• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

これからの外国語教育 Small Talkの進め方

2019/5/10

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝え合う”「言語活動」が重要なポイントになります。文部科学省・直山木綿子教科調査官による、第15回全国小学校英語教育実践研究大会三重大会での講演では、Small Talkの実践による授業改善例が紹介されました。

直山木綿子調査官
講演中の直山木綿子調査官
撮影/浅原孝子

本当のことを伝え合うから楽しいSmall Talk

これまでの高学年の外国語活動の授業で、子供たちが「黒板に貼られた掲示物の会話を見ながら言っている」「言い方をカタカナでプリントの隅に書いて、それを見ながら言っている」ということはありませんでしたか。

そのような中、教師には「決まったパターンを言わせるだけでいいの?」「覚えたことを言っているだけではないの?」「子供の本当に聞きたいこと、言いたいことなの?」と外国語活動の授業に対する意識の変化が見られるようになりました。そんな意識を、もう一歩進めてみましょう。

例えば、高学年用新教材に設定されているSmall Talkは、

  • ライブ、本当のことを言うから、楽しい。
  • その場で何が出てくるか分からないから、楽しい。
  • 今までに習った語句や表現からどれを使ったらよいかを考えて言えたとき、相手に伝わったときは、とても嬉しい。

というように、子供たちは本当のことを伝え合うから、楽しさや嬉しさがあるのです。

Small Talkの進め方例

そのようなSmall Talkにするための進め方例として、 次のようなものが考えられます。

  1. 教師と子供で、簡単なやり取りをする(話題の提供)
  2. 子供と子供とで、やり取りをする(まずは、やらせてみる)
  3. 指導(言えなかったことを、既習表現に結び付けられるようにヒントを出す。みんなでどう表現すればよいかを考える)
  4. 相手を替えて、再度子供と子供でやり取りする(既習表現を意識して活用させる)

Small Talkをするのに必要なものは何?

  • 子どもの既習語句や表現を把握していること
  • 子どもが興味をもって話すだろうという、また、学習単元とかかわりのあるお題が選択できること、つまり深い子ども理解と単元目標、ゴールとなる言語活動の具体を意識していること
  • 使いながら、使えるようになるという意識
  • 子どもがどう言ったらいいか分からないということを、既習表現を活用できるようにかみ砕くこと
  • 学習規律がある学級を創っていること、つまり「学習集団」づくり
  • 子どもとやり取り、子ども同士でやり取りをして進める授業形態を、どの教科等でも実践していること
  • 子どもとやり取りをする英語力

具体的な授業実践

『教育技術 小五小六』5月号本誌では「外国語の授業レポート」が特集されています。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載されており、具体的な授業実践の様子を動画でご覧いただけます。詳しくはこちらから

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

泳げない子でも自然と泳ぐ感覚が身に付く! 水泳授業のヒントに!「ダンススイミング」

足がつくプールで、シンクロナイズドスイミングやダンスなどの要素を取り入れたプログラムを行う「ダンススイミング」。泳げない子でも参加できる点や安全監視しやすい点、…

【学年・教科別指導計画】1年算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭  川原 雅彦編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一 福岡教育大学教授         清水 紀宏 単元名…

樋口万太郎先生

【スッキリ板書術】構造的板書で算数授業 ~「小数のわり算」「小数のかけ算」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口万太郎先生…

樋口綾香先生

【スッキリ板書術】構造的板書で国語授業~「動物の体と気候」「なまえつけてよ」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口綾香先生(…

鳴川哲也教科調査官

【教科調査官に聞く】新学習指導要領 理科-改訂ポイントと授業改善の視点ー

学習指導要領の改訂にあたり、そのポイントや授業改善の視点などをテーマに、文部科学省・鳴川哲也教科調査官と東京都足立区立千寿桜小学校・田村正弘校長に対談していただ…

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

もっと見る