• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者に好評!上手な「学級だより・学年だより」の作り方

2020/1/8

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成するという人もいますが、そこまではしなくとも、月に1回程度は発行するのがよいでしょう。学級だより・学年だよりを作る上でのポイントを紹介します。

学年だよりはこう作る

毎月発行する学年だよりは、学年の保護者全員に配布されるものです。その月の行事や学習の進度や内容、学年共通の保護者へのお知らせやお願いすることなどが主な内容です。教育活動や先生たちの子どもへの思いが保護者に伝わるよう、内容を工夫しましょう。

学年だより左ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます
学年だより右ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます

学級だよりはこう作る

学級だよりでは、さまざまな創意工夫で担任の子どもたちへの思いや願いを表しましょう。子どもたちの学校での具体的なようすやエピソード、保護者の感想などを、学校行事などと合わせて掲載すれば、子どもにも保護者にも待ち遠しいものになるでしょう。

学級だより左ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます
学級だより右ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます

学年だより・学級だよりを発行するときの留意点

学級だよりは、学級の子どもたちのようすや学校行事などのタイムリーな内容をとりあげてつくると、保護者も発行を待ち遠しいと感じてくれるようになります。しかし、発行するにあたっては以下のような点への留意も必要です。

▶発行者は担任であっても、その責任は校長にある

校長の確認が必要

発行前に、管理職や多くの先生に目をとおしてもらいます。

▶学年内での連携を図る

学年で連携を図る

同じ学年には、学級だよりを発行する先生としない先生がいると思います。学年間でよく話し合ってから発行しましょう。

▶年間の発行計画を立てる

年間の大まかな発行計画を立て、それにそって継続して発行できるようにします。計画倒れにならないよう、無理のない計画を立てましょう。発行すると決めたら、継続して発行することが保護者からの信頼を得ることにつながります。

▶個人情報や表記に気を配る

子どものようすを保護者に知らせるために、個人名を掲載することがあります。氏名は大丈夫ですが、住所、電話番号、メールアドレス、家庭のようすなどの個人情報は記載してはいけません。記載前に必ずチェックをしましょう。そして、保護者の了解を得たほうがよいときには、事前に連絡をして了解を得ます。

個人情報は記載しないよう注意

【記載してはいけない個人情報・例】
・おばあちゃんと二人暮らしの翔太くんは…
・明美さんと優花さんは、同じみどりマンションに住んでいます。503 室と405 号室で、よくエレベーターでも会うそうです。

▶子どもの掲載回数に気を配る

子どもの掲載回数に注意

同じ子どもが何度も掲載されたり、まったく掲載されない子どもがいたりしないようにします。

▶子どものよさをとらえた学校生活のようすを中心に

学級だより内容のポイント
クリックすると別ウィンドウで開きます

学級内の具体的なエピソードを、たくさん記載しましょう。子どもよさを伝えることで保護者は安心し、先生への信頼も深まります。

▶保護者の考えをいかす

学級だより内容のポイント
クリックすると別ウィンドウで開きます

連絡帳などに保護者が書いてきた質問や要望などがあれば、それを学級だよりで回答することで、保護者全員の疑問に答えることもできます。

▶教育に関するタイムリーな情報を記載する

たとえば、朝食をとる子どもととらない子どもでは、朝食をとる子どものほうが学力が高いという結果が出たなど、新聞やニュースでとりあげられた教育情報を適時掲載します。これは保護者の教育に対する意識を高めるためでもあります。

学級通信では、さまざまな創意工夫で担任の子どもたちへの思いや願いを表しましょう。子どもたちの学校での具体的なようすやエピソード、保護者の感想などを、学校行事などと合わせて掲載すれば、子どもにも保護者にも待ち遠しいものになるでしょう。


執筆/長谷川かほる
イラスト/たなかあさこ

教育技術ムック『COMPACT 64 保護者対応12か月』より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を「よく見る」とは? いつ、どこで?~5つの場づくりと3つの視点~

小学校教師は「子供をよく見よう」とよく言われます。しかし、教師の日常は非常に忙しく、ちょっとした休憩時間をとることも難しい状況。一方、「子供を見取る」ことが不十…

2020/1/18

保幼小連携&情報共有 おさえておきたい大切なポイントとは

幼稚園・保育所・こども園と小学校との引継ぎ会、情報共有会で取り入れたい実践法を俵原正仁先生が提案。お役立ちアドバイスやポイントを参考に、子どもへの愛を共有した有…

2020/1/13

三学期の総まとめにトライ!【4年3組学級経営物語20】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。どう終わらせて未来につなぐのか…。「総まとめの三学期」は、子どもたちにも教師にも…

「いじめを管理職に報告したくない」教師の心理から見えてくるもの

長年、いじめや不登校の問題に正面から向き合い続けて来た現役教師が、クラスでいじめの情報をキャッチした時に担任がすべき具体的なフローを提案。たくさんの事例と向き合…

冬休み明けの子どもが喜ぶ!小学校低学年向けのぬり絵×2【プリント配付OK】

1月は雪で遊ぶ動物たちとお正月をテーマにしたぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の空気が落ち着いてきます…

給食と掃除のモチベーションを上げる9つの技【♯三行教育技術 】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

今どきの子供心をつかむ!小学3~4年へのカウンセリング術

昨今、学校教育においても、子供の人格形成やさまざまな問題解決に有効なカウンセリング心理学に基づいたアプローチが注目されています。問題を抱えている子供と関わり、子…

笑顔がはじけクラスまとまる!楽しい「言葉遊びゲーム」4つ

寒い季節は、体調不良で欠席者が増えたり、外で思い切り遊べなかったりして、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにおすすめの、少人数でも楽しめる室内遊びを紹…

少人数でもOK!体を動かし楽しめる室内遊び&ゲーム5選

外で思い切り遊べなかったり、体調不良で欠席者が増えたりする寒い季節、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにうってつけの、少人数でも楽しめる室内遊びの紹介…

保護者に好評!上手な「学級だより・学年だより」の作り方

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成…

もっと見る