• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子供たちが学習・生活しやすい環境を整えよう

2019/7/19

子供たちが学校生活のなかで、一番多くの時間を過ごす教室。その教室の環境も、子供たちが不安なく落ち着いて生活を送るための大切な条件です。この時期にもう一度、自分の教室の環境を見直してみましょう。

掃除用具入れから道具を出す子ども

落ち着いて生活できる配慮

子供たちが落ち着いて生活することができるように

□掲示物はなるべく子供の目線に合う位置に貼っているか
□掃除用具の整理のしかたの掲示がしてあるか
□日直の仕事表、朝の会、帰りの会の進行表はわかりやすく掲示しているか
□座席や席順は、子供が生活しやすい環境か
□黒板付近の掲示物は必要最小限になっているか(黒板が全面使えるようになっているか)

生活の環境作りの見本

子供たちが生活しやすい環境をつくることは、教師の大切な支援の一つです。自分の学級が生活しやすい環境かどうか、学年の教師間で見せあって評価してもらうのもよいでしょう。

授業に集中しやすい環境

子供たちが授業に集中しやすい環境をつくるために

□授業全体の見通しをもつことができるような手立てはあるか(一時間の流れなど)
□時間の区切りが明確か(活動をどのくらいの時間で行うのか、残りどれくらいの時間があるのか、など)

授業の環境作り

授業中の環境も、子供たちの学習への理解を深める大切な要素です。子供たちが授業中に、より集中することができるように、教師自身が見通しをもった授業、わかりすい授業を展開していくことが大切です。

イラスト/佐藤雅枝
神奈川県横浜市立公立小学校教諭 杉本竜太

『小四教育技術』2018年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

4年3組学級経営物語(15)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ゆめ先生が担当する4年2組では、魔の10月からか、「靴隠し」や「反抗的な生徒」な…

信頼関係を保ち、子どもの不登校を解決!「保護者あるある」

信頼を損なわずに、保護者からの相談を解決するにはどうしたらよいでしょうか? ここでは、「子供が学校に行きたくないと行っている」という連絡があったときの対応例を紹…

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

もっと見る