小6体育「体つくり運動(体の動きを高める運動)」指導アイデア

執筆/福岡県公立小学校教諭・梶原毅裕、前福岡県公立小学校教諭・伊藤裕一郎
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、福岡県公立小学校校長・安元裕彦、福岡県公立小学校教頭・高瀬哲義

授業づくりのポイント

高学年の体つくり運動では、中学年までに身に付けた基本的な動きを基に、体の様々な動きを高め、直接的な体力の向上をねらいとしています。

本単元では、力強い動きと動きを持続する能力を高めるための運動を行います。子供が運動の楽しさや喜びを十分に味わい、運動の必要性や行い方を理解し、日常的に運動に取り組むことができるようにしましょう。また、仲間と動きを見合ったり話し合ったりする活動を通して、自分の課題を明確にし、その解決に向けて運動の行い方を工夫していくことが大切です。

授業を行う際には、新型コロナウイルス感染症対策として、子供たちに授業前後の手洗いを徹底するように指導しましょう。活動中は地域の感染レベルに応じて、適切な身体的距離を確保するようにしましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

※1時目はこれまでの運動の振り返りを行う。2・3時目は「体の動きを高める運動」に取り組み、4・5時目で「体の動きを高める運動」の条件を変える計画としています。

楽しむ① 運動の必要性や行い方を理解し、挑戦してみよう

まずは、運動に慣れることをねらいとします。楽しみながら運動が行えるよう、子供が親しみやすい運動や意欲的に取り組めそうな運動から行うのがよいでしょう。子供たちが「やってみたい」と思う状況づくりを心がけます。

また、子供に高めたい体力を考慮して運動を取り入れていることが大切です。そして、体力を高めるためには、子供が必要感をもって運動に取り組むことも大切です。運動の日常化を図るためにも、運動をする際、この運動をすることでどんな体力が向上するのか、日常のどんな場面で必要となる体力なのかを活動しながら子供たちと一緒に考えていきましょう。

運動が単調にならないように、運動を得点化、ゲーム化する等の方法が考えられますが、運動のねらいからそれないよう留意しましょう。1単位時間ごとに、できるようになったことや気付いたこと、仲間からのアドバイスなどを学習カードに記入することで、子供が自分の体力の向上を実感できるようになります。一人一人の子供が自分の体と向き合い、楽しみながら運動に取り組めるように配慮しましょう。

力強い動きを高めるための運動

(1)いろいろな姿勢での腕立て伏臥腕屈伸

いろいろな姿勢での腕立て伏臥腕屈伸

背筋を伸ばし、体を一直線にしよう。膝をつけてやってみたり、片足を上げてやってみたりしてもいいです。

(2)引っ張る運動

引っ張る運動

素材としては、摩擦でやぶれない段ボールなどを選ぶといいです。また、引っ張る縄も切れないように丈夫なものを使いましょう。

(3)登り棒につかまったり、肋木や雲梯にぶら下がったりする運動

登り棒につかまったり、肋木や雲梯にぶら下がったりする運動

(4)グループで互いに持ち上げる、運ぶ運動

グループで互いに持ち上げる、運ぶ運動

動きを持続する能力を高めるための運動

(5)無理のない速さでの5~6分程度の持久走

自分に合ったペースで運動できるようにしたり、個別に言葉かけをしたりし、段階的に課題に取り組めるように配慮しましょう。気分を盛り上げるBGMも効果的です。

(6)なわを用いての跳躍

自分が得意な跳び方で行い、自分に合ったペースで一定時間連続して跳んでみましょう。

(7)一定のコースに置かれた固定施設、器械・器具、変化のある地形などを越えながらかけ足で移動するなどの運動

一定のコースに置かれた固定施設、器械・器具、変化のある地形などを越えながらかけ足で移動するなどの運動

休みを入れながら何回か繰り返して行ってみよう。

(8)エアロビクス等の全身運動

エアロビクス等の全身運動

みんなが知っている簡単な動きを紹介しながら、教師も一緒になって踊りましょう。

楽しむ② 自分に合う運動の行い方を選んだり、工夫したりしよう

単元の後半では、前半に行った運動を基にして、自分の体力に応じた運動を2つ程度選び、取り組む条件を変化させて、動きを工夫していきます。その際、同じ運動をする子供でペアやグループをつくることで、一緒に取り組んだり見せ合ったり伝え合ったりし、仲間の動きのよさにも気付けるようになります。

動きの工夫として、「人数・回数・距離・時間・姿勢・用具・方向等」を変化させるという視点を提示し、子供の考えを引き出します。子供が自ら工夫し、条件を変えた運動を学級全体で共有化することで、子供の意欲が高まるとともに、動きを高めることにつながります。また、ICT機器等を活用し仲間と動きを確かめ合うことで、新たな課題を発見し、その解決を図ったり、動きを高めるためのポイントを考えたりすることができます。

力強い動きを高めるための運動

(1)いろいろな姿勢での腕立て伏臥腕屈伸【姿勢・回数の変更】

いろいろな姿勢での腕立て伏臥腕屈伸【姿勢・回数の変更】

(2)引っ張る運動【人数・距離の変更】

引っ張る運動【人数・距離の変更】

(3)登り棒につかまったり、肋木や雲梯にぶら下がったりする運動【姿勢・人数・方向の変更】

登り棒につかまったり、肋木や雲梯にぶら下がったりする運動【姿勢・人数・方向の変更】

(4)グループで互いに持ち上げる、運ぶ運動【姿勢・距離・人数の変更】

動きを持続する能力を高めるための運動

(5)無理のない速さでの5~6分程度の持久走【回数・距離の変更】

(6)なわを用いての跳躍【用具・人数の変更】

なわを用いての跳躍【用具・人数の変更】

(7)一定のコースに置かれた固定施設、器械・器具、変化のある地形などを越えながらかけ足で移動するなどの運動【距離・用具の変更】

運動の記録をとるようにしたり、わずかな変化を見付けて称賛したりしながら、徐々に動きを持続する時間を伸ばすことに挑戦できるようにしていきましょう。

(8)エアロビクス等の全身運動【用具の変更】

エアロビクス等の全身運動【用具の変更】

かかわり思考ツール
「紹介タイムの設定」
1時間に1回、グループやペアの仲間で動きのポイントや、工夫した動きを紹介し合う時間を設定します。紹介された動きを真似したり、さらに工夫したりすることで、動きが高まります。ICT機器を活用し、紹介する動きを撮影して見せるのも効果的です。


学び方の工夫
「学習カード」

学習カード

単元全体を通して、ペアやグループの仲間と動きを見合います。見た仲間は付箋紙などを使って、運動に取り組んだ仲間に気付いたことを伝えます。仲間からのアドバイスが書かれた付箋紙を貼ったり、運動をして感じた高まりや自分に合う行い方の工夫等を書いたりして1単位時間の学習カードにまとめましょう。取り組んだ運動ごとに記入ができるように、欄はいくつか用意しましょう。


イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号