グレーゾーンの子にも有効な自己肯定感を高める教師の声かけ術

特集
支援を要する子への適切な対応ポイント記事まとめ

岡山県公立小学校教諭

南惠介

不適切な行動を起こしやすい子は自己肯定感が低いという特徴が多くみられます。特に支援が必要な子どもには、自己肯定感を高めることが重要となってきます。その指導行為は、主に教師の声かけです。問いに対する答えを自分で考えながら、読み進めてみてください。

執筆/岡山県公立小学校教諭・南惠介

授業風景
撮影/大庭正美

Q 自己肯定感を高めるための声かけとは?

支援が必要だと言われる子どもに対して「自己肯定感を高めることが大切」と言われます。その方法として、教師の声かけが大きな役割になります。具体的にどのような声かけをすれば効果が期待できるのでしょうか。

A プラスの声かけをする

よく話を聞いていなくて、指示されたことができない子どもに、みなさんならどのような声かけをしますか?

「ちゃんと話を聞きなさい」

「がんばってやりなさい」

そのような声かけをついしてしまうことはありませんか? そもそも「ちゃんと話を聞く」ことが非常に困難な子どもがいます。また、教師にはそう見えなくてもすでに「すごくがんばっている」子がいます。もっと子どもたちを混乱させるのは

「どうして聞いてないの?」

「なんでできないの?」

と、できないことに対して「なぜ」「どうして」と問うことです。これは支援が必要な子に限りませんが、「なぜ」と問われて、自分で修正できる子はそれほど多くありません。

例えば、先生ご自身が「どうしてそういう言い方をするの?」と叱責されたとしたら、どうしたらいいかわからず困ってしまいませんか? 子どもたちは、「なぜ」「どうして」と問われるたびに同じように困り、「ぼくなんて駄目なんだ」と考えてしまうでしょう。しかし、次のような声かけを行うことで、たとえできていなくても、子どもたちの自己肯定感を失わせない、いや、自己肯定感を結果的に育むことさえもできるのです。以下にポイントを示します。

1.次にどうしたらよいか指示する

できていないことに対して駄目出しをする必要はありません。もう終わったことを言っても、タイムマシンがあってもとに戻るわけではありません。そこで、次のように言います。

「もう一回言うよ。よく聞いててね」

その子と目を合わせたり、その子の前に行ったりし、その子が聞きやすい状況をつくり、その上でもう一度説明し直します。その子ができるように具体的に、視覚的に示しつつ指示をし直します。

一回目よりよく聞けていたら、「よく聞けたね」とほめましょう。そして

「あなたは、やっぱりよく聞ける子だね」

と、その子に言い聞かせるように伝えます。できなかったことが一回目に比べてできるようになったらまた「よくできたね」とほめる。最後はどういう形であれ、「ほめて終わる」ということを常に意識しておくだけでも、子どもの自己肯定感は高まります。

2.気づかせる

できていないことそのものに本人は気づいていないことがあります。そういう場合はその子に手を振ってみるとよいでしょう。それも厳しい顔ではなく、にっこり笑顔で。気づいていないのに、それを駄目だと言われるのは、大人でも辛いでしょう。まず気づかせてみる。そしてできなかったことに気づかせつつも、教師自身は「たいしたことないよ」という表情で、ネガティブな反応を示さないようにします。

3.スルーする

わかっていてもできないことがあります。そういうときは、気づいていないふりをしてあげることも大切です。もし、その子が友達の様子を見ながら、先生のしてほしいことを理解し、そのうちできるようなら、あえて気づかないふりをする(教育的無視)。つまり、スルーすることも有効です。

4.「惜しい」と伝え、励ます

それでもできないときは、

「惜しい」

と伝えてみましょう。「駄目だ」は断定的な響きをもちますが、「惜しい」は次のチャレンジを促します。チャレンジしていれば、前に比べて少しずつかもしれませんが進歩していきます。「惜しい」の後に「こうしたらもっとうまくいくよ」と伝えてみましょう。そして、

「次は大丈夫」

「きっとできるよ」

そう伝えることで、自己肯定感は下がりにくくなります。

そして少しでもできるようになったら、やっぱり最後は「ほめる」。そうすることで、子どもたちはより具体的な方法でチャレンジするでしょう。

声かけの際の表情や、声のトーンやスピードも大切です。柔らかい表情で声をかけましょう。女性教師の場合は少し低い声のほうが安心するようです。一年生の子どもたちも安心できるように、短く端的に伝えつつも、ゆっくり話しましょう。そうした小さな工夫で、子どもが安心できる、プラスの声かけになるのです。

『小一教育技術』2017年12月号より

【関連記事】
支援を要する子への適切な対応ポイント記事まとめシリーズはこちら!
・感覚過敏の子供を「虹色」と理解すると支援しやすい
・「保幼小連携」「家庭や福祉との連携」のポイントQ&A(第4回)~低学年の子供たちに今、必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談
・いじめを生まない学級づくりQ&A(第3回)〜低学年の子供たちに今、必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談
・通常の学級での特別支援Q&A(第2回)~低学年の子供たちに今、必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談
・保護者支援と教室環境づくりのポイントQ&A(第1回)~低学年の子供たちに今、必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談
・子供の主体性を伸ばす指導~低学年の子供たちに必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談 後編
・低学年で育てたい力~低学年の子供たちに必要な特別支援教育とは?~加藤典子先生×高山恵子先生 対談 前編
・押さえておきたい! 指導の心構えポイント3つ【外国人児童の担任になったら 第3回】
・学校での居場所、どう作る? 【外国人児童の担任のなったら 第2回】
・初めて担任として外国人児童に会う日【外国人児童の担任になったら第1回】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
支援を要する子への適切な対応ポイント記事まとめ

岡山県公立小学校教諭

南惠介

学級経営の記事一覧

雑誌最新号