• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

SNS時代の学級活動(2)で重視する話合い活動の4つの思考過程とは

2020/1/22

特別活動の学級活動(2)は、一人ひとりが自己の問題解決に対して意志決定をし、実現に向けて粘り強く実践していく活動です。そのための話合い活動の流れにおいて、「つかむ→さぐる→見つける→決める」の4つの段階が重視されます。今回は「SNSのよりよい使い方」という課題について、この4つの段階を見ていきましょう。

執筆/東京都八王子市立小学校校長・清水弘美

SNSのよりよい使い方とは
写真AC

大切!「つかむ」活動のつくり方

学級活動(2)の多くは、「つかむ→さぐる→見つける→決める」の流れで活動させます。

特に大切にしたいのが、「つかむ」のつくり方です。「SNSの使い方」という題材は年間計画にあるものなので、教師の意図的な指導になります。子供たちがいかに自分事として、自主的に考え、実践的な活動につなげられるかは「つかむ」場面にかかっています。

「つかむ」では、子供たちの気づかない事実を示すことが効果的です。例えば、自分たちのアンケート結果を見て、自分で考えていたのとは違う考えの人がいることに気づかせたり、写真や映像を見せることで知らなかったことを知ったりするということです。また、自分一人で考えていたけれど、みんなもそうだったのかという気づきもあります。

ここで、「SNSを使う上での課題」に気づかせます。

問題になりそうなSNSのやりとり

たくさんの意見から「さぐる」活動をつくる

SNSを使う上での課題をつかみ、その原因を自分の経験や一般的な情報から知っていることを共有します。ここは、教師がリードしてたくさんの意見を出させます。

SNSを使う上での困った経験例・起こる原因
クリックすると別ウィンドウで開きます

【関連記事】話合い活動についてさらにチェック ⇒ 中学年の話合い活動 ~成功へのステップアッププラン~

解決策を「見つける」活動は対話的につくる

解決策は、子供がお互いに話し合って思考を広げ、解決策を見つけます。一人では思いつかない考えにたくさん出合い、自分の意見と比べながら自分の意見を深めていく対話的な活動になります。グループで考え、相手の意見を否定することなく意見を出し合い、拡散させましょう。意見をまとめる必要はなく、オープンエンドでよいのです。

グループで出た意見を学級全体で共有する時間も取りましょう。

「決める」では行動につながる「具体」が重要

最後に、自分が実践することを決めます。ここで大切なのは、いかに具体的にするかということです。例えば、「人が嫌がるSNSの使い方はしない」というのではなく、「いない人の悪口は言わない」「夜8時までしか使わない約束をする」「終わりにする合図を決める」など、実際の行動につながる決定をすることが大切です。そして、まず1週間程度実践して振り返りをします。

特別活動の学級活動(2)は、自分の行動変容につなげて、日々の生活を気持ちよく過ごしたり、健康的に過ごしたりできるようにすることが求められます。

『教育技術 小五小六』2019年12月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を見取るルーティン③~宿題ノートによる定点観測と「森を見て木を知る」作戦~
子供を見る目を鍛える|定点観測+集団分析!2面作戦

「子供たちを『見る』ために、毎日していること」「場面場面で気になる子の見取りとアプローチ」「子供を見る目の鍛え方 若手へのアドバイス」といったテーマで、百戦錬磨…

赤坂真二教授
学校力向上のために今、学級経営を改善しなければならない理由

新学習指導要領の全面実施を前に、学力向上や学校力向上がますます叫ばれるようになり、その土台となる学級経営力の向上も強く求められています。これからの時代に求められ…

いつも保護者とうまくいくあの先生がしていること【♯三行教育技術】

なぜかいつも多くの保護者を味方につけている、あの先生はどんなことをしているのでしょう?
♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に…

忘れ物の指導をやめてみませんか?かわりにできる2つの代替案とは?

教師をしていて最も悩むことの一つに、「児童が忘れ物をしたときの対応」があるのではないでしょうか。クラスに必ず一人はいるであろう、頻繁に忘れ物をする子。この子にど…

九九の先取り、ピラミッド、迷路…一年生が喜ぶ自由課題のつくりかた

もっとも忙しい年度末。テスト後の課題に、補欠で入ったときの課題に、自分が休んだときの自習用に、自由課題をたくさんストックしておきましょう。
一年生の三学期は、…

思いついたらすぐできる!室内カンタン学級レク15【♯三行教育技術】

雨で外に出られない日。突然できた待ち時間。ちょっと空気を変えたい時。先生の身を助けてくれるのは・・・学級レク! ♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行…

新学習指導要領時代に求められる学級経営力とは?

どんな大規模校も、あるいは小規模校も、学校は一つひとつの学級の集合体として成り立っています。ゆえに、学校をよくするということは、それぞれのクラスの運営状況を向上…

ふりかえりながら”寄せ””詰め”の三学期「学級仕舞い」

一学期の「学級開き」に対して、三学期は「学級仕舞い」。「学級仕舞い」で大切にしたいのは、「もう一歩の成長」のための再確認です。その再確認は、どういうものか。生活…

子どもの悩みを解き去る「教師の心」で立ち向かえ【4年3組学級経営物語23】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。児童同士で起きたケンカトラブルで、口を閉ざす子どもたち。ケンカの解決には、ケンカ…

最高の学年末を迎えるための話し合いと掲示物のアイディア【3分動画】

2月のこの時期、「なんだが学級経営がうまくいかない」と悩んだり、「もうすぐ学年末なのにトラブルが続いている」と、焦っている先生はいませんか? そこで、本誌でもお…

もっと見る