• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

これからの外国語教育・スモールトーク(Small Talk)の進め方

2019/5/10

英語の授業のイメージ

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝え合う”「言語活動」が重要なポイントになります。文部科学省・直山木綿子教科調査官による、第15回全国小学校英語教育実践研究大会三重大会での講演では、スモールトーク(Small Talk)の実践による授業改善例が紹介されました。

本当のことを伝え合うから楽しいスモールトーク

これまでの高学年の外国語活動の授業で、子供たちが「黒板に貼られた掲示物の会話を見ながら言っている」「言い方をカタカナでプリントの隅に書いて、それを見ながら言っている」ということはありませんでしたか。

そのような中、教師には「決まったパターンを言わせるだけでいいの?」「覚えたことを言っているだけではないの?」「子供の本当に聞きたいこと、言いたいことなの?」と外国語活動の授業に対する意識の変化が見られるようになりました。そんな意識を、もう一歩進めてみましょう。

例えば、高学年用新教材に設定されているスモールトークは、

  • ライブ、本当のことを言うから、楽しい。
  • その場で何が出てくるか分からないから、楽しい。
  • 今までに習った語句や表現からどれを使ったらよいかを考えて言えたとき、相手に伝わったときは、とても嬉しい。

というように、子供たちは本当のことを伝え合うから、楽しさや嬉しさがあるのです。

直山木綿子調査官
講演中の直山木綿子調査官
撮影/浅原孝子

スモールトークの進め方例

そのようなスモールトークにするための進め方例として、 次のようなものが考えられます。

  1. 教師と子供で、簡単なやり取りをする(話題の提供)
  2. 子供と子供とで、やり取りをする(まずは、やらせてみる)
  3. 指導(言えなかったことを、既習表現に結び付けられるようにヒントを出す。みんなでどう表現すればよいかを考える)
  4. 相手を替えて、再度子供と子供でやり取りする(既習表現を意識して活用させる)

スモールトークをするのに必要なものは何?

  • 子どもの既習語句や表現を把握していること
  • 子どもが興味をもって話すだろうという、また、学習単元とかかわりのあるお題が選択できること、つまり深い子ども理解と単元目標、ゴールとなる言語活動の具体を意識していること
  • 使いながら、使えるようになるという意識
  • 子どもがどう言ったらいいか分からないということを、既習表現を活用できるようにかみ砕くこと
  • 学習規律がある学級を創っていること、つまり「学習集団」づくり
  • 子どもとやり取り、子ども同士でやり取りをして進める授業形態を、どの教科等でも実践していること
  • 子どもとやり取りをする英語力

具体的な授業実践

『教育技術 小五小六』5月号本誌では「外国語の授業レポート」が特集されています。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載されており、具体的な授業実践の様子を動画でご覧いただけます。詳しくはこちらから

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

小六の道徳とオリジナル教材「道しるべ」

山形県のある小学校で行われた佐藤幸司先生による六年生の道徳授業を紹介します。独自教材を使ったオリジナルの道徳授業には、学級経営にも生かせるヒントがたくさんありま…

2019/11/11

【ぬまっち流】海外への興味を駆り立てる!英語の実践アイディア

アメリカの大学院への留学経験がある、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)に英語(外国語)と海外文化への興味を引き出す授業についてを教えていただきました。後編は、海外文化…

【指導計画】5年体育(器械運動)大きく・美しいマット運動!

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させます。中学年までに取り組んできた、基本…

2019/11/2

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都…

作文マイスター
言葉に敏感になり楽しく挑める作文の指導【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。今回は「作文マイスター」を育て…

2019/10/28

【先生のための学校】漢字つぶやき学習法

漢字学習を孤独な、個別な取り組みから、みんなで楽しくできる教室文化にするために、「漢字カルタ」の取り組みや『つぶやき漢字ドリル』の 取り組みを提案してきたのです…

2019/10/27

図形感覚と創造力を鍛える自由課題『大きさの異なるマスを作ろう』

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題。算数ノートのマス目を利用したアイディアをご紹介します。マス目に4個の点を打ち、それを結んで大きさの…

2019/10/27

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

英語の実践アイディア前編
【ぬまっち流】英語の実践アイディア~前編~

日本に住みながら小学生が外国人と英語でコミュニケーションをとることは、簡単なことではありません。そんな環境の中で、英語や海外文化への興味を引き出すためにはどのよ…

もっと見る