式の黒板アート

入学式の朝は、子供たちもドキドキ。お祝いのメッセージとともに、ほんわかしたイラストで緊張をほぐしてあげましょう。チョークだけではなく、カラー用紙と組み合わせれば…

2020/3/20

入学式準備は三段階で行おう
一年生担任が決まってから入学式前日までの仕事フローは3段階で考える

卒業式が終われば、入学式の準備一色になります。意外と短期間で進めなくてはならない入学式準備について、三段階に分けて進める方法を解説します。各段階のチェックリスト…

2020/3/19

【PR】教育技術4/5月号特別付録はダンスDVDと管理職必携ハンドブック!

「教育技術」2020年スタート号(4/5月号)は、4~5月にかけて、担任の先生の学級開きと春の運動会、学校管理職の学校経営の基本を強力サポートします。

【臨時休校 緊急寄稿】時短卒業式を準備しながら小六担任として今思うこと

臨時休校により、卒業式までの残りの日々で行うはずだったこと、用意してきたことが達成できず、辛い思いをしている6年生や先生も少なくないでしょう。そんな中でも、整理…

学級活動で取り組む「学級文集づくり」基本の進め方

1年の思い出に、学級文集づくりに挑戦してみましょう。どんな内容のページにするのかを学級活動でしっかりと話し合ってから、文集づくりに取り組みましょう。

進級への期待感を高める!1年生三学期の活動アイディア

三学期は、一年間をふり返るとともに、一年生の子どもにとっては、二年生に進級する憧れや二年生の学習に対する関心も生まれる頃です。そこで、三学期に二年生とかかわりを…

次学年への意欲につなげる!お別れ会ゲームアイディア4選

クラスみんなで協力して盛り上がることのできるお別れ会のアイディアの紹介です。クラス全員で遊んだり語らうことで、新たな意欲が芽生えるきっかけになるかもしれません。…

学年末によくある保護者との連携やクレーム対応とは

6年生の子供やその保護者たちは卒業を目前にして、中学校進学への期待や不安を抱きながらこの時期をすごしています。また、他の学年で、進級に向けて保護者の学校への関心…

卒業証書作成
小学校卒業までのカウントダウン~スケジュール管理とプロジェクト作成

卒業まで2か月あまりとなった1月。まさに今、卒業までの見通しをもち、タイムスケジュール管理を意識していくことが求められます。1月から何を準備して、カウントダウン…

もっと見る