触れずにできるアイスブレイク~二学期リスタートに最適!

特集
夏休みあけの学級経営リスタート特集
特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!
関連タグ

長期休み明けは、少しずつ学校生活に慣らす意味でも、授業に集中したら、ほっと一息入れたいものです。そんな時にも有効なのが「アイスブレイク」。言葉の通り「氷を溶かすように」緊張を溶かしたり、心の距離を近付けたりする手法です。おすすめは、授業の隙間時間に5分でできるミニゲーム。ここでは、 実際にやって盛り上がった 「触れずにできるアイスブレイク」を紹介します。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・小倉さえ子

準備不要!5分でできる! 触れずにできるアイスブレイク

みんなでバン!

  1. 先生が「せーの」と声をかける。
  2. 子供たちの拍手がピタリと揃えば合格。

わざと間延びした「せーの」の掛け声にすると、タイミングを合わせるのが難しくなり、盛り上がります。

簡単ですが、「みんな」を意識させる一歩になります。掛け声のリズムを速く・遅くなど変えると「次は何だろう?」とワクワク感が高まります。

みんなでバン!

合わせて拍手

  1. 先生が前に手を伸ばし、右手と左手を上下に動かす。
  2. 両手が重なった(「前ならえ」の状態の)ときに、子供たちが手を叩く。

最初はゆっくりと動かし、重なっている時間を長くとると、すぐにルールが伝わります。

手を動かすスピードを速く・遅くなどと変えたり、三三七拍子のリズムにしたり、フェイントをかけて途中で止めたりしても楽しめます。

合わせて拍手

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
夏休みあけの学級経営リスタート特集
特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号