• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

梅雨のストレスを吹き飛ばせ! 雨の日の教室遊びセレクション

2019/6/4

例年1か月半ほど続く梅雨。雨天の日は、校庭で鬼ごっこをしたり、遊具を使ったりできない日が続き、子どもたちの表情もどこか曇り気味になります。そこで、実際の学校現場で行われている、子どもも教師も笑顔になる、教室内でできる楽しい遊びをご紹介します。

雨の日セレクション
イラスト/きつまき

1.風船バレー

バレーの要領で、ボールを風船に替えて、うちわで打ち返します。

「風船バレー」
「風船バレー」 イラスト/きつまき

【用意するもの】
・風船
・うちわ(下敷きでもOK):参加人数分
・ひも(ポリエチレン製テープなど)
【手順】
1.風船をふくらます。
2.バレーのネットのようにひもで区切り、コートをつくる。子どもの背丈に合わせて、ひもの高さを調整する。
3.うちわを持ってチームに分かれ、コートに入りゲームスタート。相手から風船が返らなかったとき1点ゲット。3点とった方が勝ち。ルールは、何回以内で相手コートに戻す、や、床に落としたら相手チームに風船を渡すなど、自由に決められる。

ココがポイント!
「全員がうちわで風船に触ってから相手コートに返す」をルールにすると、上手な子だけでなく、みんなが風船に触れます。

2.小さいもの運びリレー

箸で小さいものを移動させるゲームです。すばやく正確に移動できることが勝負の決め手。

「小さいもの運びリレー」
「小さいもの運びリレー」 イラスト/きつまき

【用意するもの】
・大きめのビーズ(豆やペットボトルのふたでもOK):各グループ5個
・入れもの(ゼリーなどの容器や紙コップなどでもOK):各グループ2個
・箸:各グループ1膳
【手順】
1.1つの入れものにビーズをすべて入れる。1つは空のまま。
2.グループに分かれて一列に並び、最初の子はビーズ入りの入れものと箸をもち、2人目は空の入れものを持ちスタンバイする。
3.「ようい、はじめ」の合図で、一人目がビーズを箸で二人目の入れものに移す。
4.全部移し終わったら、選手交代。箸と入れものを隣に私ながら、順にビーズを移し替えていく。
5.グループ全員が移し終わるまでのタイムを競う。


ココがポイント!
リベンジ大会を予告すると、箸がうまく使えない子も家で練習するきっかけになります。割りばしや竹の丸箸などを使って、比べてみるのもおすすめです。

3.これなーんだクイズ(連想クイズ)

特別な準備も道具も不要な言葉遊び。想像力や思考力を刺激して、豊かな言葉の世界を楽しみましょう。

「これなーんだクイズ」
「これなーんだクイズ」 イラスト/きつまき

【手順】
1.グループに分かれ、グループごとに「解答」を決め、それを導くヒントを練ります。
2.グループの1番手から順番にヒントを出していき、他のグループが解答に挑戦します。
例)ヒント1「お客さんが乗ります」、ヒント2「ブレーキで止まります」、ヒント3「車輪が付いています、ヒント4「羽が付いています」・・・→答え:飛行機
3.一番早く答えられた人がいるグループに1点を加点。2点先取、3点勝負など、ルールを決めてグループで競います。

ココがポイント!
的確なヒントで、できるだけ早く正解を導き出したグループを評価する回を設けると、クイズを出題する側も楽しめます。

まとめ
このほかにも、段ボールを使った秘密基地づくり、チャンバラバトル(新聞紙を丸めた矛と、ガムテープ+新聞紙の盾で対戦)、割り箸鉄砲による射撃大会・・・など、雨の日を楽しむ遊びはたくさんあります。雨の1日も子どもたちにとっては大切な1日。心に残る有意義な時間を過ごせますように!

取材・文/ひだいますみ

『小三小四教育技術』2019年6月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

4年3組学級経営物語(15)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ゆめ先生が担当する4年2組では、魔の10月からか、「靴隠し」や「反抗的な生徒」な…

信頼関係を保ち、子どもの不登校を解決!「保護者あるある」

信頼を損なわずに、保護者からの相談を解決するにはどうしたらよいでしょうか? ここでは、「子供が学校に行きたくないと行っている」という連絡があったときの対応例を紹…

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

もっと見る