めあて・ふりかえりをしっかりもち、わくわくドキドキの運動会にする3つのステップ

関連タグ

今年度も、感染症予防の対策など、それぞれの学校で試行錯誤しながら、行事の提案がなされると思います。例年通りにいかないこともたくさんありますが、大切にしたいのは、子供たちにとって、運動会が〝わくわくドキドキ〞するような行事であるということです。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・佐藤理津子

ステップ① 活動意欲を高める

幼稚園や保育園などでの活動の様子を発表させたり、過去の映像や写真を見せたりしてクラス全員で共有することで、イメージをもちやすくなります。

①映像や写真を見せながら、「楽しいところ、がんばっているところ」を見付ける

演技や競技の写真だけでなく、上級生が係活動を行っている写真などを見せると、上級生へのあこがれをもたせることにつながります。

②児童会から出されたスローガンを伝える

  • スローガンは、全校の一人ひとりの思いが、入っているということを伝えましょう。

③種目や練習計画(予定)を伝える

  • 運動会本番までに何回練習があるのかを事前に伝え、見通しをもって練習に取り組めるようにしましょう。
  • スローガンに向かっていくためには、本番だけでなく、練習(運動会までの過程)が大切であることを伝えます。

ステップ② 運動会のめあてを決める

児童会から出されたスローガンを基に、学級活動のなかで、今年の運動会で自分が〝一番がんばりたいこと〞を考えます。

《学習の流れ》

  1. つかむ:運動会への関心を高める。
  2. さぐる:運動会でがんばりたいことを考える。
  3. 見付ける:小グループや学級での話合い活動を通して、考えを広げる。
  4. 決める:自分のめあてを決める。

めあてカード・ふりかえりカード(例)

考えためあては、カードに書かせたり、掲示したりして、常に意識できるようにするとよいでしょう。

イラスト/佐藤雅枝

『教育技術 小一小二』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号