• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者に好評!学級通信(学級だより)作りのポイント

2020/1/8

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成するという人もいますが、そこまではしなくとも、月に1回程度は発行するのがよいでしょう。学級だより・学年だよりを作る上でのポイントを紹介します。

学年だよりはこう作る

毎月発行する学年だよりは、学年の保護者全員に配布されるものです。その月の行事や学習の進度や内容、学年共通の保護者へのお知らせやお願いすることなどが主な内容です。教育活動や先生たちの子どもへの思いが保護者に伝わるよう、内容を工夫しましょう。

学年だより左ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます
学年だより右ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます

学級だよりはこう作る

学級だよりでは、さまざまな創意工夫で担任の子どもたちへの思いや願いを表しましょう。子どもたちの学校での具体的なようすやエピソード、保護者の感想などを、学校行事などと合わせて掲載すれば、子どもにも保護者にも待ち遠しいものになるでしょう。

学級だより左ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます
学級だより右ページ
クリックすると別ウィンドウで開きます

【関連記事】他の先生はどうやって学級通信のタイトルをつけているの? 知りたい方はこちらの記事をお読みください!→面白い!元気が出る!突撃!となりの学級通信【♯三行教育技術】

学年だより・学級だよりを発行するときの留意点

学級だよりは、学級の子どもたちのようすや学校行事などのタイムリーな内容をとりあげてつくると、保護者も発行を待ち遠しいと感じてくれるようになります。しかし、発行するにあたっては以下のような点への留意も必要です。

▶発行者は担任であっても、その責任は校長にある

校長の確認が必要

発行前に、管理職や多くの先生に目をとおしてもらいます。

▶学年内での連携を図る

学年で連携を図る

同じ学年には、学級だよりを発行する先生としない先生がいると思います。学年間でよく話し合ってから発行しましょう。

▶年間の発行計画を立てる

年間の大まかな発行計画を立て、それにそって継続して発行できるようにします。計画倒れにならないよう、無理のない計画を立てましょう。発行すると決めたら、継続して発行することが保護者からの信頼を得ることにつながります。

▶個人情報や表記に気を配る

子どものようすを保護者に知らせるために、個人名を掲載することがあります。氏名は大丈夫ですが、住所、電話番号、メールアドレス、家庭のようすなどの個人情報は記載してはいけません。記載前に必ずチェックをしましょう。そして、保護者の了解を得たほうがよいときには、事前に連絡をして了解を得ます。

個人情報は記載しないよう注意

【記載してはいけない個人情報・例】
・おばあちゃんと二人暮らしの翔太くんは…
・明美さんと優花さんは、同じみどりマンションに住んでいます。503 室と405 号室で、よくエレベーターでも会うそうです。

▶子どもの掲載回数に気を配る

子どもの掲載回数に注意

同じ子どもが何度も掲載されたり、まったく掲載されない子どもがいたりしないようにします。

▶子どものよさをとらえた学校生活のようすを中心に

学級だより内容のポイント
クリックすると別ウィンドウで開きます

学級内の具体的なエピソードを、たくさん記載しましょう。子どもよさを伝えることで保護者は安心し、先生への信頼も深まります。

▶保護者の考えをいかす

学級だより内容のポイント
クリックすると別ウィンドウで開きます

連絡帳などに保護者が書いてきた質問や要望などがあれば、それを学級だよりで回答することで、保護者全員の疑問に答えることもできます。

▶教育に関するタイムリーな情報を記載する

たとえば、朝食をとる子どもととらない子どもでは、朝食をとる子どものほうが学力が高いという結果が出たなど、新聞やニュースでとりあげられた教育情報を適時掲載します。これは保護者の教育に対する意識を高めるためでもあります。

学級通信では、さまざまな創意工夫で担任の子どもたちへの思いや願いを表しましょう。子どもたちの学校での具体的なようすやエピソード、保護者の感想などを、学校行事などと合わせて掲載すれば、子どもにも保護者にも待ち遠しいものになるでしょう。


執筆/長谷川かほる
イラスト/たなかあさこ

教育技術ムック『COMPACT 64 保護者対応12か月』より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

面白い!元気が出る!突撃!となりの学級通信【♯三行教育技術】

学級通信、書く派の先生も、書かない派の先生も、他の先生がどのように学級通信のタイトルをつけているのか、のぞいてみませんか? クラスや先生のキャラクター、学級経営…

小学生が座ったまま行えるレクまとめ【新型コロナ対策】

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から子どもたちの密接な交流を避けながらも、学級内で楽しい雰囲気を作れる「自分の席に座ったままでも楽しめる」学級レクをまとめま…

ストレス
学校再開時の子どものストレスと受け止め方【新型コロナ対策】

地域差はあるものの、さまざまな形で小学校も学校再開となっています。子ども達が休校期間中に受けた不安やストレスと教師はどう向き合い対処していく必要があるのか、児童…

話合い活動「文殊の知恵」で自主性・協調性・寛容性を育む!

将来、社会で生きる力につなげたいという思いから生まれた特別活動「文殊の知恵」。学級会で折り合いをつける話合いを通して、自主的、実践的な子供の育成を目指します。平…

新学期の準備は大丈夫?チェックリストで確認しよう

新学期のスタートに向けて、計画的に準備を進めていきましょう! 頭の中で考えるだけでなく、やるべきことをリストアップしておけば、安心して新学期をスタートできますね…

スーパー保育士×小学校長対談「ポジティブな言葉と笑顔を教室にあふれさせよう」

新採教員であっても、子どもたちの前に笑顔で立つことと、一人一人をできるだけほめる努力をすることは可能です。「笑育」を掲げて実践を重ねる俵原正仁校長と、元保育士の…

最初の挨拶で保護者の信頼を勝ち取るには話題を2つに絞るべし

いよいよ新年度。若い先生が特に緊張してしまうのが、保護者への挨拶ではないでしょうか。伝えたい思いはたくさんあるのに、あれもこれも伝えようとして結局何も伝わらなか…

「気になる子は前列」をやめてみる!席替えの活用法

学校の先生をしていると悩むことの一つに「席替え」があるのではないでしょうか。毎月のように席替えをするクラスもあれば、学期に一回だけのクラスもあります。今年度は特…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの自主性を育てる「選択肢設定力」って?

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

朝の会と帰りの会のアイディア15【♯三行教育技術】

朝の会と帰りの会は、短い時間ではありますが、クラスの色合いが色濃く出る貴重な時間。この時間をどう使うかのアイディアを、三行教育技術のツイートから集めてみました。…

もっと見る