小4国語「ごんぎつね」指導アイデア

関連タグ

教材名:「ごんぎつね」(光村図書 四年下)

指導事項:〔知識・技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕(1)エ、オ、カ 
言語活動:イ

執筆/香川県公立小学校教諭・高橋直美
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、前・香川県公立小学校校長・川井文代

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、場面の移り変わりとともに描かれる登場人物の気持ちの変化を複数の場面の叙述をつなげるだけでなく、情景から想像する力を育成していきます。

また、登場人物について考えたことや感じたことを交流することで、感じたことや考えたことを共有し、一人ひとり感じ方が違うことに気付かせたり、気持ちを表す語彙を豊かにしたりします。

②言語活動とその特徴

本単元では、「物語や登場人物について心に残ったところを紹介する読書会をしよう」という言語活動を設定します。物語を読んで、心に残った場面や登場人物について考えたことや感じたことを伝え合います。

心に残った理由を登場人物の気持ちの変化や情景の移り変わりなどと結び付けて捉えることで、物語をより豊かに読む視点を獲得することができるでしょう。

また、それを友達どうしで伝え合うことで、自分が感じたことだけでなく、友達の感じ方のよさに気付き、より豊かな読みへと深まります。

小4国語「ごんぎつね」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元の展開(12時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①②「ごんぎつね」を読んで、よいなと思ったところを話し合い、物語にはさまざまなよさがあることに気付く。
→アイデア1 対話的な学び

【学習課題】物語を読んで、心に残ったことを交流する読書会をしよう。

第二次(3~8時)

③~⑥場面の移り変わりとともに描かれる登場人物の気持ちが、どのように変化しているのかを具体的に想像する。

⑦⑧場面の移り変わりとともに変化していく登場人物の気持ちを表す情景を見付け、話し合う。
→アイデア2 深い学び

第三次(9~12時)

⑨⑩自分が選んだ物語を読み、気持ちの変化や情景の表し方について考えたことや感じたことをまとめる。

⑪⑫考えたことや感じたことをグループで交流し合い、友達の考えと比べながら、自分の考えを深める。
→アイデア3 主体的な学び

アイデア1 心に残ったことの理由を交流する

対話的な学び

「ごんぎつね」を読んで、一番心に残ったことを話し合います。そのときに、心に残った理由を大切にします。理由を交流することで、登場人物の気持ちの変化、気持ちのすれ違い、周りの様子を表す言葉(情景)などが、物語のよさとつながっていることを確認します。

▼心に残ったこと

心に残ったこと

いたずらばかりしていたごんが、つぐないをしたところが心に残ったよ。

「青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。」と、周りの様子を表す言葉で終わっているところが心に残ったよ。この後どうなったのだろう。終わり方が気になるな。

ごんと兵十の気持ちは変わったり、すれ違ったりしているのね。どんなふうに変わっていくのか、くわしく読んで話し合いたいな。

気持ちの変化や周りの様子を表す言葉というのは心に残るんだね。そんなところをもっとくわしく読んでみたいな。

アイデア2 見付けたよさと気持ちの変化を結び付ける

深い学び

ステップ1 心に残ったことを登場人物の気持ちの変化と結び付けて話し合う

気持ちの変化が分かる叙述をまとめていくことで、場面の移り変わりとともに変化していく登場人物の気持ちを豊かに想像したり、感じ方の違いに気付いたりできます。

▼登場人物の気持ちの変化

登場人物の気持ちの変化

いたずら好きのごんが、つぐないを始めたことが心に残ったわ。

「ひとりぼっち」だったから、さびしくていたずらをしたのだと思うよ。
「ぬすっときつねめ。」から、兵十がものずごく怒っていることが分かるね。二人の気持ちは大きくすれちがっているね。

「空はからっと…」はごんのウキウキする気持ちが伝わるね。雨が降り続いた後だったから……。

ステップ2 場面の移り変わりとともに変化していく登場人物の気持ちを表す情景を見付け、話し合う

登場人物の気持ちが分かる言葉は、行動や会話だけでなく、「空は、からっと…」のように、周りの様子を表す言葉からも分かるんだね。それを情景と言うんだね。ほかにどんな情景が書かれているのか、探してみよう。

▼登場人物の気持ちを表す情景

登場人物の気持ちを表す情景

「青いけむりが、まだ…」には、どんな気持ちが表されているのだろう。

細くという言葉から、もうすぐごんは死んでしまう気がしたよ。

ごんの「最後に分かってもらえた、もっと一しょにいたかった」という切ない気持ちが伝わってくるよ。兵十の後悔する気持ちも感じるね。

ほかの物語にも、情景は使われているのかな。

アイデア3 学んだことを生かして、ほかの物語でも楽しむ

主体的な学び

あらかじめ選定した本のなかから、紹介したい物語を決めます。読書会では、気持ちの変化と情景の表し方について感じたことを中心に紹介し合います。

▼読書会メモ

読書会メモ

この物語には、雪や月の情景が書かれています。そこには、うれしい気持ちややさしい気持ちが表されています。お母さんが、不安な気持ちから安心した気持ちに変わったことが分かりました。

きれいな月が出ているときは、うれしい気持ちのときが多いね。

「人間はいいものかしら」と母きつねが不思議に思っているから、影がたまるというところは、なんかすっきりしないということかもしれないね。

図書館司書の先生に「場面の様子の変化がはっきりしていて、中心人物の様子や気持ちが捉えやすい話」を選んでもらってもよいでしょう。

▼図書館司書の先生おすすめの本

■「きつね」
■「花のき村と盗人たち」
■「巨男のはなし」
■「おじいさんのランプ」
■「つりばしわたれ」
■「魔女のたまご」

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号