『突っ張り棒』&『SPF材』でデッドスペースを有効活用【どの子も安心して学べる1年生の教室環境 #5】

関連タグ

学校にわくわくしながらも同時に不安を抱える1年生が、安心して学べる「教室環境づくり」について提案する連載(月1回公開)です。『教室ギア55』(東洋館出版社)や『日常アレンジ大全』(明治図書出版) などの著書をもつ、教室環境づくりのプロフェッショナル〈鈴木優太先生〉が、さまざまなアイデアを紹介していきます。

第5回は、『突っ張り棒』&『SPF材』を使って、デッドスペースを有効活用する方法です。

鈴木優太(すずき・ゆうた)●宮城県公立小学校教諭。1985年宮城県生まれ。「縁太(えんた)会」を主宰する。『教室ギア55』(東洋館出版社)、『日常アレンジ大全』(明治図書)など、著書多数。

ロッカーのデッドスペースを有効活用するワザ2選

教室の見える場所に物が溢れかえってしまってはいませんか?

しかし、よく見てみてください。ロッカー内には、まだ活用しきれていないデッドスペースが意外と多いものです。

ロッカー類の「棚」を増やすことで、教室の収納力が各段にアップします。ロッカー内のデッドスペースを「ユースフルスペース」に変える心強い味方が『突っ張り棒』と『SPF材』です。

『突っ張り棒』2本で、簡単に「棚」を作成

『突っ張り棒』は、万能収納アイテムです。100円ショップで簡単に手に入り、壁に穴を開けずにどこにでも手軽に取り付けられるのが強みです。

備え付けのロッカー内で『突っ張り棒』2本を平行に突っ張ります。すると、物を置いたり掛けたりできる「棚」になり、収納力が格段にアップします。

例えば、ストロー、ビニール袋、消毒用スプレーを置くための「棚」を『突っ張り棒』で写真のように設置します。バケツも置けて、一つのロッカー内に給食時に使う全ての道具が収まりました。そして、子供たちの手で出し入れするのも簡単です。掃除ロッカーなどにも応用できます。

ロッカーの中に「突っ張り棒」2本を使って、棚を設置。給食で使うストロー、ビニール袋、ハンドタオル、消毒用スプレーを1か所にまとめた。
ロッカー内に、『突っ張り棒』(2本100円のものを使用)2本を使って棚を設置。ストロー、ビニール袋、消毒用スプレーなどを収納しても、これだけの余裕が!

例えば、鍵盤ハーモニカや絵の具セットを置くための「棚」を『突っ張り棒』で写真のように設置します。2段でも3段でも重ねることができます。教材室などにも応用できます。

突っ張り棒2本を使って棚を設置。絵具セットをきれいに収納できるようになった。
『突っ張り棒』(1本200円のものを使用)で鍵盤ハーモニカの上に棚を設置したことで、デッドスペースとなりがちな場所に、絵具セットがきれいに収納できるようになった。

『突っ張り棒』は、「バネ式」と「ジャッキ式」の2種類があります。教室では手軽に使える『バネ式』がおすすめです。正しい取り付け方は次の通りです。

①突っ張る面よりも数センチ長く伸ばす。
②バネを圧縮しながら取り付ける。

誤った取り付け方をして『突っ張り棒』の十分な力を発揮できていないことも多いようです。適切な「長さ」、用途にあった「耐荷重」の物を、「正しく取り付ける」ことで落下の心配なく、安全に使うことができます。

『突っ張り棒』の活用法だけを1冊にまとめた本が発売されているほどです。ネットで検索してもたくさんの実用的アイデアが手に入ります。これらを学校生活の中で生かさない手はありません。

『SPF材』で、ロッカー内の棚板を増設

『SPF材』(針葉樹材)は、値段がお手頃でDIYに最適な木材です。Spruce(えぞ松)とPine(松)とFir(もみ)の頭文字をとってSPF材と呼ばれています。DIYショップに積まれているあの大きな板です。

DIY ショップの中には、購入した木材を無料or数十円で裁断してくれるサービスがあります。「事前に採寸」さえしてあれば、お店の方が機械で裁断してくれて、オーダーメイド品があっという間に完成します。棚板の実物をDIYショップに持ち込み、「同じ大きさにしてください」と言うのも手っ取り早い方法です。

『SPF材』で、棚板を移動できるタイプのロッカーの「棚」を増やしましょう。

木製のロッカーは写真のようになります。

「SPF材」で棚板を増設したロッカー
「SPF材」で棚板を増設した木製ロッカー。

棚板を支える「ダボ」は、「六角ボルト」で代用できます。

六角ボルトをダボの代用にして、増設した棚板を支える。
赤丸が、ダボの代用をした六角ボルト。左右計4本の六角ボルトで支える。

鉄製のロッカーは写真のようになります。

「SPF材」で棚板を増設した鉄製ロッカー。
「SPF材」で棚板を増設した鉄製ロッカー。

棚板を支える「棚受け」は、「V型」や「L型」などの金具があります。金具の実物をDIYショップに持ち込み、似た物(同じような形であれば互換性は高い)を手に入れましょう。ちなみに私は、ネット通販で手に入れました。

赤丸が、棚受けの金具。DIYショップやネット通販で手に入る。

子供たちが使いやすいロッカーにすると、教室環境が格段にアップ

これらのロッカーは、棚が少ないこともあって、普段は使わない先生の物をしまいがちです。先生の物しか入っていない、開かずのロッカーになってしまっているのはもったいないことです!

棚が多く、細かな物も置けるロッカーだと、子供たちが開けて使うにも便利です。コピーしたノート、色紙や画用紙などの紙類、貸し出し用文房具類、カードゲーム類など、子供たちが手に取りやすいようにロッカーに収納することで、見える場所の物が大幅に減り、教室がすっきりとした学びやすい空間に変わります。ロッカーの一つを「子供用(学習用)」にできると、望ましいです。

教科書類、教材類、単元テスト類などを収納する先生用ロッカーも、棚が増えることで格段に使い勝手が良くなります。

教室のデフォルトの仕様は同じ自治体でも様々なのですが、棚板を移動できるタイプのロッカーの規格は全国で統一されているものがほとんどです。そのため、『SPF材』で自作した棚板を、異動した学校でも使える確率はとても高いです。前述した可変する「バネ式」の『突っ張り棒』を4~5本突っ張って「棚」とするのもアリです。

教室の備え付けのロッカーや、棚板を移動できるロッカーの「棚」の数を増やすことで、教室の収納力は各段にアップします。ロッカー内のデッドスペースを「ユースフルスペース」に変えるひと工夫で、教室の子供たちの「学びのスペース」が大きく広がるのです。試してみませんか?

参照/鈴木優太『教室ギア55』(東洋館出版社)

第1回「感化を促す実物掲示」
第2回「マスキングテープ&ビニールタイでGIGA環境はじめの一歩」
第3回「オンラインプロフカード&クラウドギャラリーでGIGA環境はじめの二歩」
第4回「脱ひもぷら」&「アライン線」ですっきり安全

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号