• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

これからの外国語教育・スモールトーク(Small Talk)の進め方

2019/5/10

英語の授業のイメージ

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝え合う”「言語活動」が重要なポイントになります。文部科学省・直山木綿子教科調査官による、第15回全国小学校英語教育実践研究大会三重大会での講演では、スモールトーク(Small Talk)の実践による授業改善例が紹介されました。

本当のことを伝え合うから楽しいスモールトーク

これまでの高学年の外国語活動の授業で、子供たちが「黒板に貼られた掲示物の会話を見ながら言っている」「言い方をカタカナでプリントの隅に書いて、それを見ながら言っている」ということはありませんでしたか。

そのような中、教師には「決まったパターンを言わせるだけでいいの?」「覚えたことを言っているだけではないの?」「子供の本当に聞きたいこと、言いたいことなの?」と外国語活動の授業に対する意識の変化が見られるようになりました。そんな意識を、もう一歩進めてみましょう。

例えば、高学年用新教材に設定されているスモールトークは、

  • ライブ、本当のことを言うから、楽しい。
  • その場で何が出てくるか分からないから、楽しい。
  • 今までに習った語句や表現からどれを使ったらよいかを考えて言えたとき、相手に伝わったときは、とても嬉しい。

というように、子供たちは本当のことを伝え合うから、楽しさや嬉しさがあるのです。

直山木綿子調査官
講演中の直山木綿子調査官
撮影/浅原孝子

スモールトークの進め方例

そのようなスモールトークにするための進め方例として、 次のようなものが考えられます。

  1. 教師と子供で、簡単なやり取りをする(話題の提供)
  2. 子供と子供とで、やり取りをする(まずは、やらせてみる)
  3. 指導(言えなかったことを、既習表現に結び付けられるようにヒントを出す。みんなでどう表現すればよいかを考える)
  4. 相手を替えて、再度子供と子供でやり取りする(既習表現を意識して活用させる)

スモールトークをするのに必要なものは何?

  • 子どもの既習語句や表現を把握していること
  • 子どもが興味をもって話すだろうという、また、学習単元とかかわりのあるお題が選択できること、つまり深い子ども理解と単元目標、ゴールとなる言語活動の具体を意識していること
  • 使いながら、使えるようになるという意識
  • 子どもがどう言ったらいいか分からないということを、既習表現を活用できるようにかみ砕くこと
  • 学習規律がある学級を創っていること、つまり「学習集団」づくり
  • 子どもとやり取り、子ども同士でやり取りをして進める授業形態を、どの教科等でも実践していること
  • 子どもとやり取りをする英語力

具体的な授業実践

『教育技術 小五小六』5月号本誌では「外国語の授業レポート」が特集されています。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載されており、具体的な授業実践の様子を動画でご覧いただけます。詳しくはこちらから

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

【指導計画】1年算数「どちらが おおい」

1年算数「どちらがおおい」では、身の回りにあるもののかさに関心をもち、2つの入れ物に入っている水のかさを比較する活動を通して、直接比較、間接比較を使って、かさを…

2019/9/13

【小五道徳】「友のしょうぞう画」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小五の道徳「友のしょうぞう画」の授業展開と板書の…

もっと見る