• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

不登校児童を救う、教師と保護者連携の言葉がけ

2019/4/26


森田直樹さん
スクールカウンセラー
KIDSカウンセリング寺子屋主宰

森田直樹

不登校に悩む保護者をサポートし、不登校解消の高い実績をもつスクールカウンセラーの森田直樹さん。子どもが自信をもてるようになる的確な言葉がけを親が毎日のようにしていくこと(コンプリメント)により、子どもたちは登校する力を取り戻すことができるといいます。教師が、不登校の児童をもつ家庭に手を差し伸べるにはどんなことがあるのか、お話を伺いました。

保護者経由で子ども自身の中にある良さに気付かせよう

――森田さんはどのようなきっかけで、不登校の解決に尽力されるようになったのでしようか

森田 私は教員時代、多くの不登校の子どもたちを見てきました。

カウンセラーさんは面接をしてその子をなんとかしようとするのですが、結局誰も治すことができないんですね。私は自ら進んで不登校の子の担任を引き受けていましたが、その子たちはみんな不登校が治りました。
だから、自分のやり方をきちんと実証研究し、みんながその実践を使えるようになれば、不登校の問題は解決すると考えたのです。
53歳のときに学校を退職し、大学院で研究を始めました。

しかし、大学院でわかったことは、大学教授には誰も不登校を治すことができないということでした。どんなに立派な本を書いていても、それらはいろんなケースの寄せ集めであり、一人の子どもを追跡して結果を出したという人はほとんどいませんでした。

施設で不登校を直しても、家に帰ると元に戻ってしまう

撮影/編集部

――不登校の子に本当に必要なサポートとは、どのようなことでしょうか

森田 私は、不登校の子に足りないのは「自信」だと考えています。だから、最初は子どもに自信をつけさせて不登校を治そうと、自分でフリースクール形態の施設をつくりました。

近隣の不登校の子どもたちが5人ほど集まり、実際に不登校は治りました。

ところが、彼らは家庭に戻るとまた元に戻ってしまうのです。結局、家庭の中に子どもに自信をつけさせる環境をつくらなければ解決しないのです。

そこで、子育てをする保護者の力を育てていこうと考えました。

保護者の方には、子どもに干渉するのではなく、できたことをほめるようにと伝えています。

しかし、学校に行かずゲームばかりしている子をほめろと言われても難しいですよね。そこで例えば、朝起きる力があるなど、「したこと、できたこと」を見つけてほめましょうと伝えています。

最初、子どもは反発しますが、反発は話を聞いている証拠です。諦めずに声かけを続けることが大事なのです。

こういう関係を保護者が続けていくと、子どもは「親は本気かもしれない」「俺に愛情をかけてくれているかもしれない」と思い、少しずつ変わっていきます。心を開く時が必ずやって来ます。そこまで続ける必要があるのです。

教師のサポートで不登校解決が進む

森田 とはいえ、保護者にとって、子どもの悪いところを見つけることは簡単でも、良さを見つけることは実は難しいものなのです。

だからこそ、子育てには先生の力が必要なのです。

具体的には、先生が保護者に連絡する時、保護者が気づいていない子どもの良いところを教えてあげるのです。そして、「お母さんからその良いところを、お子さんに言ってあげてください。その時に「あなたは力がある」とか「お母さんはうれしい」といった一言をつけ加えると、お子さんの心の中にすっと入りますよ」と伝えましょう。

――それが、森田先生が保護者の方に指導している「コンプリメント・トレーニング」なのですね。

私が著者に書いた「コンプリメント」とは、単に子どもをほめるのではなく、子どもの持つ「良さ=リソース=資源」に気づかせ、子どもの心を自信の水で満たすメソッドです。この方法を教師の仕事に組み込んでいただいたら、きっと子どもも保護者も、そして社会も変わってくると思いますよ。

小学館のおやこサイト”HugKum“では、保護者目線でのコンプリメント記事を掲載しています。あわせてお読みください。


コンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する
~子どもの心を育て自信の水で満たす、愛情と承認の言葉がけ~

 森田直樹/著 定価:1,300円+税 ISBN978-4098401758
 https://www.shogakukan.co.jp/books/09840175

コンプリメントで不登校は治り、子育ての悩みは解決する

著者がこれまで、不登校に悩む多くの親をカウンセリングしてきた経験から、不登校を引き起こす原因は、子どもの心の中にあるべき自信の水が枯れてしまったことにあると分かってきました。その自信の水を子どもの心のコップに戻してやることにより、様々な身体症状を改善したり、理性的な心を取り戻したりして、不登校を治すことができるのです。子どもの心に自信の水を注ぐのは、愛情と信頼をもった親の言葉がけ=コンプリメントです。本書では、様々な事例を挙げ、不登校や子育てに悩みを持つ親に、勇気と解決方を与えてくれます。


『教育技術』2016年12月号より

インタビュー/EDUPEDIA まとめ/出浦文絵
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る