小3らくらくUnit 3「How many?」③【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

小3【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

ゆたかな言語活動を行うためにICTを活用した授業が求められる外国語活動。しかし、様々なツールや教材を切り替えながらでは、手惑う場面もしばしばでしょう。本好利彰先生がこれまでの授業で作成してきたパワーポイント(スライド)教材は、これひとつ、授業の導入から終末までモニターに映すだけで授業を組み立てられる”お助け教材”です。「モトヨシ先生のスライドde外国語活動」で外国語活動の授業を、らくらくクオリティアップ!
今回は、Let’s Try! 1 Unit 3「How many? 数えてあそぼう」第3時のらくらく授業の進め方です。

執筆/福島県公立小学校教諭・本好利彰
監修/拓殖大学准教授・居村啓子

スライドは学級の実態にあわせて修正して使いましょう

小学校3年生の「Let’s Try! 1」のUnit 3「How many? 数えてあそぼう」全4時の3時目の授業の流れです。本時も、私が作成したパワーポイント(スライド)を使った授業を紹介します。学級の実態に合わせて修正し活用してください。

パワーポイント(スライド)を使った授業の進め方

この記事の最後で、パワーポイントのファイルをダウンロードできるようになっています。必要な教師の発話やイラスト、音源などを挿入してあり、この資料を使うことで1時間の授業を行うことができるように作成してあります。このスライドを活用して、クリックしながら授業を進めてみてください。

  • クリックでスライドを進めるだけで、スムーズに授業を行えます。
  • デジタル教科書を使用する場合は、パワーポイントから切り替えてください。

目標と授業の流れ

【目標】
How many~?を使って質問をしたり答えたりしよう!
〇日本と外国の数の数え方の違いから、多様な考え方があることに気付き、1から20 までの数の言い方や数の尋ね方に慣れ親しむ。(知識及び技能)
〇数について尋ねたり答えたりして伝え合う。(思考力、判断力、表現力等)
〇相手に伝わるように工夫しながら、数を尋ねたり答えたりしようとする。(学びに向かう力、人間性等)
【言語材料】
◎How many (apples)? (Ten) (apples).
〇数(1~20)、身の回りの物(magnets, desks, chairs)、形(circle, triangle, cross, square)

  1. 挨拶
  2. 歌(セブンステップス、セブンステップス・リバース)
  3. めあて
  4. 数字の練習
  5. 歌ten steps
  6. 教科書P12 Let’s Play ② じゃんけん
  7. Count to 20 game
  8. 教科書P13 Let’s Play ③ 数かぞえ(りんご)
  9. 教科書P13 Activity ①
  10. ふりかえり

各活動の流れ

①挨拶

②歌(セブンステップス、セブンステップス・リバース)

・1つめ → 3と4の数字で手を叩く
・2つめ → 7から1まで逆に歌うリバース版

2種類のセブン・ステップスを元気に歌いましょう。

③めあて

めあてに関しては、本記事では私が実際に行ったときに使ったものを例示しています。他教科でも先生方がいつもやっているように、児童と一緒にめあてを考えることも是非行ってみましょう。「前時までは~~を行いましたね。」「今日はどんなことを目標にしようか」などと問うことで、児童からつぶやくこともあるでしょう。外国語も他の教科も同じですね。

④数字の練習

スライドを活用して、テンポよく進めるようにしましょう。

⑤歌ten steps

前時にも歌っている同じ歌です。

⑥教科書P12 Let’s Play ②
じゃんけん

1時目に1回目を行っています。同じように行ってみましょう。

⑦Count to 20 game

前時に行った活動です。ペアを替えて何回か行いましょう。

⑧教科書P13 Let’s Play ③
数かぞえ(りんご)2

りんごの数を数えて答える活動です。次のActivity ① につながる活動になります。

How many apples? の表現を聞いたり言ったりすることに慣れることができるようにしましょう。ポイントは時間制限を設けることです。画面を見せたまま全員が数え終わるまで待つよりも、10秒程度でカウントダウンを行うことで児童が意欲的に取り組むことができます。指導書にも「画面を1分程度じっくり見せ、画面を消したあと、How many apples?などと尋ねるとよい。記憶を頼りに予想させることで、児童に、実際に見て正確に数えたいという気持ちをもたせるようにする」と記載されています。どのくらいの長さを見せるのかは学級の実態やその時の児童の様子によるので、適宜カウントダウンの秒数を変えるとよいと思います。あえてストップウォッチを使わないで行うことで同じ10秒でも長く言ったり、ゆっくり言ったりすることができます。 Let’s say it together.と言い、児童にターゲットフレーズのHow many apples?を意図的に発話する場面を設けたり、その答えを全体、個別で言う機会をたくさんつくったりするように心がけましょう。厳密に言うと、

How many apples do you have in your basket?と尋ね、I have ~ apples.と答える場面ではあるが、児童の負担を考慮し、How many apples? で尋ね、~(apples).と答える表現にとどめるのが望ましい。児童が自信をもってコミュニケーションを図ることができる活動にすることが大切である。

※指導書より

となります。

⑨デジタル教科書P13 Activity ①

「すきな数だけりんごに色をぬろう。あなたと同じ数のりんごを持っている友だちを見つけよう」

教科書の活動ですが、ポイントは前半と後半に活動を分けることです。私が授業を行ったときに、全部で20 個のりんごの色を自由に塗らせてしまうとなかなか同じ数のりんごの友だちが見つからないという様子が見られました。前半の活動の時は、1~10のりんご、後半の活動で11~20に色塗りする数を増やすと、同じ数の友だちも見つけやすいです。 前半、後半がそれぞれ終わった段階で How many friends did you find? と言って、同じ数の友だちは何人見つかったかを聞いてみると、本時の学習を生かせる質問をすることができます。

⑩ふりかえり

本時の学習の様子を具体的な姿をあげながら称賛しましょう。

時間があまった場合は、3年生の授業開きで紹介した爆弾ゲームやパチパチ3などを行うこともできます。

★モトヨシ先生のワンポイントアドバイス
指導書には、授業で役立つ記載がたくさん書かれています。多忙が故になかなか指導書に目を通す時間を十分に取れないという現状があるとは思いますが、是非一読いただけると、そこから児童の実態に合わせて活動を派生させ、工夫をすることができます。私自身、数かぞえの活動を指導書のやり方でやってみて、そこからプラスアルファで追加させました。指導書通りに行うのではなく、目の前の児童の実態に合わせて変化させることが大切となってきます。自分の色を少し加えてチャレンジしてみてください。
この活動を行ってから、黒板を指さしHow many magnets do you see on the blackboard?(How many magnets?)と聞いてみたり、児童の机と椅子を数えさせたりすることもできると思います。How many desks and chairs in this class? なら、先生の机や椅子もカウントするか?など、一生懸命に取り組む姿が見られるでしょう。
私もたくさんの活動を紹介していますが、「あなただったらどうしますか」ということを常に考えると、自クラスに合った指導ができるようになると思います。少しのアレンジ、小さじ一杯の工夫を是非してみてください。ちょっとした一言が児童のやる気スイッチを入れることも、学級担任だからできることだと思います。

★イムラ先生の<ココがポイント> Here and Now
英語の理解度を高める手立ての一つとして、Here and Nowがあります。「今ここにあるものを使う」という意味ですが、ここではパワーポイントやテキストにあるものをカウントするだけでなく、教室の中にある、黒板のマグネットや、机、椅子などに目線を移しています。子どもの認知発達に合わせて、実際に触れられるもの、Realia(実物教材)を扱うことはとても有効です。このように教室にあるものを使いながら、応用する場面を増やしていきましょう。

居村啓子

居村啓子(いむらけいこ)
拓殖大学外国語学部英米語学科准教授。言語学博士。児童図書出版社、児童英語教育機関勤務、立教大学異文化コミュニケーション学部助教、上智大学言語教育研究センター嘱託講師を経て現職。2020年よりNHKラジオ「小学生の基礎英語」講師を務める。研究テーマは「子どもの第二言語習得」、「フレーゾロジー」。

本好利彰

本好利彰(もとよしとしあき)
福島県公立小学校教諭。福島県小学校・中学校・千葉県小学校教諭を歴任。また地区外国語教育推進リーダーを務める。2018年より拓殖大学外国語学部で「小学校英語教育入門」を担当。2021年東京書籍アドバイザー。

パワーポイント(スライド)ダウンロード

下記ボタンをクリックして、データをダウンロードしてください。

構成/浅原孝子 イラスト/畠山きょうこ  アニメーション/鶴岡信治

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号