小1 国語科「うみのかくれんぼ」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小1国語科「うみのかくれんぼ」(光村図書)の全時間の板書例、発問、想定される児童の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

 小一 国語科 教材名:うみのかくれんぼ(光村図書・こくご 一上)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/相模女子大学学芸学部 子ども教育学科専任講師・成家雅史
執筆/東京学芸大学附属小金井小学校・大村幸子

1. 単元で身に付けたい資質・能力

前単元の「くちばし」の学習では、鳥のくちばしについて、「これは、~でしょう」「これは、~です」と説明されている文章を読み、問いと答えの関係を捉えることを学んできました。
また、文章を読む中で、文が主語と述語によって組み立てられていることや、語にはまとまりがあることに気付き、その読みを深めた児童も多くいるでしょう。

本単元では、3種類の海の生き物について、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れていると説明されている文章を読み、事柄の順序に気を付けて内容を捉えることを学びます。3種類の海の生きものを比べながら読み、その理解を深めていくという学習の中で、主語と述語との関係への気付きを確実なものにするとともに、重要な語や文を選び出すことを学んでいきます。

こうした資質・能力を身に付けることで、海の生き物の体の特徴と隠れ方の因果関係への理解を深め、その神秘性に興味関心をもって、自ら進んで読み深めようとする態度が醸成されることを期待しています。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

説明的文章「うみのかくれんぼ」は、「なにが、どのように、かくれて いるのでしょうか。」という問いに対して、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れているのかという文型で、3種類の海の生き物の隠れ方の説明が書かれています。

そこで、本単元では、3種類の海の生き物の説明が少しずつ違う表現でなされていることに着目し、「どの生き物が一番かしこいと思うか、感想をまとめる」という言語活動を設定します。
まずは、「はまぐり」のかくれんぼについて、事柄の順序を考えながら捉えるわけですが、そうした読みを「たこ」「もくずしょい」と重ねていくことで、文章の順序が分かってきて、楽しく読めるようになることが期待できます。
さらに、読みながら、3種類の海の生き物の違いに着目をさせることで、重要な語や文を選び出しながら読むことを意識させることができると考えます。なぜなら、「何が」「どこに」「どのように」隠れているのか、違いをはっきりさせながら読むためには、重要な語や文を選び出しながら読む必要があるからです。
違いを考えながら読む先に、「どの生き物が一番かしこいと思うか」という目的を明確にもたせるようにすると、単元としての学習の必然性が生まれます。児童のより主体的で深い学びが期待できるでしょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 違いを読むことの楽しさを知る

本教材に出会い、海の生き物が体の特徴を生かして隠れているということを知ったという児童がほとんどでしょう。一つ一つの生き物について読むだけで、児童は驚きをもって読み進めることと思いますが、この文章のおもしろさは、同じ文章構造で、3種類の生き物が示されていることにあると考えています。違いに着目して読むことで、それぞれの生き物の特徴をより明確にしながら読むことができるわけですが、そのことを通して様々な気付きが得られるという、違いを読むことの楽しさを実感することができる教材文であると考えます。

そこで、二次で、3種類の海の生き物について、違いに着目しながら読みを重ねた上で、三次で、3種類の海の生き物を俯瞰してみて、「どの生き物が一番かしこいと思うか」をまとめます。単元を通して、違いを読むということを意識させることで、大事な言葉や文に立ち止まり、イメージと結び付けながら読む力を身に付けさせるとともに、違いを読むことの楽しさを知り、主体的に読もうとする態度を育みたいと考えています。

〈対話的な学び〉 違いに着目しながら話し合う

本単元では、はまぐり、たこ、もくずしょいという三つの異なる生き物について、それぞれの特徴と隠れ方の違いに気付いていくという過程に、対話的な学びが生まれると考えます。
本教材では、同じ海の生き物でも、体の特徴、能力、住んでいる環境を生かした独特の隠れ方を身に付けていることが説明されています。3種類の海の生き物の違いに着目することで、互いの気付きから言葉への感度を高めたり、言葉を重ねることで、イメージの共有化を図ったりすることができると考えます。
また、そうした読みを生かして、「どの生き物が一番かしこいと思うか」というテーマで話し合うことは、その理由の中に一人一人の読みが表れて、読むことに対するさらに深い理解がもたらされることも期待できるでしょう。

〈深い学び〉 言葉による見方・考え方を働かせてイメージを広げる

違いに着目しながら読むことで、大事な言葉や文に立ち止まって、イメージと結び付けながら読もうとする姿が見られることが期待できます。
例えば、はまぐりは、「大きくてつよいあし」をもつことに着目した場合、「大きいから、砂をかくことができるんだ」「つよいから、砂を深くかくことができるんだ」「大きくてつよいあしで掘るから、はまぐりの体全体をかくすことができるんだ」など、その因果関係にも着目して、イメージと結び付けながら読む姿が想定されます。このように言葉に立ち止まり、これまでの経験やこれまでに学んだ知識と結び付けて、イメージを広げていく、理解を深めていく姿を目指したいと考えます。

また、もくずしょいが「へんしん」するという言葉に着目し、「へんしんってかっこいい言葉だな」「ヒーローみたいだ」「ぼくもお助けマンにへんしんすることがあるけど、同じかな」など、自分が普段使っている言葉とのつながりに気付かせるなど、メタ認知を促すことも重要です。このような言葉に対する見方・考え方への気付きが深い学びをもたらします。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

説明的文章「うみのかくれんぼ」は、「なにが、どのように、かくれて いるのでしょうか。」という問いに対して、3種類の海の生き物の隠れ方が、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れるという同じ文型で、説明されています。
「何が」「どこで」「どのように」という観点ごとに読み取らせ、事柄の順序や文型を意識させたい場合には、デジタル教科書のマイ黒板を活用すると、思考が可視化され、スムーズに整理することができるでしょう。

また、言葉とイメージを結び付けて読むためには、動画の視聴も有効でしょう。デジタル教科書に収録されている動画や、教師が予め選んだ動画を視聴し、本文と実際の様子をつなげて理解することで、語彙の拡充にもつながると考えています。

6. 単元の展開(8時間扱い)

 単元名: ちがいをよもう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 教師の範読を聞き、本文の内容について感想をもつ。

・第二次(2時3時4時5時6時
②「うみのかくれんぼ」の文章構成(問い ー 答え ー 答え ー 答え)を見つける。
③「はまぐり」の事例を読み、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れているかを読み取る。
④「たこ」の事例を読み、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れているか、「はまぐり」との違いを読み取る。
⑤「もくずしょい」事例を読み、「何が」「どこに」「どのようにして」隠れているか、「はまぐり」「たこ」との違いを読み取る。
⑥「はまぐり」「たこ」「もくずしょい」の隠れ方の違いを整理する。

・第三次(7時8時
⑦ 3種類の海の生き物の中で、「どの生き物が一番かしこいと思うか」をまとめる。
⑧ それぞれの考えを発表し合う。

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
「主体的な学び」のために

本単元の主体的な学びとして、「違いを読むことの楽しさを知る」としています。ですが、最初から、3種類の海の生き物の隠れ方が違うことに注目する児童はいないかもしれません。
まずは、それぞれの生き物の隠れ方を知ることによって、おもしろいと興味をもって読むことでしょう。そうした思考で読んでいる児童に、比べるという視点をもたせて、より主体的な学びへと誘うのは教師の役割と言えるでしょう。

本時は、「うみのかくれんぼ」を読んで、初めて知ったことや気になったこと、疑問に思うことなどを発表してもらい、児童の言葉を教師が板書する形で、3種類の海の生き物の隠れ方を並列的に整理することを目指します。整理された情報を見て、3種類の海の生き物の隠れ方が説明されていること、その隠れ方に違いがあることに対する気付きが生まれることでしょう。
そうした気付きを取り上げて、「どれが一番かしこいと思うか」と、三次で考えさせたい学習課題を投げかけてみましょう。そうすることで、「違いを読むこと」が児童の中に意識化されるでしょう。
こうした意識、すなわち読みの構えが主体的な学びの素地となっていくと考えています。

「うみのかくれんぼ」には、3種類の生き物の隠れ方が説明されているのですね。
それぞれの隠れ方は同じでしたか。

違います。

どんな違いがありましたか。

「はまぐり」は、もぐってかくれます。

「たこ」は、体の色をかえます。

「もくずしょい」は、へんしんします。

そうですね。それぞれの隠れ方がちがうので、おもしろかったですね。
では、あなたは、この三つの生き物の中で、どれが一番かしこいと思いますか。
そのことを考えながら読んでいきましょうね。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

本時は、文章全体を読み、内容の大体を捉える学習を行います。「うみのかくれんぼ」全文を読み、問いの文を見つけさせるとともに、それに対する答えがどのように説明されているかに気付かせるようにします。三つの生き物が紹介されていることや、「なにが」「どこに」「どのように」隠れているかが説明されていることを確認し、それぞれの事例を読む上での読みの構えをもたせるようにします。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例

本時は、第2段落を読み、はまぐりがどこに隠れているか、はまぐりの特徴、はまぐりの隠れ方をまとめる学習を行います。
それぞれについて、本文から言葉を書き抜くだけでなく、「大きくてつよいあし」はどこなのか、挿絵を見ながら具体的に捉えたり、その「大きくてつよいあし」をどのように動かすのか、言葉とイメージを結び付けて考えさせたりすることが大切です。
その際に、デジタル教科書に収納されている動画資料を視聴したりすると、理解を深めることができます。こうした活動を通して出された気付きを出し合う中で、「素早く隠れる」のはなぜかといった疑問や、「海の生き物っておもしろいんだな」と感想が出され、より深い理解につながることでしょう。

「主体的な学び」のために

本単元では、児童同士で話し合いをしたり、挿絵と文章を結び付けたりしながら、説明されている対象についての理解を深めるとともに、隠れ方の違いへの気付きを通して、言葉に対する感度を高め、言葉による見方・考え方を働かせることを目指していきます。

体の特徴や住んでいる環境に応じた隠れ方を身に付けていることは、海の生き物が生きていくためには大事なことで、その神秘性や不思議さを伝えるために、はまぐり、たこ、もくずしょいという3種類の異なる生き物を事例として挙げ、説明していると考えますが、1年生でそこまでを自力で読むことは難しいかと思われます。同じ海の生き物でも、種類によって隠れ方に違いがあるということに気が付くことができれば十分だと考えます。

違いの内実に着目させるには、教師がファシリテートしながら、児童同士の話合いやワークシートへの書き込み、動作化などから気付きを見取り、取り上げていくことが大切ですが、あくまでも自分たちで気付きを深めていったという学びの実感をもたせていくよう、教師は意識しましょう。

前回の授業では、こんな感想が出ていましたよ。

― 特にはまぐりについての驚きや発見を記述している児童の感想を取り上げて価値付ける -

はまぐりは、こんな隠れかたをするのですね。先生も初めて知りましたよ。
今日は、はまぐりの隠れ方について読んでみましょう。
一緒に声に出して読んでみましょう。

― はまぐりの説明を音読する ―

はまぐりはどこにかくれているのですか。

砂の中です。

そうですね。はまぐりの体の特徴は、どのように説明されていますか。

大きくて、つよいあしです。

挿絵でいうと、どの部分ですか。

この大きくて、つよいあしを使って、どのように隠れるのでしょう。

砂の中に足をのばして、すばやくもぐってかくれます。

それは、どういうことなのでしょう。挿絵を見ながら、説明できますか。

この足は、はまぐりの体ぐらい、大きいです。

この足は、つよいあしで、すなをふかくほることができそうです。

はまぐりの体がすっぽりと入るくらいふかく、すなのなかにあしをのばして、すぽっと入るのだと思います。

そうですね。ところで、はまぐりのせつめいは、どのような順序で書かれていましたか。まず、何が書いてありましたか。

 ― 板書を見ながら答えさせる ―

かくれる場所

体の特徴

隠れ方

そうですね。この文章は、この順序で説明がされているのですね。よく気が付きましたね。では、この順序に沿って、他の生き物についても読んでいきましょう。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例
「対話的な学び」のために

本単元では、「ちがい」を話し合うことで、大事な言葉や文を選びながら読む力を高めていきます。この文章は、3種類の海の生き物の隠れ方がパターン化された順序、すなわち、隠れる場所、体の特徴、隠れ方の順序で説明されています。事柄の順序を考えながら読むことで、それぞれの生き物の隠れ方を読むことはできますが、さらに、「ちがいを見つけながら読む」とすることで、読みの視点を与えることとなり、話し合いの目的が明確になります。

たこの隠れ方も、はまぐりの隠れ方と同じような順序で説明されていますね。
どのような順序ですか。

― 前時の板書を想起しながら ―

どこに隠れているかが書いてあります。

体の特徴

隠れ方です。

そうですね。この順序で書かれているのですね。では、はまぐりの説明との違いに気付いた人はいますか。

はまぐりは、砂の中に隠れると書いてあったけど、たこは、海のそこに隠れるって書いてあります。

挿絵を見てください。砂の中と海の底の挿絵を見て、気が付いたことはありますか。

海の底は、砂もあるけれど、岩もあります。岩には海藻や藻がついていたりします。

そうですね。よく気が付きましたね。では、体の特徴の違いはどうでしょう。

はまぐりは、大きくて強い足だったけど、たこの足は、ぐにゃぐにゃしていて、強くなさそうだよ。

たこは、体の色を変えることができるって書いてあるよ。

まわりと同じ色にかえることができるって書いてあります。

そうだね。よく気が付きましたね。色を変えて、隠れるんだね。
はまぐりは、砂をほって、身を隠すけれど、たこは、周りの色に合わせて体のいろを変えて、隠れるんだね。では、書いておきましょう。


【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例
「対話的な学び」に向けて

前時では、教師がファシリテートしながら、違いに着目した読みを行いました。本時は、その読みを生かして、グループごとに読み取りを進めさせるようにします。まずは、隠れている場所、体の特徴、隠れ方の順序で説明がされていることを確認しましょう。それから、それぞれについての読みを出し合うのですが、その際に、「はまぐりは~だったけど」「たこは~だけれど」のように、違いをはっきりさせるように促します。違いに着目させることで、言葉に立ち止まって考えたり、内容の理解が深まったりすることが期待できます。

まず、隠れている場所から言うね。もくずしょいは、いわのちかくにいるんだって。

写真をみてみよう。海のそこみたいだね。だけど、たこがいるところとは違って、岩が多いね。

体の特徴は、はさみだよね。

もくずしょいって、かにの仲間だから、はさみをつかうんだよね。はまぐりやたこと
はちがうね。

隠れ方だけど、へんしんするんだって。

どうやってかというと、はさみで、かいそうをちょきちょききって、それを体につけ
ます。

だから、かいそうが生えている岩の近くにいて、てきがきたら、へんしんするんじゃ
ない。

そうだね。隠れ方と隠れる場所は関係しているのかもしれないね。

グループの話し合いで、すごいことに気が付きましたね。次回は、3種類の海の生き物の隠れ方の違いを整理してみましょう。


【6時間目の板書例 】

6時間目の板書例
「深い学び」のために

本単元は「ちがい」に注目しながら読むという言語活動を設定し、それぞれの生き物の隠れ方について、読みを重ねてきました。本時は、それぞれの生き物の隠れ方に関する情報を整理し、違いを読みます。

それぞれの隠れる場所、体の特徴、隠れ方の違いを考えることで、言葉に着目した読みが見られることを期待しています。例えば、「大きくて、つよい足」は何のためにあるのか、どのようにうごかして、「もぐる」のか、「つよいあし」にはどのような利点があるのかなど、言葉に着目して、言葉とイメージとを結び付けることによって、言葉による見方考え方を働かせる読みを促すことができるでしょう。

また、はまぐりは砂に隠れること、たこは周りの色に擬態すること、もくずしょいは海草をつけて変身することというように、それぞれが体の特徴を生かして隠れる術を身に付けていることにも気付いていくでしょう。違いを考えることで、それぞれの特徴をより明確に理解することができた姿であると考えます。海の生き物の体の特徴と隠れ方の因果関係への理解を深め、その神秘性に興味や関心をもって、自ら進んで読み深めようとする態度につながることを期待しています。


【7時間目・8時間目の板書例 】

7時間目・8時間目の板書例
「主体的・対話的で深い学び」のために

二次で、三種類の海の生き物について、違いに着目しながら読みを重ねてきましたが、三次では、三種類の海の生き物を俯瞰してみて、「どの生き物が一番かしこいと思うか」をまとめます。
単元を通して違いを読むということを意識させることで、大事な言葉や文に立ち止まり、イメージと結び付けながら読む力を身に付けさせるとともに、違いを読むことの楽しさを知り、主体的に読もうとする態度を育みたいと考えています。

また、この問いを立てることで、その理由の中にそれぞれの読みが表れることが予想されます。それぞれの読みを交流することで、読むことに対するさらなる深い理解がもたらされることも期待できるでしょう。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号