小6社会「つながりの深い国々」指導アイデア

関連タグ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・杉本季穂
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登、東京都公立小学校校長・杉渕尚

小6社会「つながりの深い国々」指導アイデア
イラストAC

目標

グローバル化する世界と日本の役割について、外国の人々の生活の様子などに着目して地図帳や地球儀、各種の資料で調べ、ノートやリーフレットなどにまとめます。また、国際交流の果たす役割を考え表現することを通して、我が国と経済や文化などの面でつながりが深い国々の人の生活は多様であること、スポーツや文化などを通して他国と交流し、異なる文化や習慣を尊重し合うことが大切であることを理解できるようにします。

学習の流れ(8時間扱い)

問題をつくる(1時間)

○ 東京オリンピック・パラリンピックの参加国から日本とのつながりを見いだす。

〈学習問題〉
日本とつながりの深い国の人々は、どのような生活をしているのだろう。

下矢印

追究する(4時間)

○ ◇◇(国名など)の小学校の様子は、どのようになっているのかを調べる。
○ ◇◇(国名など)には、どのような年中行事やスポーツがあるのかを調べる。
○ ◇◇(国名など)の政治や産業は、どのようになっているのかを調べる。

下矢印

まとめる(3時間)

○ 日本とつながりの深い国の人々は、どのような生活をしているのか、自分の調べたことを基にまとめる。
○ 世界の人々と共に生きるためには、どのようなことを大切にすればよいのかを考える。

導入の工夫

大会参加予定国・地域の情報を子供向けのインターネットコンテンツで確認しながら、多くの国と地域の選手が日本に来ることをつかみ、日本の生活・文化と比較しながら、つながりが深い国へ関心をもつことができるようにします。

東京オリンピック・パラリンピックの参加予定国
東京オリンピック・パラリンピックの参加予定国

選手は大会の約2週間を東京で過ごします。どの国のどんなことを知っていますか?

世界206か国もの国や地域から選手が来るんだね。

貿易や政治などで、日本と関わりのある国も参加するよ。

選手は2週間、どんな生活をするのかな。

在留外国人数の推移

オリンピックの開催に向けて交流が活発になり、日本を訪れる外国人も増えています。

身の回りの外国製品など

身の回りには、外国の物がたくさん入ってきている。

外国のことをもっと知りたい!

日本はスポーツだけでなく、政治、経済、文化などでも外国とのつながりが深いことがわかります。日本とつながりの深い国に目を向けて、学習問題を考えましょう。

学習問題
日本とつながりの深い国の人々は、どのような生活をしているのだろう。

問題をつくる(1/8時間)

東京オリンピック・パラリンピックには、どのような国が参加しているのかを話し合い、日本とのつながりを見いだします。

まとめる(8/ 8時間)

日本との比較表を活用しながら、「日本とつながりの深い国」をテーマに意見文を作成し、日本と世界の国々との関係について自分の考えを表現します。

まとめ方の工夫

「追究する」の段階で調べてきたことを基に日本との比較表を作成し、グローバル化する世の中を念頭においた意見文として、自分の考えをまとめることができるようにします。

あなたならこれらの国と、どのような関係を築いていきたいですか?

日本と外国の比較表の例
子供の意見文「世界が仲良くなるために」

単元づくりのポイント

本単元では、異なる文化や生活を知り、互いを尊重し合うことの大切さを考えます。単元の導入では東京オリンピック・パラリンピックの参加予定国・地域を知り、日本が多くの国々と深い関係であることを捉えることができるようにします。

また、地図帳や地球儀とともにインターネットのコンテンツ等を利用し、様々な国との交流が進められていることをつかみます。

単元のまとめでは、日本との比較を通してグローバル化する社会で必要なことは何かを考え、発表できる場を設定します。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2020年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号