• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

笑顔がはじけクラスまとまる!楽しい「言葉遊びゲーム」4つ

2020/1/9

寒い季節は、体調不良で欠席者が増えたり、外で思い切り遊べなかったりして、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにおすすめの、少人数でも楽しめる室内遊びを紹介! 想像力や思考力を刺激する言葉遊びゲームをみんなで楽しめば、クラスの連帯感が高まり、子供同士のコミュニケーションにも役立ちます。

【監修】

東京都公立小学校教諭・御法川亜樹

東京都公立小学校教諭 御法川亜樹

東京都公立小学校教諭・小野田有希

東京都公立小学校教諭 小野田有希

アイコンの意味

50/50(フィフティー・フィフティー)

50/50(フィフティー・フィフティー)
グッズ不要 班対抗

【用意するもの】

特になし

【手順】

①班ごとに、みんなの答えが半々になるようなお題(質問)を決める。(例 ごはんとパンのどちらが好きか、イヌとネコのどちらが好きかなど)

②班ごとに質問し、みんなに手を挙げてもらい、数を数える。

③みんなの答えが半々に最も近かった班が勝ち。

お題選びが難しい場合は、あらかじめお題のリストを作っておき、それぞれの班が選ぶスタイルにすると、スムーズに遊べます。

好きなもの伝言リレー

好きなもの伝言リレー
班対抗

【用意するもの】

ストップウォッチ

【手順】

①班ごとにテーマとリレーの順番を決める。

②1番手の子供は、自分の名前を言い、テーマの中から好きなものを言う。(例 テーマが「動物」の場合 「私の名前は●●です。私が好きなものはライオンです」)

③2番手以降の子供は、自分より前のすべての人の名前と好みを繰り返した後、自分の名前と好みを言う。(例 「ぼくの隣にいるのは、●●さんです。●●さんが好きなものはライオンです。ぼくは◆◆です。ぼくが好きなものはキリンです」)

④アンカーが自分の列のみんなの名前と好みを正確に言えたらゴール(戸惑ったときは、周りがアドバイスする)。ゴールまでの時間を計って、班ごとに競う。

テーマやリレーの順番を変えたり、班替えをしたり、回を重ねれば重ねるほど楽しくなります。最後に「ライオンが好きなのは、誰だったでしょう?」など、ふり返りクイズを楽しむのもおすすめです。

【関連記事】室内遊びについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ→梅雨のストレスを吹き飛ばせ! 雨の日の教室遊びセレクション

私は誰でしょう

私は誰でしょう
班対抗

【用意するもの】

写真やイラスト(教科書、図鑑の絵でもOK)

【手順】

①解答する班は、前に出て1列に並び、目をつぶる。

②みんなでお題を決める。(例 教科書の中のイラストから「時計」を選ぶ)

③解答する班は、一人ずつ質問する。みんなは質問に答える。 

④解答が見付かるまで、2巡目、3巡目…と質問を繰り返す。解答する班がお題を当てたら終了。(例 一人目の質問「私」は生き物ですか?→いいえ 二人目の質問「私」は学校にあるものですか?→はい)

イラストや写真がある場合は、みんなに向けて提示すると、見る側のおもしろさが増します。(解答班の子供の一人がイラストを頭上に掲げるなど、解答班には見えないようにする)

「この人、だあれ」ヒントゲーム

「この人、だあれ」ヒントゲーム
グッズ不要 班対抗

【用意するもの】

特になし

【手順】

①班ごとに、テーマの中からお題を決める。(例 テーマが「うちの学校の先生」の場合 音楽の●●先生)

②出題班は前に出てきて並び、一人ずつヒントを出していく。(例 水色の服をよく着ている、カレーライスが好き…など)

③みんなはヒントを頼りに、誰かを当てる。

クラスの友達を当てるバージョンもおすすめ。できるだけ早く当てた人に拍手を送る、よいヒントを出した人に拍手を送るなどひと工夫すると、より盛り上がります。

まとめ

クラス遊びは、お互いを理解することにつながり、コミュニケーションを深めます。授業のはじめに子供たちの気持ちをまとめるきっかけにしたり、活動が一段落してできたスキマ時間を利用したり、さまざまなシーンでクラス遊びを取り入れてみては。笑顔と興奮がはじける楽しい時間を過ごせるでしょう。


取材・文/ひだいますみ
イラスト/きつまき

『教育技術 小三小四』2019年12月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

面白い!元気が出る!突撃!となりの学級通信【♯三行教育技術】

学級通信、書く派の先生も、書かない派の先生も、他の先生がどのように学級通信のタイトルをつけているのか、のぞいてみませんか? クラスや先生のキャラクター、学級経営…

小学生が座ったまま行えるレクまとめ【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から子どもたちの密接な交流を避けながらも、学級内で楽しい雰囲気を作れる「自分の席に座ったままでも楽しめる」学級レクをまとめま…

ストレス
学校再開時の子どものストレスと受け止め方【新型コロナ対策】

地域差はあるものの、さまざまな形で小学校も学校再開となっています。子ども達が休校期間中に受けた不安やストレスと教師はどう向き合い対処していく必要があるのか、児童…

話合い活動「文殊の知恵」で自主性・協調性・寛容性を育む!

将来、社会で生きる力につなげたいという思いから生まれた特別活動「文殊の知恵」。学級会で折り合いをつける話合いを通して、自主的、実践的な子供の育成を目指します。平…

新学期の準備は大丈夫?チェックリストで確認しよう

新学期のスタートに向けて、計画的に準備を進めていきましょう! 頭の中で考えるだけでなく、やるべきことをリストアップしておけば、安心して新学期をスタートできますね…

スーパー保育士×小学校長対談「ポジティブな言葉と笑顔を教室にあふれさせよう」

新採教員であっても、子どもたちの前に笑顔で立つことと、一人一人をできるだけほめる努力をすることは可能です。「笑育」を掲げて実践を重ねる俵原正仁校長と、元保育士の…

最初の挨拶で保護者の信頼を勝ち取るには話題を2つに絞るべし

いよいよ新年度。若い先生が特に緊張してしまうのが、保護者への挨拶ではないでしょうか。伝えたい思いはたくさんあるのに、あれもこれも伝えようとして結局何も伝わらなか…

「気になる子は前列」をやめてみる!席替えの活用法

学校の先生をしていると悩むことの一つに「席替え」があるのではないでしょうか。毎月のように席替えをするクラスもあれば、学期に一回だけのクラスもあります。今年度は特…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの自主性を育てる「選択肢設定力」って?

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

朝の会と帰りの会のアイディア15【♯三行教育技術】

朝の会と帰りの会は、短い時間ではありますが、クラスの色合いが色濃く出る貴重な時間。この時間をどう使うかのアイディアを、三行教育技術のツイートから集めてみました。…

もっと見る